綺麗な歯と息は歯磨きから!
ピントルの歯磨き粉専門ページ

よく読まれるページはコチラ
決定版!おすすめ歯磨き粉ランキングと目的別の選び方
おすすめ
歯磨き粉
白くなる!市販のホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング
ホワイトニング
歯磨き粉
息爽やか!口臭予防におすすめな市販の歯磨き粉ランキング
口臭予防
歯磨き粉
歯周病(歯槽膿漏)におすすめな市販の歯磨き粉ランキング
歯周病予防
歯磨き粉
安心安全!オーガニック歯磨き粉のおすすめランキング
オーガニック
歯磨き粉

目的別?形状別?歯磨き粉の種類と薬事法分類

歯磨き粉の種類

歯磨き粉を選ぶ時の基準は何でしょうか?虫歯予防などの目的だったり、クリーム状ジェル状などの形状で選んでみたり、中には薬事法で分けているという方もいるかもしれませんね。

このページでは歯磨き粉を選ぶ基準として様々な項目があることを紹介し、さらに一歩踏み込んだ詳しい内容まで掘り下げていきます。このページを見て自分はどんな選び方が良いのか参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

歯磨き粉の薬事法分類

歯磨き粉の薬事法分類

歯磨き粉は薬事法により3種類に分けられると知っていましたか?

大きく分けると

  • 化粧品
  • 医薬部外品
  • 医薬品

にわけることができます。また医薬品には1類2類3類とありますが、歯磨き粉は3類がほとんどです。

医薬品の1類2類3類って何?

1類とは販売できるのが薬剤師のみで書面を使用して情報提供しなくてはいけない義務があります。簡単に誰もが販売できるものではなく医師が処方する薬と同等の扱いとみなしても良いでしょう。

2類は1類のように書面を書く義務はありませんができるだけ記載するように努力しましょうと決まっています。販売できるのは薬剤師だけでなく登録販売者も可能になります。

3類はリスクが比較的低い商品で書面での管理は必要ありません。2類と同様販売できるのは薬剤師だけでなく登録販売者も可能。歯磨き粉など説明なしで使えるものは大体3類に分類されています。

日本で唯一医薬品として販売されているアセスは使用することで改善がみられると認められているものなので、一般的な歯磨き粉と比べると効果が高いといえます。

化粧品に分類される歯磨き粉

化粧品に分類される歯磨き粉は、基本成分が発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)や研磨剤(リン酸水素カルシウムなど)、香味剤(サッカリンナトリウムなど)や湿潤剤(グリセリンなど)だけの物をさしスタンダードな歯磨き粉といえます。

医薬部外品に分類される歯磨き粉

医薬部外品とは化粧品の成分に歯周病予防(塩化セチルピリジニウム ・トリクロサンなど)や虫歯予防(モノフルオロリン酸ナトリウム・フッ化ナトリウム)など有効成分がプラスされたものを指します。現在売られている歯磨き粉は医薬部外品が9割を占めているともいわれています。

歯磨き粉の形状で分ける種類

歯磨き粉の形状で分ける種類

私たちが呼んでいる歯磨き粉はペースト状のものを指しますが、ペースト状でなくても歯磨き粉で合っています。

そもそも歯磨き粉の正式名称は「歯磨剤(しまざい)」呼ばれており、歯を磨くしかし昔は粉状の歯磨剤を使っていたため、どんな形状でも歯磨き粉と呼んでいるのです。

いろんな形状の歯磨き粉を紹介してそれぞれのメリットも触れていきます。

ペースト状の歯磨き粉

現在の価格はコチラ

スタンダードなペースト状は泡立ちが良く、少量でも使用できるためコスパが良いのが魅力。泡が隅々までいきわたりますし、色んな味が選べるという点もメリットです。

ペーストは口に入れて磨きだすと泡になるので、その泡を全体にいきわたらせるようにしましょう。

ジェル状の歯磨き粉

現在の価格はコチラ

ジェルは基本的には泡立たないものが多いです。泡立たないと汚れを見つけてブラッシングしやすいというのがメリット。

研磨剤が不使用のものが多いので刺激が少ないといった点も魅力です。ジェルは歯ブラシにのせたらまず全体に伸ばしてから磨くと良いです。

フォーム状の歯磨き粉

現在の価格はコチラ

最初から泡で出てくる歯磨き粉です。ペーストの時の泡よりも軽くふわふわしている感じが子供にも好かれています。

ねっとりとしたテクスチャーが苦手という方に絶大な人気を誇っている形状です。使用方法も歯ブラシにワンプッシュするだけなので簡単です。

液状の歯磨き粉

現在の価格はコチラ

液体の歯磨きは本来歯磨き粉をあまり好まないという方にオススメ。マウスウォッシュのようにまずブクブクうがいをして、そのあとにブラッシングしていきます。

うがいをすることで口内全体にいきわたらせやすいのも魅力ですし、汚れが見やすいので磨き残しも少ないところもポイント。

液体歯磨きと洗口液(マウスウォッシュ)の違い

「液体歯磨き」はブラッシングをすることが前提ですが、「マウスウォッシュ」は仕上げのうがいに使用するものです。

呼び方はメーカーによって違う場合があるので、購入する際は使用方法を確認するようにしてください。

>>マウスウォッシュの種類と違いについて

粉末状の歯磨き粉

現在の価格はコチラ

歯磨き粉の元祖ともいえる粉末状の歯磨き粉は手のひらや皿などにのせ水で濡らした歯ブラシですくい取り歯を磨きます。

スポンサーリンク

目的別で作られる歯磨き粉の種類

目的別で作られる歯磨き粉の種類

販売されている歯磨き粉はホワイトニング効果・虫歯予防・歯周病予防などニーズに合わせた商品もたくさんあります。求めるニーズは数えきれないほどありますので全てを紹介することはできませんが最も人気のあるものをピックアップして紹介していきます。

フッ素入り歯磨き粉

現在の価格はコチラ

フッ素は虫歯予防に効果があります。現在販売されている歯磨き粉の殆どに入っているといっても過言ではないほど有名な成分です。

消炎剤入り歯磨き粉

現在の価格はコチラ

消炎剤は歯ぐきからの出血や歯周病に効果があります。成分は塩化セチルピリジニウム・アミノカプロン酸などがあげられます。

>>歯周病(歯槽膿漏)におすすめな市販の歯磨き粉ランキング

知覚過敏用歯磨き粉

現在の価格はコチラ

冷たいもので歯がしみたりする知覚過敏の方にオススメな歯磨き粉です。硝酸カリウムや乳酸カリウムなどが有名です。

>>知覚過敏におすすめな歯磨き粉ランキング

殺菌剤入り歯磨き粉

現在の価格はコチラ

口臭や虫歯の原因にもなる菌を除去してくれる歯磨き粉です。塩化セチルピリジニウム(CPC)・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が有名です。

>>口臭予防におすすめな市販の歯磨き粉ランキング

タバコのヤニ除去用歯磨き粉

現在の価格はコチラ

タバコのヤニ汚れをキレイにしてくれる歯磨き粉です。ヤニを除去する成分はポリエチレングリコールが有名です。

>>ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング

ホワイトニング歯磨き粉

現在の価格はコチラ

美しい白い歯を手に入れたい方向けの歯磨き粉です。ホワイトニング効果出す研磨剤にはリン酸水素カルシウム・炭酸カルシウムがあげられます。

>>ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
決定版!おすすめ歯磨き粉ランキングと目的別の選び方
おすすめ
歯磨き粉
白くなる!市販のホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング
ホワイトニング
歯磨き粉
息爽やか!口臭予防におすすめな市販の歯磨き粉ランキング
口臭予防
歯磨き粉
歯周病(歯槽膿漏)におすすめな市販の歯磨き粉ランキング
歯周病予防
歯磨き粉
安心安全!オーガニック歯磨き粉のおすすめランキング
オーガニック
歯磨き粉