ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

微粒子対応マスク(N95・DS2)のおすすめランキング

微粒子対応マスクおすすめランキング

近年問題視されているPM2.5対策として注目されているのが微粒子対応マスクです。普通のマスクよりも細かい粒子をしっかりとカットしてくれるマスクで、黄砂やインフルエンザなどのウイルス対策にも用いられている特徴があります。

アメリカや日本の規格であるN95やDS2をクリアしているマスクなので、安心してPM2.5対策に望めるアイテムとなっています。ここではそんな微粒子対応マスクのおすすめランキングを紹介していきます。

スポンサーリンク

N95とDS2のマスクってなに?

N95とDS2のマスクってなに?

N95マスクとは、近年のPM2.5対策として注目されているマスクです。米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めたN95規格をクリアしたマスクのことで、N95規格は「N」は耐油性がないという意味、「95」は0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能という意味を持っています。(μm=マイクロメートル)

このアルファベットと数字の組み合わせによって9種類の規格が存在します。例えば「耐油性があり、0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能」を持つ規格はR99規格ということになります。

同じようにDS2マスクがありますが、DS2は日本の厚生労働省が定めた規格であり、性能はN95マスクと同等です。なので微粒子対応マスクを選ぶ時はどちらのマスクでも問題ありません

用途としてはフィルターが非常に高性能なので、近年問題となっているPM2.5対策をすることができます。もちろんウイルスや花粉対策もすることができますので幅広い目的に対応することができます。しかし高性能なので普通のマスクよりも息苦しく感じるので、長時間の使用は少し難しいかもしれません。

中にはN99など更に性能が高いフィルターもありますが、フィルターが細かい分より一層息苦しく感じやすいので、特別な理由がない限りはN95やDS2マスクの使用で問題ありません

さらにN95やDS2の規格を詳しく知りたい人は以下のリンクをチェックしてみてください。

>>防塵マスクの種類と規格区分について詳しくはコチラ

微粒子対応マスクのおすすめランキング

PM2.5や黄砂だけでなく、インフルエンザなどのウイルス対策も可能な微粒子対応マスク。最近では災害用の備蓄品として購入する人も多く、注目されているマスクです。

以下で性能や人気、コスパなどを元に微粒子対応マスクのおすすめランキングを用意しました。どの微粒子対応マスクにしたらいいか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

第1位:山本光学 N95マスク

現在の価格はコチラ

N95規格をクリアしており、PM2.5から花粉やインフルエンザ対策まで幅広く使用できる微粒子対応マスクが「山本光学 N95マスク」です。個別包装されているので、衛生的に使用できる人気の微粒子対応マスクです。

耳にかけるタイプのマスクではないので耳が痛くなることがありませんし、ヒモも調節できるのでしっかりとフィットさせることが可能です。隙間ができやすい鼻周辺にパッドが付いています。

性能はもちろんですが、微粒子対応マスクの中ではリーズナブルな価格になっている点が決めてとなり、おすすめランキング第1位としました。

第2位:3M Vフレックス 防じんマスク DS2

現在の価格はコチラ

微粒子用マスクで人気・知名度共に高い3M社が展開している「3M Vフレックス 防じんマスク DS2」をおすすめランキング第2位としました。N95規格と同等の性能である、厚生労働省のDS2規格をクリアしている微粒子対応マスクです。

折りたたみ式なので持ち出しやすいですし、PM2.5対策以外にも災害用の備蓄として購入する人多いようです。耳にかけるタイプではないのでヒモで耳が痛くなることもありませんし、レギュラーサイズとスモールサイズがあるので、男性だけでなく女性や子供にも適したサイズを選ぶこともできます。

第3位:ラムダライン DS2使い捨て式防じんマスク

現在の価格はコチラ

国産の安心感が魅力のDS2規格の微粒子対応マスクが「ラムダライン DS2使い捨て式防じんマスク」です。耳にかけるタイプではないのでヒモで耳が痛くなることがなく、個別包装なので衛生的に使用することができるのが特徴です。

鼻の部分にクッションがあるので隙間ができづらく、しっかりと顔にフィットしてくれます。ヒモを調節できるので好みのサイズ感にすることも可能です。PM2.5対策はもちろんインフルエンザ対策などでも活用できる微粒子マスクです。

第4位:MOLDEX N95マスク

現在の価格はコチラ

ウイルス対策マスクであり、N95規格をクリアしている微粒子対応マスクが「MOLDEX N95マスク」です。立体4層構造になっているので、しっかりと顔にフィットしつつも酸欠にならないように工夫が施されている微粒子対応マスクです。

耳にかけるタイプではないのでヒモで耳がいたくなることもなく、普通サイズの他にも女性・子供用のサイズもあるので適したサイズを選びやすくなっているのも特徴です。見た目がいかにもという感じなので人によっては苦手と思う人もいるようですが、確かな性能を持っている微粒子マスクとしておすすめランキング第4位としました。

第5位:3M 8210 N95マスク

現在の価格はコチラ

リーズナブルで手軽に微粒子対応マスクを用意したい人におすすめなのが「3M 8210 N95マスク」です。普通のマスクよりも価格が高い微粒子対応マスクの中ではコストパフォーマンスに優れているので、PM2.5やインフルエンザ対策の他にも災害用の備蓄品としてもおすすめできる微粒子対応マスクです。

型崩れしにくいカップタイプのマスクであり、顔にしっかりフィットしつつも柔らかい感触になっています。ヒモが頭にかけるタイプなので耳が痛くなることもないので、付け心地に優れた微粒子マスクです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー