乾燥や手荒れ対策の必需品!
ピントルのハンドクリーム専門ページ

よく読まれるページはコチラ
手に潤いを!乾燥向けハンドクリームおすすめランキング
乾燥向け
ハンドクリーム
ひびやあかぎれ向けハンドクリームおすすめランキング
ひび向け
ハンドクリーム
硬い角質対策!尿素ハンドクリームおすすめランキング
角質向け
ハンドクリーム
掻く前に!痒み止めハンドクリームおすすめランキング
痒み向け
ハンドクリーム
コスパ最強!安いハンドクリームおすすめランキング
低価格
ハンドクリーム

日焼け対策!UVカットハンドクリームおすすめランキング

UVカットハンドクリームおすすめランキング

夏の日差しが強い日には、女性は日焼け止めやUVカットのクリームを塗ることが多くなると思います。それでも肌を守るには十分ですが、それは夏に限ったことではないのです。冬場にも紫外線は出ているため、面積は少ないですが肌はその紫外線に晒されているのです

この日焼け対策に年中日焼け止めを塗っているわけにはいきません。そんな時にスキンケアができるハンドクリームでUVカットができることはご存知でしょうか?もちろん全てではないのですが、UVカット機能があるハンドクリームがあるのです。そこでこちらではUVカットハンドクリームのおすすめランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

夏だけじゃない?ハンドクリームで日焼け対策

夏だけじゃない?ハンドクリームで日焼け対策

冒頭でも触れましたが、日焼けは夏場だけ気を付ければいいわけではありません。太陽の光が届いている限り紫外線は地表に到達しているため、肌が出ている部分はその光に晒されているわけです。特に手は日に当たる機会も多いため、日焼けしやすい場所でもあります。そのため、手の日焼け対策は常にしておかなければいけない場所の1つでしょう。

しかし夏場はともかく、冬場にまで日焼け止めを塗るのは...と思われる方も見えるかもしれません。そこで使うといいのがUVカットハンドクリームです。手のスキンケアとしてハンドクリームを使われる方は多いと思いますが、同時にUVカットもできれば一石二鳥です。またハンドクリームは冬場だけでなく、他の季節でも使えるものなので季節関係なくUVカットができる商品でもあります。

SPFとPAとは?

UVカットハンドクリームなら何でも効果が高いという訳ではありません。商品をよく見るとSPFとPAと呼ばれる数値が存在しています。この数値でUVカットの効果が高いかどうかが決まります。簡単にですが説明させていただきます。

紫外線の種類

SPFやPAについて知っていただく前に紫外線の種類について知っていただきたいと思います。そもそも光そのものも3種類に分かれます。それが可視光線、赤外線、紫外線になります。虹を思い浮かべていただくと分かりやすいですが、あの7色はこの3種類の光で構成されています。

普段は目に見えない赤い光が赤外線、目に見える可視光線が5色、そしてこちらも普段は目に見えない紫の光が紫外線となっています。

さらに紫外線は3種類存在し、「紫外線A波(UVA)」、「紫外線B波(UVB)」、「紫外線C波(UVC)」が存在します。それぞれの光の特徴と影響は以下の通りです。

  • 紫外線A波(UVA)
    窓ガラスや雲も突き抜けるため強力な紫外線で、肌の奥深く真皮まで届き肌内部に活性酸素を作り出してDNAを傷つけたりコラーゲンやエラスチンを破壊し、最終的にはシワやたるみなど肌の老朽化を招きます。
  • 紫外線B波(UVB)
    肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。これが夏場に肌が焼ける原因であり、別名レジャー紫外線とも呼ばれています。UVBを浴びることにより肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びていない時間でも過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となってシミやソバカスの原因になります。
  • 紫外線C波(UVC)
    UVBより有害な紫外線であり、本来はオゾン層で吸収され地上まで届くことがなかったのですが、近年は環境問題の1つであるオゾン層破壊によって地上まで届いてしまう地域も存在しているため、環境問題対策が急がれています。

残念ながらUVCについては日焼け止めでは防げないのが現状です。つまり日焼け止めと言うのはUVAとUVBをカットするものを言い、これらを防ぐ効果を見極めることが大切です。またこの2つの紫外線は降り注ぐ量に違いがあるのも特徴です。

UVAは1年を通して安定して降り注いでいるのに対し、UVBは10~2月にかけて大幅に減ります。これは光の入射角などの問題にもなるのですが、こちらでは割愛します。つまりUVAについては冬場でも対策をする必要があるということです。

SPFとは

必然的にUVカットハンドクリームの効果もUVAとUVBを防ぐ2種類に絞られています。そこで出てくるのが先ほどのSPFとPAなのですが、まずがSPFについてご紹介してきます。

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUVBの防止効果を表す目安の数値です。防止効果を表しているので、その数値が大きいほど効果が高くなると言えます。

例えば「SPF30」という表記だった場合、紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、正確には紅斑(赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、を通常の30倍遅らせることができる、と言う効果を表しています。本来の時間は個人差がありますが、大体15~20分程度です。

これからも分かる通り、UVカットとは言っても完全に遮断することは不可能であり、100%日焼けをしないというわけではないのです。ただし、これで可能な限り日焼けを少なくすることはできるということになります

選び方のポイントとしては、どのような場面で使用するかで数値を見るといいです。例えば通勤や通学、買い物など日に当たる時間がそれほど長くない(3時間以内)場合は30~35程度、3時間以上の屋外レジャーやスポーツの場合は50以上を使うようにするといいです。

(例)通常日焼けに10分かかる人の場合

  • SPF30ならば 10分 × 30 = 300分(5時間)
  • SPF50ならば 10分 × 50 = 500分(8時間20分)

ただUVカットハンドクリームの場合50まで行く商品はないため、1時間以上活動する場合は純粋に日焼け止めを塗るか、SPF50のボディクリームを使うようにした方が賢明です。

PAとは

続いてPAについてです。PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略でUVAの防止効果を表す目安の数値です。これは数値ではなく+の数で4段階に分かれています。

PA値 効果
PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

日焼け対策できるおすすめUVカットハンドクリームランキング

日焼け対策できるおすすめUVカットハンドクリームランキング

それでは以上のポイントを元に日焼け対策できるおすすめUVカットハンドクリームランキングをご紹介してきます。先述したSPFとPAについても記載させていただいているので、購入の際の参考にしてみてください。

>>目的に合わせたおすすめハンドクリームと上手な選び方はコチラ

第1位:ウカ(uka) / Bccハンドクリーム

現在の価格はコチラ

SPF32・PA+++と非常に高いUVカット効果を持つハンドクリームです。ゴールドの微細なパールが光の反射でくすみをカバーし、植物由来成分とアミノ酸成分が肌のキメを整え潤いを与えながら紫外線から手肌を守ってくれます。天然由来原料を約82%配合し、ミントやサンダルウッド、ローズがブレンドされた爽やかで女性らしい香りとなっています。

UVA、UVBとも高いカット率で肌を守ってくれるので文句なしの1位となっています。

第2位:ママラボ(MAMA-LABO) / UVハンドクリーム

現在の価格はコチラ

次点の性能を持つSPF30・PA+++を誇るUVカットクリームです。つけた瞬間から軽い使い心地で、伸びも良くUVカットなのに手肌を滑らかにしてくれるハンドクリームです。保湿成分にヒアルロン酸、シアバター、水溶性コラーゲン、ホホバ油がカサつく手肌に潤いを与えます。

パラベン、着色料、タール系色素、鉱物油のフリーで弱酸性となっているため肌に優しい商品です。数値的に見てもUVカットとしては第2位としておすすめの商品です。

第3位:アルビオン(ALBION) / スーパーUVカット ハンドプロテクション

現在の価格はコチラ

SPF30・PA++と第2位に肉薄する性能を持つUVカットハンドクリームです。透明UVバリアヴェールが日焼けしやすい手肌を紫外線からしっかり守ってくれる手肌専用の日焼け止めクリームです。

豊富な美容成分が肌の奥深くまで浸透し、角層に潤いを与え、バリア機能を高めると同時に手肌をトリートメントします。軽やかな伸び広がりで、ベタつきのない軽やかな使用感です。

第4位:スキンフード(SKINFOOD) / ローズ&シアバター ハンドクリーム

現在の価格はコチラ

SPF25・PA++とこちらも高めの性能を持つスキンフードのハンドクリームです。ブルガリア産ローズの上品で優雅な香りに癒されながら、瑞々しくケアできるハンドクリームとなっています。高いUVカット効果で日焼けしやすい手元を守りながら、しっとりやわらかく保湿します。UVAは第3位と同じくらいのカット能力を持っていますが、UVBはやや劣るので第4位です。

第5位:イービーエス(ebs) / ペンサリー ホワイトハンドクリーム

現在の価格はコチラ

こちらもSPFがやや下がり、SPF20・PA++の能力を持つクリームとなっています。手を美しく保つ高保湿ハンドクリーム。紫外線を防ぎ、高保湿成分でハリのあるみずみずしい手に導きます。エイジングサインが現れやすい手肌の紫外線や乾燥によるダメージを防ぐことに着目した商品となっています。

他にもビタミンCやビタミンE、セラミド、尿素、ヒアルロン酸、シアバターなど10種類の植物エキスを贅沢に配合し、毎日のシミやシワケアをサポートしてくれます。

第6位:ナチュリッスン(NatuListen) / UVハンドクリーム フランボワーズブロッサム

現在の価格はコチラ

第5位と並ぶSPF20・PA++の性能を持つ、1本でUVカットも保湿も出来る、UVカット機能付きのハンドクリームです。うっかり日焼けしやすい手肌の日焼けをガードしつつ、シアバター配合でしっとりした潤いのある手肌に導きます。優しい気持ちになれるフリージアローズの香りが漂います。ただ効果としては5位にやや劣るのでこの順位になります。

第7位:クレ・ド・ポー ボーテ(Clé de Peau Beauté) / クレームプールレマン

現在の価格はコチラ

SPF18・PA++の日焼け止めクリームです。潤いを十分に与え、ソフトで滑らかな手肌に導くハンドクリームです。独自の保湿成分であるイルミネイティングコンプレックス、さらにメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ美白有効成分4MSKも配合されています

肌本来の明るさと透明感を瑞々しくもたらし、輝いた印象の手肌に仕上げてくれます。清々しい華やかなシャクヤクや希少なランなどの香りが漂います。性能的には数値からも明らかなようにSPFがやや落ちるので第7位です。

第8位:ジェーン・アイルデール(jane iredale) / ハンドクリーム

現在の価格はコチラ

SPF15・PA++のハンドクリームです。潤いを保つのはもちろんのこと、紫外線からの保護効果もあり、美容成分をリポソーム化して配合することによって、すっと肌に馴染むのでさらっとした使い心地を実現しています。タイムリリースで肌に供給されるので、一日中スキンケア効果と高い保湿効果が持続します

第9位:エチュードハウス(ETUDE HOUSE) / Oh Happy Day ハンドブーケ リッチビタミン ハンドクリーム

現在の価格はコチラ

1位から考えるとかなり性能として落ちてしまいましたが、SPF15・PA+の性能をもつハンドクリームです。肌のコンディションを整える保湿成分アデノシンとシアバター配合で、手元にリッチなうるおいを。紫外線によって失われる手肌の潤いを保湿ケアし、UVカットするハンドクリームとなっています。それでもUVA、UVBとも効果のあるクリームなので第9位となっています。

第10位:ディオール(Dior) / カプチュール トータルコンセントレート ハンドクリーム

現在の価格はコチラ

こちらはSPF15、つまりUVBにのみ効果のあるUVカットクリームです。たっぷりの潤いを与えてふっくらと柔らかな手元を叶えるハンドクリームです。紫外線による手元のシミの出現からも手肌を守り、日焼けによるソバカスも防ぎます。UVAには効果を発揮できないのでこの順位となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
手に潤いを!乾燥向けハンドクリームおすすめランキング
乾燥向け
ハンドクリーム
ひびやあかぎれ向けハンドクリームおすすめランキング
ひび向け
ハンドクリーム
硬い角質対策!尿素ハンドクリームおすすめランキング
角質向け
ハンドクリーム
掻く前に!痒み止めハンドクリームおすすめランキング
痒み向け
ハンドクリーム
コスパ最強!安いハンドクリームおすすめランキング
低価格
ハンドクリーム