ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

N95マスクとは?効果や使い方

N95マスクとは?

近年よく耳にするようになったマスク「N95マスク」。新型インフルエンザの流行やPM2.5問題、放射能のリスクからN95マスクの注目度が上がっています。

そもそもN95マスクとは何でしょうか?N95マスクの特徴や効果、注意点などについてご紹介します。

スポンサーリンク

N95マスクとは?

N95マスクとは?

N95マスクとは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格を満たし、認可されたマスクを指します。米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格とは、フィルターで最も捕集しづらい「0.3μmの粒子」を95%以上捕集できなければ認められない厳しいものです。

粒子状の物質の吸入防止のために用いられており、元々は製造現場等で使用されていたマスクです。しかし、結核やSARSの感染防止に効果が認められ、現在ではN95マスクは医療従事者にも積極的に用いられています。

N95マスクとDS2マスクの違いは?

N95マスクは前述した通り、フィルターで最も捕集しづらい「0.3μm~0.5μmの粒子」を95%以上捕集する能力が求められます。この他にも、呼気の抵抗やフィット感もチェックされます。

この規格を定めているのが「米国労働安全衛生研究所(NIOSH)」です。米国労働安全衛生研究所(NIOSH)にはN95規格以外にも、微粒子を99%以上捕集する「N99規格」や微粒子を99.97%以上捕集する「N100規格」という規格もあります。

対するDS2マスクとは、日本の厚生労働省が定めた規格です。厚生労働省が定めた国家検定をパスした防塵マスクは12区分に分けられますが、その1つの規格がDS2です。

DS2は日本の規格の中でも最もN95マスクに近い物であり、性能的にはほぼ同等と考えて問題ありません。きちんと着用すれば、インフルエンザや結核、PM2.5の感染予防に優れた効果を期待できます。

>>N95?DS2?防塵マスクの規格区分について

N95マスクはインフルエンザや結核に効果的?

結論から申し上げると、N95マスクはインフルエンザや結核の感染予防に非常に効果的と言われています。そのため、日本政府が公布した「新型インフルエンザ対策ガイドライン」にも、「新型インフルエンザの患者への接触が多いと考えられる医療従事者については、N95マスクのような密閉性の高いマスクの着用が勧められる」とN95マスクの着用を推奨しています。

また、アメリカにおいてもN95マスクは「医療施設における結核菌感染対策のための
ガイドライン」で定められた「呼吸器感染防護器具」に認められており、医療従事者への感染予防のために装着を推奨されています。

このように、各国でN95マスクの結核やインフルエンザの予防効果が認められており、装着が推奨されています。しかし、注意しておきたいのは、N95マスクで感染を100%予防することは出来ないという点です。

N95マスクはフィルターの性能を規格によって定められていますが、顔とマスクの密閉性は定められていません。ですので、装着方法やサイズが間違っておれば、隙間が生まれます。

また正しく着用していても、完全に密閉することは困難であり、やはり100%防げるとは言い切れません。N95マスクは優れた効果を発揮しますが、過信しすぎないようにご注意ください。

N95マスクは放射能に効果的?

東日本大震災以後、放射能に関して非常に神経質になっている方も多いと思います。原発から離れた地域ででも、風に乗ってかなりの広範囲に放射性物質が拡散されていると言われています。

そこで、呼吸によって放射性物質を吸い込み、内部被ばくをリスクを下げるために、マスクの効果に注目が集まっています。特に注目されているのが「N95マスク」です。N95マスクは前述した通り、0.3マイクロメートルの粒子を95%以上取り除ける性能を有しています。

そこで問題となるのは、拡散している放射性物質の大きさです。チェルノブイリで飛散した放射性ヨウ素は「0.3~1.0マイクロメートル」の大きさが多かったと言われています。また、核実験での研究報告からは「1.0~10マイクロメートル」の大きさの放射性物質が多かったと言われていることから、N95マスクには一定の効果が期待できます。

しかし、放射性物質の粒子にはさらに小さいものも多く、マスクの効果について懐疑的な専門家もいます。ですので、N95マスクの放射性物質への効果については断言できませんが、粒子の大きさから考えると一定の効果は期待できるのではないでしょうか。

N95マスクの使用期限について

N95マスクにも使用期限があります。使用期限を過ぎたマスクは、その性能を100%発揮できない可能性があります。メーカーや種類によっても様々ですが、一般的なN95マスクの使用期限は製造から3年から5年と言われています。

ですので、災害対策として非常袋に常備されている方はN95マスクの使用期限にはご注意ください。また、安売りとして販売されているN95マスクの中には使用期限が近い物もありますので、購入の際にはご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー