ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

スポンサーリンク

使用目的に合わせたあなたにピッタリなマスクの選び方

使用目的に合わせたマスクの選び方

風邪や花粉、インフルエンザなどなど、1年通して世話になっているマスク。皆さんは自分に合ったマスクをしっかりと選べていますか?自分に合ったマスクじゃないと十分な効果を得られませんし、逆に自分が回りに菌などを撒き散らしてしまうリスクを持つことになります。

最近ではファッションとしても取り入れられているほど、マスクは本当に身近なアイテムです。だからこそ自分の目的の為に正しくマスクを選びたい人は多いはず。ここではそんな使用目的に合わせたあなたにピッタリなマスクの選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

目的に合わせたマスクを選ぶ方法

自分に合ったマスクの選び方

自分に合ったマスクの選び方

目的も大事ですが、まずは自分に合ったマスク選びが大事であることを覚えておいてください。自分にマスクが合っていないとマスクに隙間ができやすくなったり、それによって効果を十分に得られなかったり、長時間付けていられるかどうかにも関わってくる問題です。

つまり自分に合ったマスクを選ばないとマスクをする意味がなくなってしまうんです。もちろん、正しい使い方をする事もた移設なので、「マスクに裏表なんてあるの?」という人は、こちらのページをチェックしておきましょう!

>>マスクの正しい着け方とは?

では、マスクを選ぶときにはどこに気をつければいいのか。自分に合ったマスクかどうかは、主に以下の3つのポイントを確認することが重要です。

  • 自分に合うサイズ
  • マスクの形状
  • マスクの素材

それぞれのポイントについて紹介していくので、自分に合うマスク選びの参考にしてみてください。

自分に合うマスクのサイズ

マスクには「レギュラーサイズ」や「レディーズサイズ」、「子供用」など、これに近しい表現をされたサイズが記載されています。ただこれはあくまで目安なので、本当にサイズが合っているかわからないですよね。

基本的にはマスクに記載されているサイズは以下の数値が目安になっています。

  • 9cm~11cm
    子供用サイズがおすすめ
  • 10.5cm~12.5cm
    小さめのサイズがおすすめ
  • 12cm~14.5cm
    レギュラーサイズがおすすめ
  • 14cm以上
    大きめのサイズがおすすめ

マスクのサイズの目安が分かったところで、サイズの目安に対応する顔のサイズの測り方を紹介します。

  1. 親指と人差し指でL字を作る。
  2. そのままの状態で親指の先端を耳の付け根の1番上の部分に当てます。
  3. 親指を当てたまま、人差し指を鼻の付け根から1cmほど下の部分に当てます。
  4. その時の親指と人差し指の先端同士の距離を測ります。

この測った距離がマスクのサイズを選ぶ目安になります。以下のリンクからマスクのサイズ選びを詳しく解説しているページを確認できます。

>>自分に合ったマスクのサイズを選ぶ方法について詳しくはコチラ

マスクの形状や素材について

マスクのサイズだけでなく、マスクの形状や素材も重要なポイントです。形状や素材にはそれぞれ特徴があるので、自分の好みや目的に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。以下で形状・素材それぞれについて紹介していきます。

形状によって何が違う?

マスクには次のような形状があります。

  • 平型
  • プリーツ型
  • 立体型

平型は昔ながらのマスクであり、天然素材である綿(コットン)を使用しているマスクです。保温・保湿が優れている形状でマスクではありますが、近年では数が減少しています。しかし保湿性に優れているので、美容目的で使用する人も多い根強い人気があるマスクです。

プリーツ型はプリーツがマスクにあしらわれており、少ない面積でも広く表面積を確保できるので高いフィルタリング能力が特徴です。プリーツ状になっているのでサイズ調節が非常にしやすく、口元に空間を作ることもできるので使用感も悪くないです。近年では主流になっているマスクです。

立体型は文字通り立体感のあるマスクで、顔とマスクの間に隙間ができづらい高密着タイプのマスクです。口元に空間がしっかりあることによって会話しやすく、口紅などが付着しづらいメリットもあります。隙間ができづらい分、フィルタリング性能が高い形状のマスクです。

>>マスクの種類について詳しくはコチラ

素材によって何が違う?

素材は以下の2種類が挙げられます。それぞれの特徴について紹介するのでチェックしてみてください。

  • ガーゼマスク
  • 不織布マスク

ガーゼマスクは特に平型マスクに使用されることが多い素材です。綿を織り合わせた昔ながらのマスクではありますが、近年では高性能なフィルターをガーゼマスクに挟み込むタイプのマスクもあります。保湿力が特徴となっているので、美容目的に使われることもあります。

不織布マスクは、繊維を織らずに絡み合わせることによって布にしているマスクです。粒子の捕集力が高く、製造が簡単なので、様々なマスクに活用されている素材です。しかし化学繊維を使用した場合は肌荒れの原因にもなるので、使っている繊維には十分注意してください。

スポンサーリンク

目的・症状に合わせたおすすめマスクと選び方

自分に合うマスクが選べるようになったら、次は目的・症状によってマスクを選んでいきます。目的や症状に合うマスクを選ばないと、しっかりとした効果を発揮することができないので、それぞれ適したマスクを選ぶ必要があります。

以下、目的・症状別でマスクの選び方とおすすめのマスクを紹介しているので、自分の目的・症状のマスクをチェックしてみてください。

花粉症対策マスクの選び方

花粉症対策マスクの選び方

鼻水やくしゃみが本当につらい花粉症。マスクで防げるなら防ぎたいところですよね。花粉症対策をマスクでするためには、花粉をしっかりカットしてくれることと、顔とマスクに隙間が空かないことが非常に重要なポイントになります。

形状が立体型のマスクを選ぶようにしてください。マスクの中でも隙間が空きづらい高密着タイプなので、花粉の侵入をしっかりと防ぐことができます。フィルターの性能も確認するようにしてください。花粉用と記載されている立体形状のマスクを選べば、しっかり花粉対策できます。

>>花粉対策用マスクの選び方について詳しくはコチラ

おすすめの花粉症対策マスク
現在の価格はコチラ

隙間ができやすい鼻部分に隙間を作らない工夫がされている立体マスクが「ユニチャーム 超立体マスク 花粉用」です。選び方通り、立体形状のマスクなので顔とマスクに隙間が空きづらく、花粉をしっかり遮断してくれる高性能フィルターを搭載しています。

長時間付けていても苦にならない通気性と口元の空間も魅力となっている花粉症対策マスクです。

>>花粉症対策マスクのおすすめランキング

インフルエンザ・風邪などのウイルス対策マスクの選び方

インフルエンザ・風邪などのウイルス対策マスクの選び方

自分がかかっても周りに移しても大変な自体になるインフルエンザなどのウイルス問題。移ってからじゃ遅いのでしっかりマスクで対策したいですよね。

風邪、特にインフルエンザ対策のマスクの選び方としては、N95やDS2のマスクを選ぶようにすることが大事です。インフルエンザウイルスの粒子の大きさは0.1μm程度です。N95やDS2は0.1μm~0.3μmの微粒子を95%以上除去してくれる性能であることを示しています。

ウイルス対策をしたい場合はN95やDS2規格の微粒子対策マスクを選んでください。

>>インフルエンザ対策用マスクの選び方について詳しくはコチラ

おすすめのウイルス対策マスク
現在の価格はコチラ

ウイルス対策におすすめなのが「山本光学 N95マスク」です。インフルエンザウイルスの粒子をしっかりとカットできる性能であるN95規格の微粒子マスクなので安心して使用することができます。

個別包装なので衛生的にも安心ですし、コストパフォーマンスにも優れているので、インフルエンザだけでなく風邪予防などにもどんどん使っていける魅力的なマスクです。

>>微粒子対応マスクのおすすめランキング

PM2.5や黄砂などの粉塵対策マスクの選び方

PM2.5や黄砂などの粉塵対策マスクの選び方

PM2.5や黄砂などの粉塵に対策するには、粉塵をしっかりと捕集できるマスクを使用しないと意味がありません。もちろん顔をしっかり密着してくれるマスクというのも前提になります。

PM2.5や黄砂の微粒子をしっかりとカットしてくれる規格であるN95やDS2の粉塵対策マスクを選ぶようにすれば問題ありません。アメリカ・日本での規格をクリアしているマスクなので、使用する時も安心でしょう。

>>PM2.5対策用マスクの選び方について詳しくはコチラ

おすすめの粉塵対策マスク
現在の価格はコチラ

PM2.5や黄砂対策に優れた効果を発揮してくれるのが「山本光学 N95マスク」です。他にも溶接作業や解体作業などにも使用できる幅広さを持っています。個別包装してあるので衛生的に使用できるのにも関わらず、リーズナブルな価格で購入することができるのが魅力となっているマスクです。

頭にかけるタイプのマスクなので耳が痛くなることはありませんし、しっかり固定されている分、動きやすいのも特徴です。N95規格なので性能も申し分ありません。ぜひチェックしていただきたい粉塵対策マスクです。

>>微粒子対応マスクのおすすめランキング

火山灰や地震などの防災対策マスクの選び方

火山灰や地震などの防災対策マスクの選び方

地震の際の粉塵や火山灰に対策するには、N95やDS2規格の粉塵対策マスクを選ぶ必要があります。もちろん火山灰などが侵入しないようにしっかり密閉できるマスクが好ましいです。

そしてマスクの性能ももちろん大事ですが、災害対策なので備蓄しやすいマスクであることも選ぶ上で大事なポイントです。なるべく20枚以上の容量があり、スペースを取らない防塵対策マスクを選んでください。

>>火山灰対策用マスクの選び方について詳しくはコチラ

おすすめの防災対策マスク
現在の価格はコチラ

防災対策マスクを探している人にぜひおすすめしたいのが「3M Vフレックス 防じんマスク DS2」です。DS2の国家検定規格なので粉塵などにしっかりと対応することができます。

それに加えて容量が大きいものもあり、折りたたみ式なので持ち出しやすくスペースもそこまで必要としません。いざという時に役立つ性能と備蓄に向いている特徴を持っているので、防災対策に最適なマスクとなっています。

>>防塵マスクのおすすめランキング

乾燥や肌荒れなどの美容対策マスクの選び方

乾燥や肌荒れなどの美容対策マスクの選び方

秋や冬など乾燥してくる季節になると、肌はもちろんノドも乾燥してしまいマスクを手放せない人もいるかと思います。乾燥や肌荒れに保湿が必要なので、保湿効果があるマスクが適していることになります。

そんな時はガーゼマスクを選ぶようにしましょう。菌などの侵入に関しては不織布タイプのマスクのほうが性能は良いですが、ガーゼマスクは天然素材である綿を使用しているので保湿効果が高いです。

美容目的でガーゼマスクを使用している人も多いので、乾燥や肌荒れが気になる人はガーゼマスクを選ぶようにしましょう。

>>ニキビや肌荒れを防ぐマスクの選びについて詳しくはコチラ

おすすめの美容対策マスク
現在の価格はコチラ

乾燥、肌荒れなどの美容対策にぜひおすすめしたいガーゼマスクが「シャットフィット 立体ガーゼマスク」です。ポリエステルとコットン、高密度フィルター、高性能フィルター、高機能ガーゼを使用した5層構造になったガーゼマスクなので、保湿に優れた特徴を持ちつつも、花粉などもしっかりカットしてくれる優れたガーゼマスクです。

ガーゼマスクで迷ったらこれ一択といっても過言ではないほどおすすめなので、美容対策をしたい人はぜひチェックしてみてください。

>>ガーゼマスクのおすすめランキング

ファッションマスクの選び方

ファッションマスクの選び方

伊達マスクという言葉までできてしまうほど、ファッションとして使用される機会が増えたマスク。柄などのデザイン性が高いマスクや、定番の白ではなく様々な色が付いたマスクもあるので、服装などに合わせて変えることができるようになっています。最近では黒マスクが徐々に流行してきており、服装に合わせやすいだけでなく、マスク自体の性能も良いので愛用している人が増えてきています。

ファッションマスクを選び方で重要なのは「」です。自分の雰囲気や服装に合わせやすい色を選ぶことでうまく活用していくことができます。好きな色だったり自分の服の系統に合う色のマスクを選びましょう。

>>おしゃれで可愛いマスクまとめ

>>最近注目の黒マスクに対する印象や評判

おすすめのファッションマスク
現在の価格はコチラ

ファッションマスクの中でも特におすすめしたいのが、最近注目されている黒マスクの中でも人気の「JIGGYS SHOP B.M 黒マスク」です。知名度が高く、シンプルなデザインなので初めての黒マスクとしてもおすすめできる商品です。

黒自体いろいろな色との相性がいいですし、シンプルなデザインなので服装にも合わせやすいです。価格は少し割高ではありますが、ちょっと特別な時に使用するマスクとして持っておくと面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー