ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

赤ちゃんのマスクはいつから?おすすめと選び方

赤ちゃんのマスクについて

風邪などの心配が絶えない赤ちゃんにマスクが必要かどうか考えたことがあるママパパも多いのではないでしょうか?赤ちゃんにもマスクをさせた方がいいような気がしますが、でもあまりマスクしてる赤ちゃんって見かけることがないですよね。

赤ちゃんにはマスクが必要なのか、マスクをさせるならいつからがいいのか。ここではそんな赤ちゃんのマスクのおすすめと選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんのマスクの必要性

赤ちゃんのマスクの必要性

まず赤ちゃんにマスクは必要かどうかということですが、これはママパパによってかなり意見が分かれるようです。大人と同じように外からウイルスや菌をもらわないようにマスクをさせる人もいるようですし、呼吸の邪魔になるという観点からさせない人もいます。

病気の予防という点ではマスクをするに越したことはありません。外出をした時など、不特定多数がいる場所ではどうしてもウイルスや菌をもらってしまう可能性があるからです。

賛否両論なのでここで断定することは難しいですが、赤ちゃんの安全を確実に配慮できるならマスク着用は有効ですし、心配だからマスクはさせたくない人はマスク以外の方法で赤ちゃんをウイルスや菌から守ってあげる必要があります。

中にはマスクをさせると嫌がる赤ちゃんも多いです。無理に着用させると呼吸困難などの事故にも繋がる可能性があるので、嫌がっていたら使用は控えるようにしましょう。

反対派が多数?

赤ちゃんにマスクをさせることは賛否両論ありますが、筆者が調べた上では反対派がかなり多いように感じました。病気の予防などももちろん赤ちゃんにとっては非常に重要なことですが、それよりもマスクを着用した時の安全性という点で反対している人が非常に多かったです。

実際に赤ちゃん用のマスクを販売しているメーカーがありますが、使用には十分に注意するように記載があります。このようにやはり安全面で心配する人が多いようなので、もし使用する場合は十分に注意する必要があります。

反対派が多い現状ではありますが、病気の予防の点ではするに越したことはありません。もし使用する場合は商品の注意事項はもちろん、使用したことがある人や親御さんに相談した上で使用するようにしましょう。

中には兄弟がしているからという理由で、マスクをしたいと駄々をこねる赤ちゃんもいるようです。そういった時は一時的にマスクを与えるママパパも多いようですので、ケースバイケースですが安全への配慮は忘れないようにしましょう。

赤ちゃんのマスクはいつから?

赤ちゃんはいつからマスクをするのがいいのかについては、メーカーが販売している赤ちゃん用マスクは1歳半以上を目安としています。新生児だとマスクをどのように使用するのかわからず危険を伴う場合があります。ずっと赤ちゃんだけを凝視するわけにもいかないですよね。

まずは目安を1歳半以上とし、使用する場合は吐き戻しなどをした時に気付けるように十分に注意を払ってください。特に赤ちゃんが寝る時のマスクは非常に危険です。場合によっては呼吸困難になる可能性もあります。

使用する赤ちゃんの状態や状況をしっかりと確認した上で、マスクを着用してあげるようにしてください。

赤ちゃんのマスクのおすすめと選び方

赤ちゃんのマスクを選ぶ場合は、まず新生児か1歳半以上かで判断する必要があります。

現在市販されている赤ちゃん用マスクは、対象年齢が1歳半以上になっているので新生児では使わないのが好ましいです。新生児には直接マスクは危険なので以下で紹介しているベビーカーで使用するバギーマスクを選ぶようにしましょう。

1歳半を迎えた赤ちゃんは、市販されている赤ちゃん用マスクの対象年齢になるので導入してみてもいいかもしれません。しかし呼吸困難の可能性もあるので安全に使用できてるか注意する必要がありますし、寝る時は危険なので外すように心掛けてください。

それぞれのおすすめのマスクを紹介しているので、以下の商品を参考にしてみてください。

一歳半以上向け

現在の価格はコチラ

対象年齢が1歳半以上の赤ちゃん用マスクがピジョンの「はじめてのマスク」です。呼吸がしやすいように口の周りがドーム型になっており、張り付かないようになっているので赤ちゃんの呼吸の邪魔にならないようになっています。

内側は刺激が少ないように肌触りがよくなっており、耳が痛くならないように紐も工夫されています。着用させても赤ちゃんが嫌がらないと評判になっているのが魅力のマスクです。

新生児向け

現在の価格はコチラ

普通のマスクとは違いますが、新生児向けにベビーカーで使用できるマスクが「バギーマスク」です。新生児が使用できるマスクがない上に、普通のマスクをさせると呼吸困難などの危険が伴います。

しかしバギーマスクならそんな心配もありません。外出先で不特定多数の人がいる中でも花粉や微粒子、細菌をしっかりとブロックすることができます。通気性も考慮されているので赤ちゃんに対する負担も軽減されています。

目安としては1週間の使いきりになっているのでランニングコストはそこまで悪くはありません。よく赤ちゃんを連れて外出する人必見のマスクです。

スポンサーリンク

マスク以外で赤ちゃんの風邪予防する方法

赤ちゃんのマスク以外の風邪予防方法

危険が伴う赤ちゃんのマスク使用。病気を予防する視点からすればさせたい、でも危険があるからさせたくない葛藤があるママパパもいるかと思います。

そんな時はまずマスクをしなくても風邪などから予防できる方法を実践してみましょう。

まずひとつは大人がマスクをすること。大人がしっかりとマスクをしていれば病気になることもなく、家に帰った時に菌をばら撒くことも予防できます。もし風邪になったとしてもマスクをすることによって菌を撒き散らすリスクを軽減できます。赤ちゃんにウイルスや菌を寄せ付けないようにすることが大切です。

2点目はバギーマスクの使用です。赤ちゃんの口を直接覆うことなく、花粉や細菌から守ることができるので、外出するときは積極的に導入するようにしましょう。特に花粉などは衣類に付着するので、家に花粉を持ち帰ってしまうことを防ぐことができます。

3点目はなるべくおんぶして外出しないようにすることです。ベビーカーにずっと座らせることができない状況の時、特に電車に乗った場合などは、おんぶしてしまうと赤ちゃんの近くにどんな人がいるのか確認しづらいですよね。しっかりと周囲が確認できるようにおんぶではなく前で抱っこしてあげるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー