水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液
スポンサーリンク

毛穴をきれいに!乳液を使った毛穴の黒ずみの落とし方

乳液を使った毛穴の黒ずみの落とし方

自分の顔を鏡で見ていると気になる黒ずみ。この黒ずみはなんとかならないものなのでしょうか?実は、乳液を使用して簡単に落とす方法があるのです。

そこで、乳液を使用して黒ずみを落とす簡単な方法を紹介していきます!毛穴の黒ずみの原因も併せて解説するので、黒ずみが天敵だという人は前もって対策を立てておきましょう!

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみの原因

きちんとスキンケアをしているつもりでも落としきれない黒ずみ。気にはなるものの、落とせない黒ずみを放置している人は多いことでしょう。

そもそも毛穴の汚れや黒ずみは油性の汚れが原因といわれています。油性の汚れというのはクレンジングをきちんと行っていれば落とすことができます。

しかし、この汚れをしっかりと落としきらないと毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。毛穴の黒ずみの原因にはどのようなものがあるのか?代表的な原因を紹介していきます。

毛穴の詰まりが原因の黒ずみ

毛穴が詰まったことによる黒ずみは、誰もが経験したことのある原因かもしれません。

毛穴には角栓や汚れなどが詰まってしまうことが多いです。詰まったまま放っておくと角栓や汚れが空気に触れ、酸化することにより黒ずみが発生してしまいます。

そのほかにも角栓が詰まると毛穴が広がることがあります。毛穴が広がった状態で黒ずんでしまうと、より目立つ原因になります。

自分の鼻に触れてみてザラザラ感のある人は、毛穴が詰まることによる黒ずみに要注意です。

メラニンが原因の黒ずみ

メラニンは、肌を紫外線などの刺激から守ろうとして作られるといわれています。メラニンは黒い色素の元でもあることから、シミの原因になることでも知られています。

適度な量のメラニンであれば問題ありませんが、過剰なほどのメラニンが肌の表面に現れると、シミだけではなく黒ずみの原因にもなります。

メラニン色素は紫外線のほかに、肌に摩擦をかけてしまったり肌に合わない化粧品を使い続けていると、多く作られてしまう可能性があります。

鼻に触れてもザラザラ感がないという人は、メラニンが原因の黒ずみかもしれません。

うぶ毛が原因の黒ずみ

知らない人も多いのではないかという原因がうぶ毛の黒ずみです。鼻に生えた細かいうぶ毛は、鏡で見てもわからないことが多いです。

うぶ毛でも毛はきちんと生えています。うぶ毛の生えた毛穴が黒く見えたり、長くはない短いうぶ毛が黒く見えることもあります。

いくらクレンジングをしても落ちない黒ずみは、うぶ毛が原因のものかもしれません。

乳液を使った毛穴の黒ずみを落とす方法

乳液を使った毛穴の黒ずみを落とす方法

毛穴の黒ずみは、誰でも簡単に落とすことができます。乳液と蒸しタオルだけ用意すれば良いので、特別何かが必要だということはありません。

気になる原理は、乳液に油分を馴染ませて黒ずみに塗り、塗った乳液と一緒に取り除くという方法です。

黒ずみを落とす手順も難しくはないので、早急に黒ずみをなんとかしたい!って人は、だまされたと思って試してみてください。

毛穴の黒ずみ落としに必要なもの

  • 乳液
  • 蒸しタオル3枚

毛穴の黒ずみを落とす手順

  1. 蒸しタオルを顔に乗せ、蒸しタオルが冷めてきたら取り替えます。
  2. 1を3回繰り返し、毛穴を開いた状態にします。
  3. 乳液をたっぷりと手に出し、顔全体に塗っていきます。(このときの乳液の量はけちらずに)
  4. 額→こめかみ→目の周り→鼻→頬→首の順番に、手でしっかりとマッサージをします。
  5. 顔全体に塗った乳液を水で洗い流し、普段と同じように洗顔をします。
スポンサーリンク

乳液と蒸しタオルの毛穴の黒ずみ落としの注意点

乳液と蒸しタオルの毛穴の黒ずみ落としの注意点

乳液と蒸しタオルさえあれば、毛穴の黒ずみを簡単に落すことができます。しかし、注意する点もいくつかあります。

手軽に黒ずみを落とせるから何も考えずに実践するのではなく、注意点も把握して安全に黒ずみを落としましょう

肌荒れなど、肌の状態が悪いときはしない

乳液には界面活性剤が含まれています。毛穴落としには乳液と蒸しタオルを使用しますから、蒸しタオル自体にも少なからず界面活性剤が含まれることになります。

界面活性剤は肌へ刺激を与えることがあるため、肌が荒れているときや肌の状態が悪いときには、この方法での黒ずみ落としは控えるようにしましょう。

>>肌荒れ対策における乳液の必要性についてはコチラ

蒸しタオルの温度に注意

自宅にて蒸しタオルを作るときには、レンジで温めるか熱湯を注ぐという方法が一般的です。蒸しタオルなので冷めていては意味がありませんから、熱くしようとする人もいることでしょう。

しかし、顔に直接乗せる蒸しタオルを、やけどするくらいの温度にしては危険です。それに、熱すぎる蒸しタオルを顔に乗せると、肌への刺激が強まってしまいます。

蒸しタオルを顔に乗せる前にまずは適温かを確認してください。顔に乗せて熱すぎず気持ちの良いくらいの温度であれば問題ありません。

蒸しタオルは、高温のまま顔に乗せなくても毛穴は開きますから、蒸しタオルの温度にはくれぐれも注意しましょう。

蒸しタオルに清潔なタオルを使用する

これは当然といえば当然の注意点ですが、面倒くさがる人もいるという前提で紹介します。

聞くところによると、何日も洗っていないタオルを使っている人もいるようです。このようなタオルを蒸した状態で顔に乗せれば雑菌だらけのタオルを顔につけているのと同じになります。

汚い黒ずみを落とすんだから綺麗なタオルでなくても良いでしょう?という人もいるかもしれません。

しかし、雑菌は肌への刺激になるため、人によってはその雑菌が肌にダメージを与えてしまうことだって否めません。

綺麗な肌を手に入れるためにも、清潔なタオルで蒸しタオルを作ってください。

刺激が少ないタオルを使用する

洗ったタオルなら刺激がないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、そのタオルを洗濯するときに使用した洗剤や柔軟剤は問題ありませんか?

というのも、刺激の強い洗剤や柔軟剤を使用してタオルを洗濯すれば、その成分がタオルに付着します。

刺激の強い成分が付着したタオルを顔に乗せれば、肌へダメージを与えてしまうことだってあります。

肌への刺激を少しでも和らげるためにも、刺激の強い洗剤・柔軟剤・香料が付着しているようなタオルの使用は避けましょう。

蒸しタオルで毛穴の黒ずみを落とすときには、専用のタオルを用意しておくのが良いかもしれませんね。

週に2~3回程度で留めておく

黒ずみが綺麗に落せるからといって、毎日や1日に何度も行うのは良くありません。乳液や蒸しタオルは、少なからず肌に刺激を与えてしまうので頻繁に行えば逆効果です。

蒸しタオルと乳液を使っての黒ずみ落としは、目安として週に2~3回くらいに留めておきましょう。やりすぎには要注意です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液