乾燥や手荒れ対策の必需品!
ピントルのハンドクリーム専門ページ

よく読まれるページはコチラ
手に潤いを!乾燥向けハンドクリームおすすめランキング
乾燥向け
ハンドクリーム
ひびやあかぎれ向けハンドクリームおすすめランキング
ひび向け
ハンドクリーム
硬い角質対策!尿素ハンドクリームおすすめランキング
角質向け
ハンドクリーム
掻く前に!痒み止めハンドクリームおすすめランキング
痒み向け
ハンドクリーム
コスパ最強!安いハンドクリームおすすめランキング
低価格
ハンドクリーム

キスミーの口コミ評判とおすすめハンドクリーム

キスミーの特徴や評判

ハンドクリームと言えば保湿力が基本的な効果となる商品ですが、1度使用してからどれだけ持続するかは商品によって違いがあります。しかし使うのであれば何度も塗り直すのは面倒でし、状況によっては塗り直しができないこともあります。そうなると人によっては効果が長時間持続するハンドクリームを選びたいところです。

そんな方々のために長時間効果が持続するハンドクリームを作っているブランドがあります。しかも持ち運び用と据え置き用でそれぞれのシーンに分けて使いやすいよう容器を分けて販売しています。こちらではそんな製品を作るキスミー(KissMe)のコミ評判とおすすめハンドクリームをご紹介していきます。

スポンサーリンク

キスミー(KissMe)とは

キスミー(KissMe)とは

キスミーは東京都千代田区四番町に本社を置く、日本の総合化粧品メーカー・株式会社伊勢半のブランドになります。キスミーブランドはハンドクリームを扱う薬用シリーズを始め、メイク道具関係のラインナップが豊富なブランドとなっています。また化粧だけでなく、ネイル関係の商品も取り扱っています。

>>ハンドクリームのおすすめブランドまとめはコチラ

キスミーのハンドクリームの特徴

キスミーのハンドクリームの特徴

キスミーのハンドクリームは薬用ハンドクリームとなっています。酷い肌荒れを止めてくれるハンドクリームで、有効成分にビタミンEやトコフェロ−ル酢酸エステル、イソプロピルメチルフェノールを配合し、保護成分とのW効果でしっかりとハンドケアをしてくれます。保湿効果がおよそ8時間キープする長時間保湿で肌を守ってくれます。

後述しますが、使うシーンに合わせて2種類の容器を用意し、容量にも違いを持たせて使いやすさや持ち運びやすさなど、ニーズに合わせた商品を製造しています。リーズナブルな価格なので購入しやすいのもポイントです。

>>コスパがいい安いハンドクリームおすすめランキングはコチラ

キスミーのハンドクリームの口コミや評判

キスミーのハンドクリームは文句のつけようがないほど高い評価を得ています。長時間持続する効果や潤いを与えてくれるのはもちろんのこと、香りや価格、容量など全てにおいて満足されている人が非常に多いです。香りの関係や効果、肌との相性において他ブランドの様々なハンドクリームがダメだった人でも、キスミーのハンドクリームは相性が良かったという人もいます。

また大人だけでなく敏感な肌になりやすい子供の酷い乾燥肌に対しても、これをつけて一晩眠るだけで潤いの肌になったという口コミもありました。とにかく高い効果を実感できるのに価格としては安いので誰もがリピートして使いたくなるハンドクリームとして絶賛されています。

容器の外観としてもシンプル過ぎるわけでもなく、かといって派手すぎるわけでもないデザインが受けていました。同じ製品でもシーンによってチューブとボトルタイプで分けて販売されているので、使い分けしやすく費用対効果が大きいことも評価のポイントとなっていました。

キスミーのハンドクリームはどんな人におすすめ?

特徴や口コミなどからも分かる通り、高い保湿効果と持続性については折り紙付きであり、効果的で価格も安いものを探している人におすすめのハンドクリームです。使用感も良いので使いやすく、塗り続ければ潤いのある肌を実感できる可能性も持っています。使い続けてもコストパフォーマンスに優れているので費用的な負担はそこまで高くはないでしょう。

また肌荒れが酷い方にもおすすめの商品です。手荒れを改善する効果も期待できる成分であるため、乾燥が酷くなりひび割れやあかぎれを起こしてしまった手肌の改善にも効果を発揮してくれるハンドクリームになります。お試しとしても購入しやすいので、ぜひ試していただきたいハンドクリームです。

>>乾燥向けハンドクリームおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

キスミー薬用ハンドクリームの種類と選び方

キスミー薬用ハンドクリームの種類と選び方

キスミーのハンドクリームは1種類のみですが、2タイプの容器で販売されています。そのため、選び方のポイントとしてはハンドクリームをどのように使うのか、という使いやすさの視点で選ぶことになります。それぞれの特徴と、使用しやすいシーンなどをご紹介していきます。

>>目的に合わせたおすすめハンドクリームと上手な選び方はコチラ

チューブタイプ

現在の価格はコチラ

チューブタイプは30gと65gの2つのタイプがあります。持ち運びをするのであればどちらも便利な大きさとなっていますが、特に30gのものはミニサイズとなっているので、鞄などに入れても邪魔にならない大きさとなっているのがポイントです。

チューブタイプは容量は少な目ですが、持ち運びやすいので外出先での使用に最適なタイプとなっています。家以外での使用したい人はチューブタイプを購入することをおすすめします。

ボトルタイプ

現在の価格はコチラ

ボトルタイプは75gとチューブタイプよりも多めのタイプとなっています。広口ボトルとなっているため持ち運びにはあまり適していないのですが、自室や家に置いておく据え置き用として使うのであれば、長期間使えて便利な大きさとなっています。

大きすぎないため、それほど邪魔にもなりません。洗面台などに置いておけばお風呂上りや朝の準備中に使えるタイプとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
手に潤いを!乾燥向けハンドクリームおすすめランキング
乾燥向け
ハンドクリーム
ひびやあかぎれ向けハンドクリームおすすめランキング
ひび向け
ハンドクリーム
硬い角質対策!尿素ハンドクリームおすすめランキング
角質向け
ハンドクリーム
掻く前に!痒み止めハンドクリームおすすめランキング
痒み向け
ハンドクリーム
コスパ最強!安いハンドクリームおすすめランキング
低価格
ハンドクリーム