ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

臭いも菌も解決!マスクスプレーの効果と選び方

マスクスプレーの効果と選び方

風邪が流行る時期だけでなく、インフルエンザなどの感染症や花粉の時期に大活躍するマスク。しかし長時間付けていると不快になってきたり、本当に効果があるのか心配になってしまう人もいるかと思います。

そこで取り入れていただきたいアイテムがマスクスプレーです。マスクスプレーを使うとマスクの効果を高めることができる上に、アロマの香りによって長時間使用していても不快になりづらくすることができます。

ここではそんなマスクスプレーの効果と選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

マスクスプレーの効果

マスクスプレーの効果

マスクにマスクスプレーを吹きかけることによって、除菌・抗菌をすることができます。マスクは自分が菌を撒き散らさない為だけでなく、外の菌を体内に入りづらくする為に使用するものなので、マスクに付いている菌を処理したり、寄せ付けないようにすることは非常に効果的です。

それに加えてマスクを長時間付けている人もいるかと思います。電車での移動中や仕事中に使用している人もいることでしょう。長時間装着することによる不快感を軽減する為に、アロマの香りをマスクに付けることができます。アロマによって鼻づまりを予防することもできます。

マスクスプレーがどんなものかによって、風邪だけでなく花粉やインフルエンザなど効果的な対策も変わります。

マスクスプレーの種類

マスクスプレーの種類

マスクスプレーには使い方によって以下の3つに分類することができます。

  • マスクにスプレーするタイプ
  • 顔に直接スプレーするタイプ
  • 塗るタイプ

まず1つ目がマスクにスプレーするタイプがあります。使用するマスクにスプレーすることによって抗菌・除菌することができ、アロマの香りによって長時間の使用でも不快になりづらいのが特徴です。基本的には誰でも使用することができる汎用性が高いタイプといえるでしょう。

2つ目が顔に直接スプレーするタイプです。ちょっとマスクとはニュアンスが違ってきますが、概ねマスクにスプレーするタイプと目的は一緒です。特に花粉対策が目的とされている場合が多く、マスクをする必要がないのが最大のメリットでしょう。

3つ目は塗るタイプです。スプレーではありませんがマスクと併用できる対策グッズとして用途は一緒なので紹介したいと思います。鼻などに直接塗ることによって花粉を軽減する目的のものが多いです。

以上3種類紹介しましたが、やはり汎用性が高いのは1つ目のマスクにスプレーするタイプでしょう。花粉の予防に加えて、感染症の予防まで対策できる幅広さは非常に魅力的だと思います。

マスクスプレーの使い方

マスクスプレーの使い方

使い方は非常に簡単です。マスクに1、2回シュッと吹きかけるだけです。アロマの匂いの強さなどによってどれくらいが適量かは個人差がありますが、マスクスプレーによって違うので調整してみてください。

マスクスプレーを使用する際に注意してほしいのが、マスクの内側に吹きかけないことです。マスクスプレーにはアルコールやアロマ成分などが含まれている為、口などのデリケートな部分に触れない場所にスプレーしてください。中にはアレルギーや敏感肌などの人もいるかと思います。

1番手っ取り早いのはマスクの外側にスプレーすることです。吹きかけすぎなければ口に直接触れることなく、マスクの効果を高めることができます。

スポンサーリンク

マスクスプレーの選び方

マスクスプレーは商品によって適した対策に違いがあります。臭い対策のマスクスプレーを花粉対策に使用しても、もちろん十分な効果を得られないのは当然です。

マスクスプレーにはどんな対策用なのか記載があるので、自分の目的とする対策かどうかしっかり確認した上で選ぶ必要があります。

以下でマスクを使用する上で重要な対策ごとのおすすめのマスクスプレーを紹介しているので参考にしてみてください。

臭い対策におすすめのマスクスプレー

現在の価格はコチラ

マスクを使用していて臭いが気になったことがある人は非常に多いのではないでしょうか?息をすることによって気化した唾液が付着することによって、口臭の原因菌がマスクで増殖し悪臭を出している場合や、細菌やウィルスが増殖して臭くなっている可能性もあります。

そんな臭い対策におすすめのマスクスプレーが「クリスタルヴェール 防菌マスク24 マスク用スプレー」です。持続性防菌成分によって、マスクを着用する前にスプレーするだけで1日中ウイルスや菌の付着を防ぐことが出来ます。

花粉対策におすすめのマスクスプレー

現在の価格はコチラ

花粉の時期に外出となるとマスクを手放せない人も多いかと思います。せっかくマスクをしてるならさらに花粉対策の効果を上げたいところですよね。

そこでおすすめなのが「アレルシャット 花粉 マスクでブロック」です。マスクにスプレーすることによって表面の繊維をナノサイズの超微細な凹凸で覆うことができ、花粉の侵入や付着を防ぐことによって体内に花粉が入らないようにすることができます。

緑茶成分によって嫌な臭いを除去することもできるので、長時間のマスク使用の不快感を軽減することができるマスクスプレーです。

インフルエンザ対策におすすめのマスクスプレー

現在の価格はコチラ

移すのも移されるのも怖いインフルエンザ。特に電車の中など不特定多数が集まる場所ではマスクでしっかり対策したいところですよね。

そこでおすすめなマスクスプレーが「アレルシャット ウイルス マスクでブロック」です。マスクにスプレーするだけでウイルスをしっかりとブロックしてくれます。食品を使用した成分を100%使用しているので口に触れても安心なのが特徴です。

ウイルスの他にも花粉や菌、近年心配されているPM.2.5もブロックしてくれます。抗菌効果によって24時間マスクを清潔に保ってくれるのも魅力的なマスクスプレーです。

マスクスプレーの作り方

なんとマスクスプレーは自作することができます。自分の好きな精油を使うことができるので、効果や香りを自由に決めることができます。

材料(50ml分)

  • 精油:30滴
  • 無水エタノール:30ml
  • 精製水:20ml

マスクスプレーの作り手順

  1. 無水エタノールをビーカーに入れて、精油を入れてゆっくりとかき混ぜる。
  2. そこに精製水を入れて、さらにゆっくりとかき混ぜる。
  3. スプレー容器に移し替えて完成です。

目的に合わせたマスクスプレーを作るポイント!

使用する精油はなにを使ってもいいというわけではなく、どんな対策をしたいかによって適した精油があります。以下で対策別におすすめの精油を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

また、精油を使用する分量は各自調整するようにしてください。上述した量はあくまで目安であり、香りが強く感じたりする人もいるかと思います。出来上がったら1度は自分にとって丁度いい香りかどうかチェックするようにしてください。

臭い対策に効果的なマスクスプレーを作るには?

こんな臭い対策におすすめなのがペパーミントの精油を使用したマスクスプレーです。ばい菌の繁殖を防いでくれるだけでなく、透き通るような香りによって気分展開にも効果があります。

>>精油を探すならコチラ

花粉症対策に効果的なマスクスプレーを作るには?

本当に見ていてもつらい花粉症。様々な対策をしている人も多いかと思いますが、まずはマスクをしている人が多いのではないでしょうか。

その効果を高めてくれるのがユーカリです。花粉症に効果があるだけでなく、鼻水・鼻づまりを抑えてくれます。精油の中でも強めな香りなので、使用する分量には十分注意してください。

>>精油を探すならコチラ

インフルエンザ対策に効果的なマスクスプレーを作るには?

ウィルスが原因になる感染症や咳などの呼吸器系の感染症、新型インフルエンザの時に注目されたのがローズウッドとラヴィンサラです。

インフルエンザ対策以外にも、ローズウッドはデオドラント効果もありますし、ラヴィンサラが刺激が少ない精油なので使いやすいのが特徴です。

>>精油を探すならコチラ

マスクスプレーを作るときの注意点

精油は水には溶けない性質なので、必ず無水エタノールで希釈してから水と混ぜるようにしてください。

パッチテストや禁忌事項について

精油には禁忌事項があり、使用する場合は注意が必要になります。精油の種類によって禁忌事項には違いがあるので、必ず個別で確認するようにしてください。以下で代表的な精油の禁忌事項や注意点を記載しておきます。

  • ラベンダー
    妊娠初期の妊婦・低血圧の人・運転の直前での使用が禁忌事項
  • ペパーミント
    妊娠4ヶ月までの妊婦が禁忌事項・小さい子供や年配の人、体調が悪い人の使用にも注意
  • ユーカリ
    幼児や年配の人の使用・癲癇や高血圧の人の使用も注意が必要

以上の禁忌事項や注意点を確認しつつもパッチテストをする必要があります。パッチテストとは腕の内側などの皮膚が柔らかい部分に、テストしたい素材を塗布して反応を見ることです。

やり方は、精油1滴をスプーン1杯ほどの水で薄めて、腕の内側に塗布してください。なにも変化がなければ使用しても問題ありません。しかし赤くなったり傷み・かゆみなどを感じた場合は使用を控えるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー