ヘアスタイルをワンランクアップする
ピントルのヘアワックス専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ

ウォーターワックスの付け方とおすすめヘアワックス

ウォーターワックス

液体状の整髪料である「ウォーターワックス」。「フォグバー」などで最近人気が高く、液体なので髪の毛に馴染みやすく、伸ばしやすい点からスタイリングがしやすいと評判です。固形のワックスとは異なりシャンプーで簡単に洗い流せます。「ウォーターワックス」の特徴と使い方、オススメの「ウォーターワックス」をご紹介。

スポンサーリンク

ウォーターワックスとは?

ウォーターワックスの特徴

「ウォーターワックス」とは、液体状の整髪料のことを指します。割と最近出てきた新しいタイプのワックスです。特徴としては、液体タイプのため髪の毛になじみやすく、スタイリングが思い通りに簡単に行える点です。

固形ワックスのようにべとつかず、重々しい印象になりません。また、ベトつかないので、シャンプー時にスッキリと簡単に洗い流せる点も特徴です。

固形のワックスは油分が強く、丁寧に複数回シャンプーをして十二分にすすがないと完全に洗い切ることは難しいので、シャンプーでカンタンに洗えることは、非常に嬉しいポイントです。

また、「ウォーターワックス」中の成分が髪の毛の中に浸透し

髪の毛に適度な弾力を与え、スタイリングしやすい状態にしてくれます。

持続性も高く、一日中キープしてくれるスグレモノです。これからの整髪料のトレンドとなりうる製品ですので、一度は試してみては如何でしょうか。

ウォーターワックスの付け方

「ウォーターワックス」の付け方についてご説明します。通常のワックスと同様に、シャンプー後タオルドライし、完成形を意識しながらブローをして乾かします。「ウォーターワックス」を手のひらに適量(10円玉の大きさ程度)取り、手の平全体に馴染ませます。

トップ部分の根元から前方向へジグザグに手グシを通すように馴染ませてください。馴染ませたら、手で髪の毛を軽く握り、持ち上げます。同様にサイド部分も下から上方向へスタイリングしていきます。

もう一度、同量程度の「ウォーターワックス」を手にとって馴染ませ、後頭部を下から上にクセをつけていきます。後頭部の毛ををしっかりと立ち上げて、トップからサイドにかけて握ってクセをつけます。最後に全体のシルエットを整え、毛先をつまんで毛束を作れば完成です。

おすすめウォーター系ヘアワックス

おすすめウォーターワックス【ギャツビー・ウォーターワックス】

ギャツビー・ウォーターワックス
現在の価格はコチラ

「ウォーターワックス」のオススメはギャツビーの「ウォーターワックス」です。非常に使い勝手がよく、整髪力によっていくつか種類がありますので、初心者にもオススメの「ウォーターワックス」です。

硬い髪質でも柔らかい髪質でも、髪の内部から弾力を与え、しっかりと立ち上がり、動きが付けられます。スタイリングに時間をかけたくない人にオススメの「ウォーターワックス」です。

>>ギャツビー(GATSBY)ヘアワックスの特徴とおすすめワックス

おすすめウォーターワックス【ナカノ・ミズワックス】

ナカノ・ミズワックス
現在の価格はコチラ

「ウォーターワックス」のもうひとつのオススメはナカノの「ミズワックス」です。髪を固めるのではなく「まとめる」ヘアスタイリング剤です。ランダムな動きを作れるのが特徴であり、ツヤ出しの効果もあります。ルーズな毛束感を演出できる、程よいセット力が魅力です。

>>ナカノ(中野製薬)ヘアワックスの特徴とおすすめワックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ