二重まぶたにできる必須アイテム!
ピントルのアイプチ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ぱっちり自然な二重!人気のアイプチおすすめランキング
おすすめ
アイプチ
くっきり二重!人気のアイテープおすすめランキング
おすすめ
アイテープ
王道!人気の粘着式アイプチおすすめランキング
おすすめ
粘着式
新定番!人気の折り込み式アイプチおすすめランキング
おすすめ
折り込み式
強力!人気の両面接着式アイテープおすすめランキング
おすすめ
両面接着式
スポンサーリンク

徹底解説!自分に合うアイプチの選び方のポイント

アイプチの選び方

一重の人はもちろん、奥二重の人や左右の二重のバランスが違う人などが美しい二重を作ることが出来るアイプチは、色々な種類のものがありますが、大きく分けるとリキッドタイプとテープタイプの2種類があります。

リキッドタイプは、自分のなりたい二重ラインに沿ってリキッドを塗っていくため、初心者でも簡単に二重ラインを作ることができ、価格も低価格のものから高価なものまで幅広く展開されており、アイプチの中でもオーソドックスなので、種類が豊富にあります。

テープタイプは、まぶたにテープを貼るだけで手軽に二重を作り出せるので乾かす時間が無いので、より手軽にアイプチが出来るようなテープタイプが色々なメーカーから展開されています。

ここでは、たくさんあるアイプチの中から自分の目元に合ったアイプチを簡単に選べるように、徹底解説!自分に合うアイプチの選び方のポイントを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

アイプチのタイプ 

アイプチのタイプ 

一重の人はもちろん、奥二重の人や左右の二重のバランスが違う人などが手軽に美しい二重を作ることが出来るアイプチは、大きくリキッドタイプとテープタイプ(アイテープ)に分けられます。

リキッドタイプは、自分のなりたい二重ラインに沿ってリキッドを塗っていくため、コツも必要なく初心者でも簡単に二重ラインを作ることが出来ます。またテープタイプは、まぶたにテープを貼るだけで手軽に二重を作り出せるので乾かす時間が無いのが特徴です。

もともとアイプチと言えばリキッドタイプのものが主流でしたが、より手軽にアイプチが出来るようなテープタイプが色々なメーカーから展開されるようになりました。

リキッドタイプ

リキッドタイプは、アイプチの中でも最も種類が豊富に展開されており、のりのようなリキッドをまぶたに塗布して二重をつくるタイプのアイプチです。乾かす時間が必要ですが、自分の目の幅に合わせて塗れるため人気があります。

リキッドタイプのアイプチには下記の3種類があります。

  • 接着式
  • 折り込み式
  • 夜用

接着式は、のりのようなリキッドをまぶたに塗布し、まぶた同士ををくっ付けることで二重をつくるオーソドックスなタイプのアイプチです。まぶたの皮膚同士を接着させるので、まぶたの薄い人はもちろん、厚みのある人や、頑固な一重の人でも手軽に二重が作れるのが特徴です。

また、目を閉じた際など完全に閉じないため不自然に見えてしまいます。しかし、リキッドをまぶたにのせて接着するだけなので初心者でも簡単にアイプチができて、価格帯もリーズナブルなものが多いので人気があります。

折り込み式は、リキッドを乾かして膜にすることで境目を作り出し、その上にまぶたをかぶせて折り込むように二重をつくるタイプのアイプチです。目を閉じてもひきつった感じも無く、自然な仕上がりになるのが特徴です。

まばたきや目を閉じた際に不自然な仕上がりになる接着式に対し、折り込み式アイプチでは皮膚同士を接着させないので、完全に目が閉じることができ、より自然に見えます。

また、まぶたの上に人工皮膜を作るだけなので、自分の好みの二重の幅に合わせて重ね塗りをしても目やまぶたへの負担が少なくてすみます。またアイプチ後にメイクをそのまま上からすることも出来るのでとても便利です。

夜用は、夜に二重をつくり、寝ている間にクセ付けるタイプのアイプチです。夜寝る前に清潔なまぶたに二重を作って、そのまま寝るだけで朝起きると二重ラインが出来ています。まぶたが薄い人であれば比較的簡単に二重ラインのクセが付きますが、まぶたの厚い人はクセが付きにくくなります。

夜用は、接着タイプのものが一般的です。使い方は、夜寝る前に通常の接着式のアイプチの使用方法と同様、アイプチをして二重を作ってから寝ると、朝起きたときには、ぱっちりとした二重になっているので、昼用のアイプチは必要がありません。また、使い続けていくうちに、本物の二重に近づけます。

接着式なので、折り込み式ではクセがつかなかったまぶたが厚い人や、頑固な一重の人でも、手軽に二重を作ることができます。夜用のアイプチは、まぶたの肌を優しくいたわる美容液入りのものが多く、肌に優しい成分で作られているという点も大きな特徴の1つです。

>>アイプチおすすめランキングはコチラ

アイテープ

貼り方にコツがある為、慣れるまでに時間がかかりますが、リキッドタイプに比べて乾かす時間が無いので、慣れると手軽さでは一番人気のアイテープには、下記の3種類があります。

  • 両面接着式
  • 片面接着式
  • ファイバー式

両面接着式は、テープの両面にまぶたをくっつけて二重をつくるタイプのアイプチです。まぶたにテープを張り付けて、プッシャーでくい込ませることによってテープがまぶたにくい込みまぶたの凹の部分で皮膚同士を接着させて二重を作り出します。

まぶたの厚い人や頑固な一重の人でもしっかりと接着できるためくっきりとした二重を作ることが出来ます。

片面接着式は、テープの片面を接着させて膜をつくり、上からまぶたをかぶせて二重をつくるタイプのアイプチです。まぶたの皮膚同士を接着させずに折り込み式で二重を作り出すため、両面接着式に比べて肌への負担は少ないですが、強力さは劣ります。まぶたの厚さが薄め~普通の人におすすめです。

ファイバータイプは、粘着性のある糸状のものをまぶたにくい込ませるようにして二重の溝をつくるタイプの折り込み式アイプチです。現在販売されているほとんどのファイバー式アイテープは医療用の粘着剤やファイバーを使用しているため、肌のトラブルが起こしにくいのが特徴です。

また、極細ファイバーなので最も目立たないアイプチとしてとても人気があります。ファイバータイプには、伸縮性があるタイプと、伸縮性が無いタイプの2種類があります。伸縮性があるファイバーは、ファイバーを伸ばしながらまぶたに貼りつけ、ファイバーが縮もうとする力を利用してまぶたにくい込ませて二重を作ります。

伸縮性が無いファイバーは、ピンとファイバーを張った状態でまぶたにしっかりとくい込ませて二重ラインを作って二重を作り出します。アイプチしていることが周りにバレにくく、自然さを求める人におすすめです。

>>アイテープおすすめランキングはコチラ

まぶたの厚さ

まぶたの厚さ

まぶたは、人によって厚さが異なっています。アイプチは、まぶたの厚さや柔らかさなどに合わせて種類を選ぶことが、美しいぱっちり二重を長時間キープするポイントとなってきます。ここでは、まぶたの厚さ別におすすめのアイプチの種類をご紹介しましょう。

薄めまぶたの人 

薄めまぶたの人は、ファイバーや人工皮膜がまぶたにくい込みやすいので、ファイバー式や折り込み式アイプチがおすすめです。強力な接着力が無くて二重のクセが付きやすいため、目を閉じた際にも自然で、また肌にも負担が少ないのでおすすめです。

まぶたが薄くて柔らかめの人は、ファイバータイプまたはリキッドタイプの折り込み式アイプチを使用すると、自然でぱっちりとした二重を作り出すことが出来ます。

まぶたが薄くて硬めの人は、伸縮性のあるファイバータイプまたはアクリルタイプの硬めの片面接着式アイテープがおすすめです。

>>ファイバー式アイテープおすすめランキングはコチラ

>>折り込み式アイプチおすすめランキングはコチラ

厚めまぶたの人

厚めのまぶたの人におすすめなアイプチのタイプは、両面接着式アイテープや強力な粘着式アイプチです。まぶたが厚いと二重ラインがくい込みにくいため、まぶたの皮膚同士を接着させて二重を作る必要があります。

>>両面接着式アイテープおすすめランキングはコチラ

>>粘着式アイプチおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

アイプチのもち

アイプチのもち

アイプチのもちについては、アイプチのタイプ別だけでなく、メーカーや商品によって大きく異なってきます。そのため実際に使用したユーザーの口コミなどを参考にもちの良さを調べることが重要です。

アイプチを長時間キープしたいという人は、汗・水・涙にも強いウォータープルーフタイプや、強力接着タイプがおすすめです。ウォータープルーフタイプは、汗・水・涙だけでなく、皮脂にも強いタイプものもあります。

また、接着力が強いタイプのアイプチは、肌への負担もその分大きくなってしまうので、医療用粘着剤を使用しているものや、保湿成分など肌を優しくいたわってくれる成分が配合されているものを選ぶと肌への負担を少なくしながら、長時間パッチリ二重をキープすることが出来ます。

>>ウォータープルーフアイプチおすすめランキングはコチラ

>>粘着式アイプチおすすめランキングはコチラ

ナチュラルさ 

ナチュラルさ 

自然に二重をつくりたい人には、色々な種類のアイプチの中でも最もアイプチが目立ちにくいと人気が高いファイバータイプがおすすめです。接着式でないため、伏目・まばたきなど目を閉じた際も自然で、極細ファイバーが二重ラインと同化して見えるため、違和感を感じさせません。

また、よりナチュラルな二重を求める人には、夜寝る前にまぶたを接着して二重を作って二重のクセ付けを寝ている間にすることによって、翌朝起きた時にはぱっちりとした二重になれる夜用アイプチもおすすめです。

まぶたが厚みがあるため、細いファイバーではまぶたを抑えきれない人や、まぶたが硬くファイバーがくい込みにくかったり、夜用アイプチでは二重ラインのクセ付けが出来ないこともあります。

>>ファイバー式アイテープおすすめランキングはコチラ

>>夜用アイプチおすすめランキングはコチラ

コスパの良さ 

コスパの良さ 

日頃からアイプチを使うならコスパの良さも重要なポイントとなってきます。ただ、安いというだけでなく、成分や機能面などにおいても優れているものを選ぶようにしましょう。

>>安いアイプチおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

肌への優しさ 

肌への優しさ 

敏感肌の人はもちろん、毎日アイプチを使用する人や長時間アイプチを付けている人は、肌への負担が少ない優しいタイプのアイプチを選ぶことが大切です。目元の皮膚は薄く、デリケートな部分です。

今は大丈夫でも、この先長い間使用していくうちに蓄積されていって、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。目に近い部分なので肌が弱い人だけでなく長時間・長期間アイプチを使用する人は炎症を起こしにくいとされている肌に優しいアイプチを選びましょう。

肌に優しいアイプチを選ぶ際には、ゴムラテックスやアクリル系粘着剤は肌荒れを起こしやすいので注意が必要です。医療用の低刺激の粘着剤を使用しているものを選びましょう。また、まぶたの皮膚同士を接着するタイプに比べて、肌に負担が少ない折り込み式アイプチがおすすめです。

その他にも、うるおい成分や美容成分など肌に優しい成分が含まれていると肌をいたわってくれるため、肌に負担がかかりにくくなります。また、コットンに水を含ませて優しくなでるだけで、簡単にオフできるタイプのアイプチもおすすめです。

アイプチの成分自体は肌に優しいものを使用していても、接着剤が強すぎてオフをしにくいとデリケートな目元の肌へダメージを与えることになります。特にエタノールを含んだアイメイクリムーバーでしかオフできないものは、おすすめしません。

その他にも、オフを優しく行ったりオフをした後はしっかりと保湿をするように心がけましょう。

>>肌に優しいアイプチおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ぱっちり自然な二重!人気のアイプチおすすめランキング
おすすめ
アイプチ
くっきり二重!人気のアイテープおすすめランキング
おすすめ
アイテープ
王道!人気の粘着式アイプチおすすめランキング
おすすめ
粘着式
新定番!人気の折り込み式アイプチおすすめランキング
おすすめ
折り込み式
強力!人気の両面接着式アイテープおすすめランキング
おすすめ
両面接着式