水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

決定版!肌質や年代に合わせたおすすめの乳液と選び方

肌質別・年代別おすすめの乳液の選び方

乳液は、ただ肌につければ良いというわけではありません。肌質や年代に応じた乳液を選ぶことで、乳液本来の実力を発揮してくれるといっても過言ではないのです。

そこで、肌質・年代別による乳液の選び方を解説していきます。それぞれにおすすめの乳液も紹介するので、自分の肌質や年齢と照らし合わせて比較してみてくださいね!

目次 [非表示]

スポンサーリンク

肌質別:乳液の上手な選び方

肌質別:乳液の上手な選び方

乳液を選ぶときには好みで選ぶというよりは、自分の肌質に合った乳液を選ぶのが無難です。乳液にもタイプがあり、いくつかの肌質に対応しています。

肌質を大きく分けると乾燥肌・脂性肌・敏感肌・混合肌の4つの肌質になります。自分の肌質がどれに当てはまっているのかを把握することで、肌トラブルを回避しつつ、乳液の効果も得ることが可能です。

それでは、肌質別にどのような乳液がおすすめなのか?選び方と併せて紹介していきます!

乾燥肌におすすめの乳液の選び方

乾燥肌の特徴はカサついた肌です。乾燥肌の場合には基本的に保湿成分に優れ、高い保湿力を持った乳液を選ぶのが良いとされています。

高い保湿力のほかにも、保湿を維持する時間なども大切なので、できる限り長時間、肌の潤いをキープできる乳液を選びましょう。

>>人気の保湿乳液おすすめランキングはコチラ

アルビオン / エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク Ⅱ
現在の価格はコチラ

ノーマルスキン用の薬用美白乳液です。ノーマルスキン用ではありますが、コクのある感触が肌に素早く浸透し、肌の潤いバランスを整えてくれるのが特徴です。

また、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防いでくれることから、乾燥肌に悩んでいたり、シミ・そばかすをどうにかしたいと思っている人には、おすすめの乳液です。

ちふれ / 乳液
現在の価格はコチラ

保湿成分のヒアルロン酸とトレハロースが配合された乳液です。ヒアルロン酸とトレハロースの効果で肌に潤いを与え、乾燥肌から守ってくれるのが特徴です。

品質が良く低価格であることから、低価格でも品質の良い乳液を探していたり、優れた保湿成分が配合された乳液を探している人には、おすすめです。

>>ちふれの乳液について詳しくはコチラ

ソフィーナボーテ / 高保湿乳液
現在の価格はコチラ

持続型セラミド処方が特徴の高保湿乳液です。高保湿タイプのため角層の潤いを長時間キープし、乾燥した乱れがちな肌をみずみずしい肌に導いてくれます。

さらに肌荒れ予防にも効果的な月下香の培養エッセンスαを配合。これにより、保湿力をアップしています。

保湿乳液でも高保湿タイプの乳液を求めていたり、セラミドに関心がある人にはおすすめの乳液です。

>>ソフィーナボーテの乳液について詳しくはコチラ

脂性肌におすすめの乳液の選び方

脂性肌の人におすすめなのは、水分が多くて油分が少ないさっぱりタイプの乳液です。脂性肌なので濃厚だったり油分の多い乳液を使用すると、毛穴が詰まりニキビの原因にもなりかねません。

さっぱりタイプの乳液は割と出回っているので、タイプで選ぶ場合にはそこまで苦労することはないでしょう。

>>人気のベタつかない乳液おすすめランキングはコチラ

ファンケル / アクティブコンディショニング ベーシック 乳液 Ⅰ さっぱり
現在の価格はコチラ

脂性肌に対応した、さっぱりタイプの乳液です。角層に潤いを与えるアクティブセラミドと、保水機能を高めるアミノ酸の両方を配合しているのが特徴です。

効率良く潤い成分と美容成分をキープしてくれるため、みずみずしい肌を実感できます。美容成分を配合していることから、美容にも気を遣いたいという人にはおすすめの乳液です。

>>ファンケルの化粧水について詳しくはコチラ

ちふれ / 乳液 さっぱりタイプ
現在の価格はコチラ

ヒアルロン酸・トレハロースという、2大保湿成分が配合された乳液です。この2つの保湿成分の助けもあり、長時間、肌に潤いを与えてくれます。

また、さっぱりとしていながらもしっとりとした感触が特徴でもあります。低価格ということもあり、安くて脂性肌に対応した乳液を探している人には、おすすめです。

>>ちふれの乳液について詳しくはコチラ

ヴェレダ / カレンドラ ベビーミルクローション
現在の価格はコチラ

軽いつけ心地が特徴の保湿乳液です。赤ちゃんでも使用でき、赤ちゃんから年配の方まで、幅広い年齢層で支持されている乳液です。肌への浸透も早く、乾燥や肌荒れからも肌を守ってくれます。

ライトなつけ心地は、脂性肌の人にもピッタリですが、家に小さなお子さんがいたり、低刺激の乳液を探している人にはおすすめです。

>>ヴェレダの乳液について詳しくはコチラ

敏感肌におすすめの乳液の選び方

敏感肌の人におすすめなのは、低刺激性の乳液です。敏感肌なので、刺激が強かったりすると肌トラブルに見舞われる可能性が高くなります。

低刺激性のほかには、乳液に配合されている成分も気にするのが良いでしょう。配合されている成分を知ることで、その乳液に刺激の強い成分が配合されているかどうかがわかります。

敏感肌用の乳液も市販されているので、そういったタイプを選べば失敗も少なくなるでしょう。

>>刺激が少ないセラミド配合乳液おすすめランキングはコチラ

ミノン / アミノモイスト モイストチャージ ミルク
現在の価格はコチラ

敏感肌・乾燥肌を皮膚科学に基づいて考えられた、低刺激性の乳液です。9種類の保潤アミノ酸と2種類の清透アミノ酸の配合により、外部環境から肌を守り、肌に潤いを与えてくれます。

また、コクのあるテクスチャーでありながら、ベタつかないのも特徴です。

保湿成分もしっかりと配合され、低刺激性で肌にも優しいことから、敏感肌でも使用でき刺激の少ない乳液を探している人にはおすすめです。

HANA ORGANIC / ムーンナイトミルク
現在の価格はコチラ

年齢以上に老化を進行させる原因にアプローチする、オーガニック乳液です。6つの花精油によるアロマテラピー効果が、肌を内面からケアしてくれるのが特徴です。

美肌成分も複数含まれているため、敏感肌で乳液の使用を躊躇していたり、美肌効果も期待できる乳液を探している人にはおすすめです。

無印良品 / 敏感肌用薬用美白乳液
現在の価格はコチラ

岩手県釜石の天然水を使用し、敏感肌にも対応した敏感肌用の薬用美白乳液です。有効成分のビタミンC誘導体を配合し、抗酸化作用や美白効果も期待できます。

また、無香料・無着色・アルコールフリーで肌にも優しいことから敏感肌であったり、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎたいという人には、おすすめの乳液です。

>>無印良品の乳液について詳しくはコチラ

混合肌におすすめの乳液の選び方

オイリー部分と乾燥部分があり、2つの症状が厄介な混合肌。混合肌の人は、この2つの症状をどうにかする乳液を選ぶ必要があります。

混合肌に対応した乳液もそうでが、ビタミンC誘導体が配合された乳液が有効だともいわれています。これらを踏まえて、混合肌におすすめの乳液を見ていきましょう。

>>ビタミンC誘導体配合の乳液おすすめランキングはコチラ

ちふれ / 美白乳液W
現在の価格はコチラ

2つの美白成分が配合され、美白効果も期待できる美白乳液です。美白成分のほかに保湿成分のヒアルロン酸とトレハロースが配合されているのも特徴です。

ビタミンC誘導体の配合で皮脂分泌調整作用も期待でき、保湿成分も優れていることから、混合肌の人にはおすすめの乳液だといえるでしょう。

>>ちふれの乳液について詳しくはコチラ

明色化粧品 / セラコラ保湿乳液
現在の価格はコチラ

セラミドとコラーゲンを贅沢に使用した、高保湿タイプの乳液です。セラミドとコラーゲン、ダブルの潤い成分の配合により、肌に潤いを与えるのはもちろん、乾燥肌のための保水力も申し分ありません。

保湿力・保水力も申し分なく、混合肌で悩む人以外に、低価格でも保湿力に優れた乳液を探している人にはおすすめです。

菊正宗 / 日本酒の乳液
現在の価格はコチラ

保湿成分のプラセンタエキスとアルブチンを配合した、日本酒の乳液です。プラセンタエキス・アルブチンといった保湿成分以外に、日本酒のアミノ酸を配合し、保湿力をアップしているのが特徴です。

また、肌の保湿にこだわっており、必要以上の油分の使用を避けています。そのため、混合肌の特徴であるオイリー肌の人にもおすすめできる乳液です。

年代別:乳液の上手な選び方

年代別:乳液の上手な選び方

肌にも年齢があり、年代によって乳液の選び方も違ってきます。ブランドによって乳液のターゲット像がはっきりしていることもあるので、乳液選びに迷うのであれば、それらの乳液を選ぶという手もあります。

ここでは、年代別におすすめの乳液を紹介していくので、年代ごとにどのような違いがあるのかも把握しておきましょう。

10代におすすめの乳液の選び方

10代はまだ成長過程のため、成長ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌が起きやすくなっています。無理をして乳液を使用してしまうと、皮脂の過剰分泌に拍車をかけ、ニキビができる原因にもなりかねません。

10代で無理をして乳液を使用することはありませんが、冬などに肌の乾燥が気になったときくらいには、使用して良いかもしれませんね。

無印良品 / 乳液・敏感肌用・高保湿タイプ
現在の価格はコチラ

敏感肌に対応した高保湿タイプの乳液です。水は岩手県釜石の天然水にこだわっているほか、無香料・無着色・アルコールフリーで、肌に優しいのが特徴です。

敏感肌で乳液の使用による肌トラブルが気になる人はもちろん、肌が乾燥しやすいという人にもおすすめの乳液です。

>>無印良品の乳液について詳しくはコチラ

ちふれ / 乳液
現在の価格はコチラ

保湿成分のヒアルロン酸とトレハロースが配合された乳液です。優れた保湿成分が配合されているだけではなく、アルコールフリーで刺激が少ないのも特徴です。

さっぱり・しっとりの2タイプを用意していることから、好みの使用感で決めるのも良いでしょう。低価格なため、10代の若者でも手を出しやすいところがおすすめの乳液です。

>>ちふれの乳液について詳しくはコチラ

オルビス / 薬用 クリアモイスチャー
現在の価格はコチラ

肌のバリア機能を高め、ニキビケアに特化した乳液です。紫根エキスの効果で肌のバリア機能を強化し、甘草エキスの効果でニキビや肌荒れの原因を根本から解決してくれます。

オイルカットされて油分が少ない乳液のため、皮脂の過剰分泌やニキビができやすい10代には、おすすめの乳液です。

20代におすすめの乳液の選び方

まだ若いからといって、ちょっと油断すると肌トラブルの発生も否めない20代。中途半端な時期だからこそのスキンケアが大切な20代でもあります。

脂性肌・乾燥肌のほかにニキビができることもあるので、肌トラブルを総合的に見ての乳液選びを心がけましょう。

>>肌質別:ニキビ対策の乳液おすすめランキングはコチラ

アルビオン / エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク Ⅱ
現在の価格はコチラ

ノーマルスキン用の薬用美白乳液です。コクのあるテクスチャーが角層の隙間まで素早く浸透し、肌の潤いバランスを整えてくれるのが特徴です。

美白乳液のため、シミやそばかすを防ぐ効果も期待できることから、カサついた肌に悩んでいたり、美白肌も手に入れたいという人にはおすすめの乳液です。

なめらか本舗 / 乳液 NA
現在の価格はコチラ

イソフラボン含有の豆乳発酵液が配合された乳液です。イソフラボンのほかにも大豆種子エキスやダイズタンパクが含まれており、保湿力に優れているのが特徴です。

素肌の内側から弾力・潤いを与えてくれるため、10代の頃のようなハリや弾力のある肌に近づけたい人には、おすすめの乳液です。

肌研 / 白潤 薬用美白乳液
現在の価格はコチラ

美白有効成分の高純度アルブチンと、潤い成分のヒアルロン酸が配合された美白乳液です。ヒアルロン酸以外にもビタミンC誘導体が配合されており、アンチエイジング効果が期待できます

紫外線などで乾燥しがちな肌にも有効であるため、低価格でもしっかりと肌に潤いを与えたい人には、おすすめの乳液です。

>>肌研の乳液について詳しくはコチラ

30代におすすめの乳液の選び方

30代になると肌のホルモンバランスが崩れ、肌の潤いに不可欠なセラミドが年々減少するため、肌が乾燥しやすくなるといわれています。

30代の人が乳液を選ぶ際には、できる限り高保湿の乳液はもちろんのこと、セラミドが配合された乳液を選ぶのが無難です。

>>セラミド配合乳液おすすめランキングはコチラ

ソフィーナボーテ / 高保湿乳液
現在の価格はコチラ

持続型セラミド処方を採用した、高保湿乳液です。持続型セラミド処方のほかに、月下香培養エッセンスαを配合し、保湿力をアップしているのが特徴です。

しっとり・とてもしっとりの2タイプを用意し、肌の状態によってタイプを切り替えることも可能です。

持続型セラミド処方を採用した高保湿乳液は、セラミドが減少してしまう30代の肌にはおすすめの乳液です。

>>ソフィーナボーテの乳液について詳しくはコチラ

エリクシール シュペリエル / リフトモイスト エマルジョン W
現在の価格はコチラ

保湿成分の酵母エキスやコラーゲンを配合した薬用乳液です。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと3つのタイプが存在し、数字が大きくなるほど乳液のテクスチャーが濃くなります。

優れた保湿成分の配合と濃密でとろりとした使用感は、乾燥しがちな30代の肌にもおすすめの乳液です。

雪肌精 / 薬用 雪肌精 乳液 エンリッチ
現在の価格はコチラ

保湿効果の高い和漢植物エキスと美白有効成分が配合された薬用乳液です。2種のオレイン酸誘導体の配合により、肌に素早く浸透してくれるのが特徴です。

エンリッチは肌の油分と水分バランスを整え、乾燥によるくすみもケアしてくれます。そのため、油分と水分バランスが不足し、乾燥しやすい30代の肌にはおすすめの乳液です。

40代におすすめの乳液の選び方

40代の肌は、油分と水分が不足しがちで肌が乾燥しやすくなるほか、シミ・しわ・たるみなどの加齢によるエイジングサインが出やすくなります。

40代の人が選ぶ乳液としては、セラミドの配合や高保湿でエイジングケアにも有効な乳液です。ビタミンC誘導体が配合された乳液はエイジングケアにも有効なので、その辺を意識して選びましょう。

>>セラミド配合乳液おすすめランキングはコチラ

>>ビタミンC誘導体配合の乳液おすすめランキングはコチラ

ちふれ / 美白乳液W
現在の価格はコチラ

美白成分のアルブチンとビタミンC誘導体が配合された美白乳液です。美白成分のほかにもヒアルロン酸やトレハロースといった保湿成分も配合されています。

アンチエイジングに有効なビタミンC誘導体が配合されていることから、エイジングサインが気になる40代の肌にはおすすめの乳液です。

>>ちふれの乳液について詳しくはコチラ

NOV / Ⅲ ミルキィローション
現在の価格はコチラ

天然型セラミドが配合された乳液です。天然型セラミドの配合により、乾燥しがちな肌に潤いを与え、肌荒れを和らげてくれるのが特徴です。

また、肌のバリア機能をサポートし、肌を乾燥から守ってくれる効果も期待できます。天然型セラミドの配合で優れた保湿力を持っているため、乾燥しがちな40代の肌にもおすすめの乳液です。

無印良品 / エイジングケア乳液・高保湿タイプ
現在の価格はコチラ

エイジングケアに特化した高保湿タイプの乳液です。10種もの天然美肌成分を配合するほか、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も配合されています。

そのため、天然由来の美肌成分で肌を綺麗にしたかったり、高保湿タイプのエイジングケア乳液を探している人にはおすすめです。

>>無印良品の乳液について詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液