美肌を目指す基礎化粧品!
ピントルの化粧水専門ページ

おすすめの記事はコチラ
乾燥肌向け!人気の保湿化粧水おすすめランキング
おすすめ
保湿化粧水
シミ・くすみ対策!人気の美白化粧水おすすめランキング
おすすめ
美白化粧水
敏感肌向け!人気の低刺激化粧水おすすめランキング
おすすめ
低刺激化粧水
プチプラ!人気の安くていい化粧水おすすめランキング
おすすめ
安くて使える化粧水
脂性肌に!人気のさっぱりタイプ化粧水おすすめランキング
おすすめ
さっぱり化粧水
スポンサーリンク

身体もきれいに!化粧水を使ったボディケアのやり方

化粧水を使ったボディケアのやり方

化粧水と言えば、顔のスキンケアで効果を発揮する基礎化粧品というイメージが強く、実際に顔の保湿には欠かせない存在となっています。しかし保湿が必要なのは何も顔だけではありません。肌の乾燥は体全体で起こりうるのです。

乾燥した肌の保湿にはボディクリームなどを使われると思いますが、実は化粧水を使うことで、その効果を高めボディケアをすることが可能なのです。その方法知りたくはありませんか?こちらでは顔だけでなく体もきれいにできる化粧水を使ったボディケアの方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

化粧水はボディケアにも有効

化粧水はボディケアにも有効

入浴後にはボディクリームという方もいらっしゃると思いますが、実は化粧水も有効と言うことをご存知でしょうか?

化粧水は顔の肌に潤いを与えるために使用されるのですが、保湿が必要なのは何も顔だけではないのです。顔同様に、体の肌の潤いが保たれるのは、その表面に皮脂による保護膜があるためですが、この皮脂は体を洗うことによって、あるいはお湯に浸かることによって体から除去されてしまっています。

お風呂上りに乾燥肌に悩んでいる方は、実はこれが原因と言うことも考えられます。そのためもちろんのこと、ボディクリームを塗って保湿するということになるのですが、根本的に皮膚の水分が減っている状態なので、化粧水を体全体に塗って潤いを補うという方法も有効となるのです。

化粧水は顔の保湿調整をすることが目的であることは先述しましたが、肌に潤いを与えることに関しては高い効果が期待できます。そのため乾燥肌の対策だけでなく、潤いのある肌艶を得たいのであれば化粧水は積極的に使っていくといいです。

>>化粧水の成分について詳しくはコチラ

いきなりボディクリームを塗るのはNG

さて、ボディクリームを塗るという方々に忠告しておきたいのは、その効果になります。確かに保湿と言うことであれば、ボディクリームは高い効果を発揮するでしょう。しかし、その効果はボディクリームに含まれる成分の割合によるものです。

保湿効果を肌に与えるために、ボディクリームの主成分は油となっており、それを塗ることで皮脂の代わりに油膜を作ることで、肌内部から水分が抜けるのを防ぐという役割を持っています。

つまり保湿効果とは言っても。肌内部に潤いを与える効果は少ないのです。肌に艶が戻ったように見えるのは、この油膜によるものだと思ってください。そうなると乾燥肌の根本的な解決にはなっていません

要するにボディクリームで保護膜を作る前に肌に潤いを与えなければ効果は薄いと言えるでしょう。そのため化粧水を塗って肌の潤いを補修したところで、ボディクリームで蓋をするというのが上手で効果的な対策となります。

化粧水を使ったボディケアのやり方のポイント

化粧水を使ったボディケアのやり方のポイント

まず化粧水は入浴後に使用していただくといいです。

先述したように入浴によって皮脂が失われたことにより逃げ出した水分を補修することが大切なので、入浴後の使用は効果的と言えます。また入浴後は体温の上昇で毛穴が広がっているので、化粧水の成分が吸収されやすくなります。これは顔への塗布も同様の理由で入浴後が良いとされています

優しく軽く叩くように肌に当て、タオルの吸水力で水分を拭き取る様にしましょう。まだ温度について触れましたが、体温が上がっている入浴後10分以内に塗ると化粧水の効果を得やすくなります

特に乾燥が気になる部分に積極的に使うことで、潤いが増し、カサカサの肌に艶を与えることができます。乾燥肌特有の痒さも抑えられるので、重点的に塗るのは大切です。

体だと顔と違って面積が広いので、乾燥している部分に重点的に塗ったとしてもかなりの量を使用することになります。勿体ないと量をケチる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは節約せずしっかりと塗り込んでいくことがポイントです。中途半端に塗ると効果が薄く、あまり実感できない可能性もあります。

化粧水に限らず、ボディケアにはそれなりの費用がかかります。そのため、ボディケアに使うための化粧水は価格の安いものを選んで使うようにするといいでしょう。つまり顔用と体用で分けて購入すると言うことです。

入浴後に化粧水を体に使用する注意点

ただ入浴後は当然水滴が肌についているため、タオルでしっかりと拭き取ってあげてください。

そうしないと化粧水の効果が薄れてしまいます。しかし肌を強く擦らないようにしましょう。普段から肌の水分を拭うときもそうですが、強く擦ることで肌荒れや肌トラブルの原因になってしまい、本末転倒です。

スポンサーリンク

コスパがいいボディケアにおすすめの化粧水:厳選3種

コスパがいいボディケアにおすすめの化粧水:厳選3種

とは言え、ボディケアに使えるコストパフォーマンスが良い商品を見つけるのはなかなか大変だと思いますので、ここからはボディケアにおすすめの化粧水を3選ご紹介させていただきたいと思います。すぐに購入したい方や、商品選びに悩んでいる方はこちらも参考にしてみたください。

ナチュリエ / スキンコンディショナー ハトムギ化粧水

現在の価格はコチラ

天然成分であるハトムギエキスを配合した化粧水です。高い保湿効果を持つ成分でありながらべたつかない使用感となっており、肌にしっとりとした潤いを与えながら、乾燥でカサつきが気になる部分に素早く浸透し馴染みます。

これにより肌荒れが起こりにくい滑らかな素肌を作り上げ、日焼けによってほてった肌を冷やしながら引き締めてくれます。もちろん風呂上りのほてりにも効果を発揮してくれます。肌にも優しいながら、価格も抑えられており容量も多いので全身に使うにもコストパフォーマンスが良い商品となっています。

>>ナチュリエの化粧水について詳しくはコチラ

ちふれ / 化粧水

現在の価格はコチラ

トレハロースやヒアルロン酸を配合することで肌の乾燥を防止し肌トラブルから肌を守る化粧水に仕上がっています。豊富な潤いを与えつつ、水分によるベールを作り出して肌を覆い、潤いを保ってくれます。

容量こそ少なめですが、その分だけ価格も安くコストパフォーマンスが良い商品です。全身のスキンケアにも保湿効果が期待できるとしておすすめの化粧水です。

菊正宗 / 日本酒の化粧水 高保湿

現在の価格はコチラ

こちらは日本酒の成分を使って作られた化粧水になります。日本酒に使用されるコメ発酵液とセラミドを配合することで、驚くほどとろみのある化粧水が肌に浸透していき、乾燥していた肌を潤してくれます。

こちらもハトムギ化粧水同様、容量は多いながらも価格は抑えられているので、ボディケアに使いやすい化粧水となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
乾燥肌向け!人気の保湿化粧水おすすめランキング
おすすめ
保湿化粧水
シミ・くすみ対策!人気の美白化粧水おすすめランキング
おすすめ
美白化粧水
敏感肌向け!人気の低刺激化粧水おすすめランキング
おすすめ
低刺激化粧水
プチプラ!人気の安くていい化粧水おすすめランキング
おすすめ
安くて使える化粧水
脂性肌に!人気のさっぱりタイプ化粧水おすすめランキング
おすすめ
さっぱり化粧水