ムダ毛処理に必須の便利アイテム
ピントルの電気シェーバー専門ページ

スポンサーリンク

電気シェーバーやカミソリは飛行機内に持ち込める?国内線と国際線のルールを解説!

電気シェーバーは飛行機内に持ち込める?

飛行機内でヒゲを剃りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

実は、飛行機内に電気シェーバーやカミソリを持ち込む際には、ちょっとしたルールがあります。

いざ飛行機に乗り込もうといったときに困らないためにも、事前に予習しておきましょう!

スポンサーリンク

電気シェーバーは飛行機内に持ち込み可能?

電気シェーバーは飛行機内に持ち込み可能?

まずは電気シェーバーを飛行機の機内に持ち込むことができるのか、を確認していきましょう。

電気シェーバーは持ち込みOK

意外な方もいるかも知れませんが、電気シェーバーは国内線・国外線ともに機内への持ち込みは問題ありません。

比較的持ち込み制限に厳しいとされるジェットスターやバニラエアといったLCC(格安航空会社)でも、持ち込みに規定を設けていません。

そのため、長いフライトの際は電気シェーバーで飛行機内でヒゲを剃ることが可能です!

ただし、他の搭乗者の迷惑にもなりますので使用方法やシーンには注意が必要です。

シェービングジェルやクリームの持ち込みには注意

一方で、「シェービングジェル」や「シェービングクリーム」などを機内に持ち込む際には注意が必要です。

シェービングジェルやクリームを含む液体物に関する持ち込みには以下のような規定が設けられています。

国内線の液体類の持ち込み条件

国内線を利用する際に、シェービングジェルやクリームを機内に持ち込む際は、「0.5L以下の容器」に入っているものに限られます。また一人あたり2Lまでしか持ち込めないようになっています。

国内線のシェービングジェル・クリームの持ち込み条件

国際線の液体類の持ち込み条件

国際線を利用する際に、シェービングジェルやクリームを機内に持ち込む際は、少し注意が必要です。

まず、持ち込み可能なのは、「100ml以下の容器」に入っているものに限られます。大きいサイズのシェービングジェルやクリームは小さな容器に小分けにするようにしましょう。

またその容器を、プラスチック製の透明な袋にまとめて入れる必要があります。このプラスチック製の透明な袋には、いくつか条件があります。

  1. 容量が1リットル以下
  2. 再封可能であること
  3. 縦横合計40cm以内
  4. ジップロックなどのジッパーやファスナー付き

100ml以下の容器に小分けにしたシェービングジェルやクリームを、これらの条件の袋に入れておく必要があります。尚、持ち込むことのできる袋は一つのみです。

国際線のシェービングジェル・クリーム持ち込み条件

【新ルール】電気シェーバーを預ける際にも注意

今までは、電気シェーバーを「預け入れ荷物」としてスーツケースに入れて置くのに特に規定はありませんでした。

しかし平成29年(2017年)7月1日より、リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器を預け入れ荷物とする際のルールが変更になりました。

具体的には、以下の2点が必要です。

  1. 電源完全オフ(スリープモード不可)
  2. 偶発的な作動や損傷を防止するための措置

電気シェーバーを機内に持ち込まず預ける際は、必ず電源をオフにするようにしてください。スリープモードは厳禁です。

また、スーツケースにしっかりと梱包することや衣類でしっかりと包み、偶発的に作動することを防いでください。適当にスーツケースに投げ入れてはいけません。

これは飛行機の揺れによって、電気シェーバーが破損し火災の原因になることを防ぐためのものです。必ず守るようにしてください。

尚このルール変更は、国内線・国際線共通です。

カミソリは飛行機内に持ち込み可能?

カミソリは飛行機内に持ち込み可能?

電気シェーバーの飛行機内への持ち込みは可能ですが、カミソリも同様に持ち込み可能なのでしょうか。

実は、カミソリは電気シェーバーよりも厳しい持ち込みの条件があります。

T字カミソリであれば持ち込み可能

飛行機内には「T字カミソリ」であれば、持ち込むことが可能です。ただし、刃体の長さが4cm以下という条件があります。

4cmを超えるT字カミソリを機内に持ち込むことはできません。また化粧用の小さなカミソリ(眉毛用・I字カミソリ)も同様に機内に持ち込むことが可能です。

ただし、先端が鋭利な折りたたみ式の「理容カミソリ」の持ち込みは不可能です。

飛行機内へのカミソリ持ち込み条件

スポンサーリンク

まとめ

ここまで電気シェーバーとカミソリの飛行機内への持ち込みに関して解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

電気シェーバーは基本的に飛行機内に持ち込んでも問題ありません。一方のカミソリに関しては、4cm以下のT字や化粧用のカミソリであれば持ち込むことが可能です。

ただし、シェービングジェルやクリームの機内への持ち込みや電気シェーバーの預け入れの際は細かいルールがあるので注意が必要になってきます。

【関連記事】
電気シェーバーのおすすめランキング。2018年最新の人気モデルを徹底調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク