ヘアスタイルをワンランクアップする
ピントルのヘアワックス専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ

ファイバーワックスの付け方とおすすめヘアワックス

ファイバーワックス

ヘアワックスをよく見てみると「ファイバー配合」や「ファイバーイン」と記載しているものが多いと思います。ファイバーが入っている「ファイバーワックス」とは、「ファイバー=繊維」が配合されたワックスであり、スタイリングしやすく、毛先に動きを付けるのに適したワックスです、特徴と付け方、オススメのワックスをご紹介。

スポンサーリンク

ファイバーワックスとは?

ファイバーワックスの特徴

ファイバーワックス」とは、「ファイバー=繊維」が配合されたヘアワックスであり、繊維の働きによってスタイリングがしやすくなり、毛束や毛先の動きを出すのに適したヘアワックスです。整髪力も非常に強く、指先につけてみると糸を引くように伸びるのが特徴です。

この性質を持っているので、髪全体にのばして使いやすく、髪にも馴染みやすいので、初心者にも簡単に扱える便利なワックスです。また、「ファイバーワックス」を使用している状態であれば、手グシで簡単にヘアスタイルを整えることが可能で、使い勝手も良いです。

一般的には「ファイバーワックス」は、整髪力が強い製品が多いですが、製品によっては整髪力が弱いものもありますので注意が必要です。初心者の方にもオススメのヘアワックスですが、美容師にも愛用家が多く、応用力にも優れたワックスです。

しかし、「ファイバーワックス」は油分が多く重いので、つけすぎると髪の毛がペタンとしてしまいますので注意が必要です。

ファイバーワックスの付け方

一般的なワックスの付け方とそう変わりませんが、「ファイバーワックス」のつけ方をご紹介します。シャンプー後にタオルドライし、ベースワックスを髪全体に薄く馴染ませます。完成形を意識しながらブローして乾かします。まだ少し濡れているかなくらいがちょうど良いです。

ファイバーワックス」を手のひらで十分に伸ばしたら、髪の毛全体に内側から揉み込んでいきます。手に余った「ファイバーワックス」で毛束感を作り、毛先や前髪を整えたら完成です。

失敗しても、手グシで簡単に修正可能な点が「ファイバーワックス」の利点ですので、外出先でもすぐに手直しできます。ただ、「ファイバーワックス」をつけすぎると髪の毛全体がべっとりと重い印象になりますので、少しづつ付け足していくようなイメージでつけすぎは絶対に避けてください。

おすすめファイバー系ヘアワックス

おすすめファイバーワックス【デューサーミディアムハードワックス 4】

デューサー ミディアムハードワックス4
現在の価格はコチラ

ファイバーワックス」のオススメはナカノの「デューサーミディアムハードワックス 4」です。髪を立ち上げる力と毛束感の作りやすさに優れた「ファイバーワックス」です。艶成分も含まれており、仕上がりも非常に綺麗になります。髪の毛の動きをしっかりとホールドし、動きを出したい時に重宝するワックスです。

>>デューサー(DEUXER)ヘアワックスの特徴とおすすめワック

おすすめファイバーワックス【スパイスネオ ファイバーワックス】

スパイスネオ ファイバーワックス
現在の価格はコチラ

ファイバーワックス」のもうひとつのオススメはアリミノの「スパイスネオ ファイバーワックス」です。ツヤ感のないマットタイプです。ファイバーのチカラで非常に動きが出しやすく、細かい毛束感が作れます。パーマの人や、柔らかい髪質の人に特にオススメのファイバーワックスです。

>>アリミノ(ARIMINO)ヘアワックスの特徴とおすすめワックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ