ヘアスタイルをワンランクアップする
ピントルのヘアワックス専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ

ムースワックスの付け方とおすすめヘアワックス

ムースワックス

「ムースワックス」とは、泡状タイプのスタイリング剤です。固形のワックスと比較すると、水分量が多く、パーマやウェーブスタイルによく使われるスタイリング剤です。人気の高い「ゆるふわ系」のヘアスタイルにはぴったりです。 「ムースワックス」の特徴と付け方、おすすめの 「ムースワックス」についてご説明。

スポンサーリンク

ムースワックスとは?

ムースワックスの特徴

「ムースワックス」とは、泡状のタイプのスタイリング剤であり、固形のワックスよりも水分の含有量が多いのが特徴です。そのため、パーマスタイルのスタイリングにとても適しており、ウェーブが表現しやすく、くっせ毛のコントロールにも適したスタイリング剤です。

しかし、使い方にコツがいるモノでもあります。まずスタイリング剤の中でも「重い」部類に入りますので、つけすぎには注意が必要であり、ロングヘアーは特に注意が必要です。また、髪の毛に水分が残っている状態で使うと、水分バランスが崩れてスタイリングが難しくなります

ムースワックスの付け方

「ムースワックス」の基本的なつけ方をご紹介します。ショートヘアーの方は、固形のワックスの方がスタイリングしやすいので避けてください。「ムースワックス」の特性上、ミドルヘアーやロングヘアーの方がほとんどかと思いますが、最初に出来上がりのシルエットを意識しておいて下さい。

通常のワックスの付け方と同様に、シャンプー後タオルドライし、ブローして乾かしてください。この時に完全に乾かしておくことがポイントです。水分が残っていると、水分量のバランスが崩れてスタイリングが難しくなりますので、ご注意ください。

「ムースワックス」を適量手のひらにとり、よく伸ばします。そして、トップ部分にはつけずに、髪の毛の中間から毛先にかけて

揉み込むようにしてつけていきます。毛先にかけて散らすようにスタイリングをし、形を整えれば閑静です。

注意点としては、まず「ムースワックス」のつけすぎは避けてください。他にも、寝癖や「ムースワックス」の偏った付け方にも注意が必要です。

おすすめムース系ヘアワックス

おすすめムースワックス【アリミノ・スパイスフォームワックス】

アリミノ・スパイスフォームワックス
現在の価格はコチラ

「ムースワックス」のオススメは、アリミノの「スパイスフォームワックス」です。ツヤ出し効果が有り、適度なセット力でソフトなウェーブが作れます。ナチュラルな仕上がりが出来ると非常に評判が高く、リピーターの多い「ムースワックス」です。ウェーブヘアの方は、試してもらいたい「ムースワックス」です。

>>アリミノ(ARIMINO)ヘアワックスの特徴とおすすめワックス

おすすめムースワックス【シュワルツコフ・シルエット ムース ワックス】

シュワルツコフ・シルエット ムースワックス
現在の価格はコチラ

「ムースワックス」のもうひとつのオススメはシルエットの「ムースワックス」です。ツヤ出し効果が高く、しっとりとした上品な仕上がりが期待できます。固すぎず、柔らかすぎない適度なキープ力で、ウェーブヘアの方にぴったりです。もちろんパーマスタイルにもよく馴染み、カール感が復活すると評判が高いです。

しっとりとした仕上がりが期待できますし、ベトつかないのでオススメです。持続力もそこそこありますが、半日以上外を歩くのであれば、付け直しのために持ち歩いても良いかもしれません。おすすめの「ムースワックス」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【男性用】メンズヘアワックスおすすめランキング
男性向け
おすすめランキング
【女性用】レディースヘアワックスおすすめランキング
女性向け
おすすめランキング
剛毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
剛毛向け
ワックスまとめ
軟毛や猫毛のセットにおすすめのヘアワックスまとめ
軟毛、猫毛向け
ワックスまとめ
短髪ベリーショートのセットにおすすめのヘアワックスまとめ
ベリーショート向け
ワックスまとめ