歯科医も推奨する歯磨きの新習慣
ピントルの電動歯ブラシ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者必見!おすすめの電動歯ブラシと上手な選び方
電動歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の電動歯ブラシおすすめランキング
電動歯ブラシ
ランキング
低価格!コスパで選ぶ電動歯ブラシおすすめランキング
コスパ重視
電動歯ブラシ
初心者必見!口腔洗浄器の種類と失敗しない上手な選び方
口腔洗浄器
選び方
人気の口腔洗浄器おすすめランキング:TOP10
口腔洗浄器
ランキング

持ち運びに便利!携帯用電動歯ブラシおすすめランキング

おすすめの携帯用電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、携帯できるのもメリットのひとつです。電動歯ブラシを旅行先やオフィスなどに持ち込めば、口内のケアも楽々です。しかし、市販されている電動歯ブラシ全てが携帯向けとは限りません。

それでは、どのようなタイプの電動歯ブラシが携帯に向いているのか?携帯用の電動歯ブラシのメリットと共に、おすすめの電動歯ブラシをランキングで紹介していきます!

スポンサーリンク

携帯電動歯ブラシの特徴

携帯電動歯ブラシの特徴

携帯電動歯ブラシはその名の通り、持ち運びに特化した電動歯ブラシです。ボディサイズがコンパクトで軽量というのが特徴でもあります。

家庭用は主に充電式で携帯用は乾電池式になります。しかし充電式といっても、携帯に便利なアイテムが付属されている電動歯ブラシもあります。

充電式だからといって、必ずしも持ち運んで使えないわけではないのです。中には充電式であっても、持ち運んでの使用を想定して開発されている電動歯ブラシも存在します。

携帯電動歯ブラシのメリット

携帯電動歯ブラシのメリットはいくつかあります。

  • 軽量
  • コンパクト
  • 音が静か
  • 価格が安い

代表的なメリットはこの4つです。

携帯に特化しているので、本体サイズがコンパクトで軽量な電動歯ブラシが多いです。そのため歯磨きが苦になりません。また、乾電池式の場合は音が静かなのも特徴です。

何よりもうれしいのが価格の安さです。充電式だと、当然のことながら本体に電池が内蔵されています。そのため高額になってしまいます。しかし、乾電池式は自分で乾電池を入れるので、とても安いです。

携帯電動歯ブラシのデメリット

携帯電動歯ブラシはメリットばかりではありません。デメリットを挙げると…

  • パワー不足
  • 機能が少ない
  • 電池交換が面倒
  • ランニングコストが高い

この3つが代表的なデメリットです。

充電式に比べると乾電池式はパワーが弱いです。歯磨きに刺激が必要な人は、振動の弱さが気になってしまうかもしれません。

搭載されている機能に関しては充電式が多いです。乾電池式は価格も安いことから、余計な機能は搭載されていません。機能が多い電動歯ブラシを求めている人に乾電池式は向かないでしょう。

当たり前のことですが乾電池式は、電池がなければ動きません。電池がなくなれば新しいものと交換しなければならないので、交換頻度によってはランニングコストが高くなってしまいます。

しかし、今の乾電池式の電動歯ブラシは長持ちする製品が多いです。節約して使っていればかなり長持ちするでしょう。

携帯電動歯ブラシおすすめランキング:TOP10

携帯電動歯ブラシおすすめランキング:TOP10

携帯におすすめな電動歯ブラシには、どのようなものがあるのか?おすすめと思われる電動歯ブラシをTOP10で発表するので、比較検討の参考にしてください!

第1位:ブラウン / オーラルB ジーニアス9000

現在の価格はコチラ

機能も豊富で持ち運びにも便利な電動歯ブラシです。USB充電にも対応したトラベルケースが付属しているため、パソコンからでも充電が可能です。外出先でパソコンを使う人には特におすすめです。

充電式ではありますが豊富な機能と付属品のほか、持ち運びにも対応したジーニアス9000は、文句なしの第1位です!

>>ブラウンのオーラルBの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第2位:フィリップス / ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

現在の価格はコチラ

搭載される機能も多い、ソニッケアーの上位モデルです。トラベルケースはもちろん、携帯用ブラシキャップやUSB充電対応など、持ち運びにも便利な機種です。

機能が豊富で持ち運びにも便利な電動歯ブラシを探している人には、おすすめです。携帯するのに便利な付属品や、電動歯ブラシとしての性能を考慮して、第2位に輝きました!

>>フィリップスのソニッケアーの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第3位:パナソニック / ドルツ EW-DE55

現在の価格はコチラ

便利な携帯ケースが付属され、さらに充電時間も短いため、充電の煩わしさを解消してくれます。

フル充電しておけば約60分使用できるので、数日間の旅行や出張に持ち運びたい人には、おすすめの電動歯ブラシです。

充電や機能、付属品など、総合的に判断しても第3位より上位は間違いありません。

>>パナソニックのドルツの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第4位:オムロン / メディクリーン HT-B601

現在の価格はコチラ

可愛いモバイルケースで充電ができる電動歯ブラシです。ACアダプターだけではなくUSB充電にも対応しているので、オフィスや出張先での充電も可能です。

モバイルケースもコンパクトなことから、なるべくかさばらない充電式の電動歯ブラシを探している人には、おすすめです。

モバイルケースやUSB充電のほか、充電式でパワーも問題ないことを考慮して、第4位にランクインです!

>>オムロンのメディクリーンの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第5位:パナソニック / ポケットドルツ

現在の価格はコチラ

可愛いデザインとコンパクトなサイズが魅力の電動歯ブラシです。ポケットドルツは乾電池式なので充電をする必要がありません。

余計な機能を省き、サイズが軽量でコンパクトな電動歯ブラシを探している人には、特におすすめです。

知名度の高いドルツシリーズということと、持ち運びに特化したコンパクトサイズで第5位です。

>>パナソニックのドルツの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第6位:マルマン / ミニモ UV殺菌機一体型

現在の価格はコチラ

UV殺菌機一体で、外出先で使用してもブラシを清潔に保つことができる電動歯ブラシです。デザインと色合いが可愛いので、オシャレのことも考えて電動歯ブラシを持ち歩きたい人には、おすすめです。

コンパクトさはもちろんですが、キャップを閉めると自動的にUV殺菌してくれる手軽さは、第6位にふさわしいです。

>>マルマンの電動歯ブラシの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第7位:オムロン / マイクロビブラート

現在の価格はコチラ

マイクロビブラート音波で、歯垢を浮かして綺麗に除去!さらに3種類の植毛が歯垢除去能力を高めます。乾電池式でも歯垢をしっかりと取り除きたい人には、おすすめの電動歯ブラシです。

持ち運んで使用できる利便性とパワー、滑りにくいグリップや本体の防水など、細かいところまで考えているマイクロビブラートは、第7位にランクインです!

>>オムロンのメディクリーンの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第8位:ブラウン / オーラルB プラックコントロール

現在の価格はコチラ

ブラウン独自の丸型回転で、素早く簡単に歯垢を除去してくれる電動歯ブラシです。タイマーやブラシの交換を知らせてくれるインディケーター機能も特徴です。

そのため、最低限の機能が搭載されている電動歯ブラシを探している人には、おすすめです。

低価格で持ち運びにも便利な乾電池式。さらにブラウン独自の丸型回転で口内のケアも楽にできることから、第8位です!

>>ブラウンのオーラルBの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第9位:ドリテック / ドクターソニック

現在の価格はコチラ

コスパに優れた乾電池式の電動歯ブラシです。サイズもコンパクトで軽量、さらにはデザイン性にも優れているため、コンパクトでデザイン性にも優れる電動歯ブラシを探している人には、おすすめです。

価格、サイズ、デザインと3拍子揃ったドクターソニックは、第9位にランクインです!

>>ドリテックの電動歯ブラシの特徴や選び方と口コミ評判はコチラ

第10位:ライオン / システマ 音波アシストブラシ

現在の価格はコチラ

スリム、コンパクト、軽量が魅力のシステマ音波アシストブラシです。音波振動と超極細毛の相乗効果で、単なる手磨きよりも簡単に歯垢を除去できます。

アシスト式のため手磨きが必要になることから、振動しても自分で磨きたい人や、なるべくスリムな電動歯ブラシを探している人にはおすすめです。

電動歯ブラシ初心者にピッタリなところと、持ち運びに特化したコンパクトサイズは、第10位よりも下位はあり得ません。

>>システマの電動歯ブラシの特徴と口コミ評判はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者必見!おすすめの電動歯ブラシと上手な選び方
電動歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の電動歯ブラシおすすめランキング
電動歯ブラシ
ランキング
低価格!コスパで選ぶ電動歯ブラシおすすめランキング
コスパ重視
電動歯ブラシ
初心者必見!口腔洗浄器の種類と失敗しない上手な選び方
口腔洗浄器
選び方
人気の口腔洗浄器おすすめランキング:TOP10
口腔洗浄器
ランキング