ムダ毛処理に必須の便利アイテム
ピントルの電気シェーバー専門ページ

スポンサーリンク

電気シェーバーでワキのムダ毛処理はできる?使い方やおすすめモデルをご紹介

【ワキ】おすすめの女性用電気シェーバー

春先や夏場など露出の多い時期は、ワキのムダ毛処理が欠かせませんよね。

しかしこのワキのムダ毛処理、うまく剃れなかったり、ヒリヒリしてしまったりと中々大変。

そんな時に、ワキのムダ毛をケアできる電気シェーバーがおすすめです。お肌へのダメージを抑えつつも、剃り残しのない綺麗なワキに仕上げることができますよ!

【関連記事】
【2018年最新版】女性用電気シェーバーのおすすめ10選。肌に優しい人気モデルもご紹介

スポンサーリンク

電気シェーバーでワキのムダ毛処理はできる?

電気シェーバーでワキのムダ毛処理はできる?

電気シェーバーでワキの処理をするのって「なんか怖い」「痛そう」というイメージがある方もいるかもしれません。

しかし結論からいうと、電気シェーバーはワキのムダ毛処理に適しているといえるでしょう。

お肌のトラブルが起きにくい

カミソリは性質上、深剃りをすることが可能ですが、肌に直接刃が当たるため、肌トラブルの原因になってしまいます。

実際にカミソリでワキのムダ毛処理を行い、赤く腫れてしまったり、黒ずみができてしまうというケースも多くなっています。

せっかくムダ毛を処理したのに、見栄えが悪くなってしまったら本末転倒ですよね。

一方の電気シェーバーは、カミソリとは違い、直接肌に刃が当たることがないため、お肌をケアしながら優しく剃ることができます。

ただし、電気シェーバーであればなんでも良いという訳ではありません。

「ワキ」のムダ毛処理に対応したボディ用の電気シェーバーを使用するようにしましょう。

【関連記事】
顔のムダ毛を綺麗に!おすすめの女性用電気シェーバー3選

脱毛サロンや除毛クリームとどっちがおすすめ?

脱毛サロンや除毛クリームとどっちがおすすめ?

ワキのムダ毛処理の方法は、カミソリと電気シェーバーだけではありません。

その他にも、「除毛クリーム」「脱毛器」「脱毛サロン」といった処理の方法があります。

それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、電気シェーバーは費用面でも比較的安いですし、肌ダメージを抑えることが可能です。

1回にかかる処理の時間も短いですし、仕上がりも比較的綺麗になります。

週に2~3回程度の処理が必要な点がマイナスですが、他の処理方法と比較しても優秀な選択肢と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ワキのムダ毛処理におすすめ電気シェーバー

ワキのムダ毛処理におすすめ電気シェーバー

ワキのムダ毛は、指や腕に比べて硬く太い傾向があります。そのため硬く太い毛でもしっかりと捉えてカットできる本格的な電気シェーバーが必須になります。

【関連記事】
女性用電気シェーバーの上手な使い方。つるつるお肌を手に入れたい人必見!

パナソニック サラシェ ES-WL50

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥3,000~
  • 対応部位:ボディ
  • 電源方式:乾電池
  • 本体重量:110g
  • カラー:ピンク
  • 防水対応:〇
おすすめポイント

お風呂剃りにも対応しているので、ジェルやフォームを使用することによってワキへのダメージを最小限に抑えることができます。

またワキのみならず「アシ」「ウデ」「ビキニゾーン」に対応。付属のビキニコームに取り換えることでアンダーヘアの調節も可能になっています。

価格も3,000円前後で購入可能なので、ボディ用の1本として持っておきたいモデルです!

パナソニック  脱毛器 ソイエ ES-EL8A

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥17,000~
  • 対応部位:ボディ
  • 電源方式:充電式
  • 本体重量:170g
  • カラー:ピンク
  • 防水対応:〇
おすすめポイント

脱毛器として販売されていますが、ヘッドを変更することによって電気シェーバーとしても使用することができます。

付属のアタッチメントには「ワキ・ビキニライン用脱毛ヘッド」も搭載。ワキの凹凸部もしっかりとフィットし、剃り残しを許しません。

また、ヘッド部分が従来モデルよりも約30%も大きくなり、時間が無いときでも早く処理をすることができます!

脱毛器も電気シェーバーも両方気になっているという方におすすめのモデルです。

【ワキ】電気シェーバーの使い方

ワキのムダ毛処理の際の、電気シェーバーの使い方について解説していきます。

誤った方法で、シェービングをしてしまうと、肌トラブルの原因となりますので注意が必要です。

ウェット剃りがおすすめ

ワキのムダ毛は、他の部位よりも太く硬い傾向にあります。

そのため、シェービングジェルやシェービングフォームを使用したウェット剃りがおすすめ!

お肌にかかる負担が少なくなるので、ヒリヒリや赤みを抑えることができます。

毛が伸びている場合は先にカット

もしもワキの毛が伸びてしまっている場合には、先にはさみなどで短くカットすると良いでしょう。

あまりワキの毛が長いと、電気シェーバーの外刃がうまく毛を捉えることができなくなってしまいます。

アフターケアも大切

しっかりとアフターケアを行うことによって肌荒れを防止し、ワキ下を綺麗に保つことができます。

シェービングが終わったら、ローションや化粧水でしっかりと保湿ケアをすることで、肌荒れを防ぐことが出来ますよ!

まとめ

さて、ここまで電気シェーバーを使ったワキのムダ毛処理について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

電気シェーバーは比較的肌に優しく、ワキのムダ毛処理にはおすすめです。

ただし、誤った使い方をしてしまうと肌トラブルにつながってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク