眉毛の悩みを全て解決
ピントルの眉毛専門ページ

眉毛の書き方!メイクの基本を解説

眉毛の書き方!メイクの基本を解説

女性にとって眉毛のメイクというのはその人の印象を決定付ける重要な要素と言えます。眉毛の描き方一つでその人が明るそうかどうかなど第一印象にとって重要なポイントとなります。

ここでは、そんな眉毛の書き方やメイクの基本について解説していきます。

 

スポンサーリンク

眉毛を書く前に眉毛メイクの基本を紹介

眉毛を書く前に眉毛メイクの基本を紹介

>>男性も女性も必見の眉毛カットの基礎知識
>>眉毛を自分で脱色(ブリーチ)する方法と注意事項
>>眉毛を自分で染める染色(カラー)の方法と注意事項

眉毛メイクの理想の形について考えます

眉毛メイクをする上でまず重要なのがどのような眉毛に仕上げていくか、つまりは理想の眉毛の形について知ることが大切と言えるでしょう。では理想の眉毛の形というのはどのような形なのでしょか。

・眉の黄金比

理想の眉毛には、黄金比というものが存在します。メディアやファッション業界で活躍されているモデルさんなど多くの芸能人の方がこの眉毛の黄金比にしたがった形の眉毛になっています。

簡単に説明しておくと
鼻の外側と目頭と眉頭がほぼ一直線にあること。
鼻の外側と目尻を結んだラインの延長線上に眉尻があること。
黒目の外側と目尻の間に眉山があること。
これが眉毛の黄金比となります。

眉毛の生え方は人それぞれことなるので、この比率に忠実に従った場合かなり眉毛を抜く剃る書くなどしなくてはならない場合もあり得るので、あくまでも自分の眉毛を活かしおおよそこの比率になるように眉毛メイクをしてくのが良いでしょう。

髪の色と合わせて眉毛のメイクをします

続いて眉毛のメイクにおいて大切なのは、眉毛の色です。特に女性は髪を明るくする方も多くその場合あまりに眉毛が黒いと、どうしても重く感じたり野暮ったいイメージとなってしまうこともあるでしょう。

そこで重要なのが、髪色と眉毛の色を合わせていくことです。オーソドックスに髪の毛の色に眉毛の色を合わせていくと明るい印象となるでしょう。

また、眉毛の色を明るくすることによって肌の色に近づくため眉毛は薄い印象となります。それによってアイメイクが強調されることとなり目を大きく見せる効果もあるでしょう。

カラーリングアイブロウ
現在の価格はコチラ

眉マスカラを使えば手軽に眉色を変化させることができるので是非試してみましょう。

上手な眉毛の書き方、メイクの仕方

上手な眉毛の書き方、メイクの仕方

>>韓国で流行中の眉毛メイクの方法を徹底解説
>>人気上昇中の眉毛タトゥー(刺青)アートメイクについて
>>女性必見!美人眉毛を作る為のメイクの秘訣を大公開

失敗しない眉毛メイクの為の軸作り

眉毛のメイクでどうしても失敗してしまうという方にはある特徴があります。それは、眉毛を書いていく上での軸がないことです。

しっかり眉毛の中心となる部分を理解していれば、そこから肉付けをしていくだけで綺麗で理想的な眉毛を書くことができるということになります。では眉毛の軸となる中心部分というのはどこになるのでしょうか。

これは眉毛の生え方を見れば簡単に分かります。眉毛というのは、上向きに生えている部分と下向きに生えている部分があります。その交差した部分を線で描いた部分が眉毛の軸となります。

この線を中心に眉毛を書いていくと、いびつな形になりにくく綺麗な眉毛を書くことができるでしょう。

眉毛メイクを微調整する書き方

上記のように眉毛の軸となる部分が決まったら、そこから眉毛のメイクを微調整していきます。

まずは眉毛を書き足す部分ですがこれは上記の軸となるラインの下から書いていきます。これによって眉毛全体のバランスを取りやすくなり綺麗な眉毛の土台ができます。

特に眉山から眉尻にかけてペンシルを使って眉毛を書き足すようにメイクしていくと良いでしょう。

軸となるラインの上部分はパウダーを乗せていき立体感を出します。下部分で使用したペンシルよりも淡い色を選ぶと濃淡ができ、より立体的に魅せることができます。

そこからパウダーを足さずに眉山から眉頭の方向に向かってパウダーを乗せていきます。眉頭側から乗せるとベッタリとした仕上がりになってしまうので注意しましょう。

そのまま今度は眉尻をパウダーを乗せたブラシで書いていきます。徐々に細くなるように微調整して完成です。

このように軸を基本にそこから調整をしていけば、だれでも理想的な眉毛が書けるようになります。メイクは練習も大事なので積極的に眉毛メイクをしていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク