ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

立体?防塵?サージカル?マスクの種類について

マスクの種類について

花粉症やインフルエンザの予防目的はもちろん、近年ではファッションアイテムとしても人気が高まっているマスク。しかし、一口にマスクと言ってもさまざまな種類があり、マスクの種類によって目的や効果が異なります。

そこで、たくさんの種類があるマスクの種類について、主要なマスクをご紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんなにある!マスクの種類

花粉症や風邪、インフルエンザの感染予防など はもちろん、唇の乾燥予防やファッションアイテムとしても注目されている「マスク」。しかし、一口にマスクと言ってもさまざまな種類があります。

マスクの種類によって効果や形状、素材などがまったく異なってきます。そこで、マスクの種類についてご紹介しますので、マスク選びの参考にしてみて下さい。

用途別のマスクの種類

用途別のマスクの種類

マスクの用途によってマスクはいくつかの種類に分類されます。私たちが普段使っているマスクは「家庭用マスク」に分類されています。この家庭用マスク以外にもいくつか種類がありますので、その特徴と共にご紹介します。

家庭用マスク

私たちが普段使用しているマスクが「家庭用マスク」という種類です。最も馴染みがあるマスクであり、薬局やコンビニなど至る所で販売されています。風の予防や花粉症対策として利用されることが多く、近年ではファッションアイテムとしても注目されているマスクです。

家庭用マスクの特徴としては、種類が豊富な点です。使われている素材や形状、サイズなどが非常に豊富な点が特徴であり、多くの人のニーズに合わせた多様なマスクがあります。

また、通気性の良さとマスクの性能を左右するフィルター性能のバランスの良さも特徴であり、長時間の使用に適している点が魅力です。

医療用マスク

用途別のマスクの種類としては、次に「医療用マスク」があります。その名の通り医療現場で使用されているマスクであり、「感染防止」の為に使用されるマスクです。「外科」「手術」という意味のある「サージカル」という言葉を用いて、「サージカルマスク」とも呼ばれています。

サージカルマスクは家庭用と比べると、非常にフィルターの目が細かいのが特徴です。医療従事者や患者を感染から守るために、「微粒子」「ウイルス」「血液などの液体」から保護する目的で使用されるマスクです。

産業用マスク

マスクの用途別の種類としてはもう一つ、「産業用マスク」という種類があります。産業用マスクとは、主に工場や現場作業で使用されるマスクであり、防塵対策として使われています。その用途から「防塵マスク」や「工業用マスク」とも呼ばれています。

粉塵やアスベスト等の吸入防止を目的としたマスクであり、粉塵の性質や量によって口と鼻を覆うマスクから顔全体を覆うマスクまで種類があります。

また、有毒なガスに対応するための「防毒マスク」も大きくはこの産業用マスクに分類されます。

マスクの形状による種類

マスクの形状による種類

マスクと一口に言っても形は様々であり、マスクの形状によっていくつかの種類に分類されています。医療用マスクや産業用マスクにも形状による種類がありますが、ここでは私たちが最も利用するであろう家庭用マスクの形状によるマスクの種類と特徴をご紹介します。

平型マスク

平型マスクとは、昔からある伝統的なマスクの種類です。鼻や口を覆う部分が平らなマスクです。平型マスクは高い保温性と保湿能力が特徴のマスクであり、天然素材である「綿織物」が使用されているのも特徴です。

マスクの本来の目的である「飛散防止」にはもちろん効果的ですが、ほかにも睡眠時や空調が効いた部屋での乾燥からのどの粘膜を守る効果も期待できます。古くからあるマスクの種類ですが、近年では新たな形状のマスクに押されて数が減少しています。

プリーツ型マスク

全面がプリーツ状になっているマスクを「プリーツ型マスク」と言います。「プリーツ」とは、アコーディオンのような形状のことであり、空気清浄機のフィルターにも用いられています。少ない面積の中に表面性を増やすことができるのが特徴であり、優れたフィルター効果を期待できます。

また、サイズ調整が容易であり、口の動きにも柔軟に対応してくれます。ですのでマスクをしたまま話してもマスクがずれにくいのも魅力です。マスクと口の間に空間ができるので、呼吸がしやすいという特徴もあります。この利点の多さから近年では主流になっているマスクの種類です。

立体型マスク

マスクと言えば平面のデザインが当たり前でしたが、人間の顔の形に合わせた立体的なマスクが「立体型マスク」です。フィット感の良さが最大の魅力であり、マスクと口に隙間ができるので呼吸のしやすさやしゃべりやすさが特徴です。

唇とマスクが接触しないので口紅移りが少なく、女性に人気が高いマスクの種類です。

マスクの素材による種類

マスクの素材による種類

マスクに使われている素材によってもいくつかの種類に分類されています。医療用マスクや産業用マスクにも素材による種類はありますが、ここでは私たちが最も利用するであろう家庭用マスクの素材によるマスクの種類と特徴をご紹介します。家庭用マスクの素材による種類は大別すると以下の2種類に分類されます。

ガーゼマスク

古くからある伝統的なマスクの種類が「ガーゼマスク」です。ガーゼマスクとは、綿織物を重ね合わせたマスクを指します。近年では特殊なフィルターも入れて、機能性を高めているガーゼマスクも多いです。ガーゼマスクは天然繊維である綿織物が使用されているので、保湿力の高さが特徴です。

不織布マスク

不織布とは、その名の通り繊維を織らずに絡み合わせて布状にしたものを指します。不織布は安価に工業的に作成が可能なのでマスク以外にもおむつや生理用品にも使用されています。不繊維マスクは粒子の補集力や通気性に優れている点が特徴であり、作成が容易なので厚みや形状など様々なマスクがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー