ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

インフルエンザ対策におすすめのマスクと選び方

インフルエンザ対策におすすめのマスクと選び方

毎年冬になると猛威を振るう「インフルエンザ」。急激な体温の上昇と全身に倦怠感が襲う病気であり、日本では毎年約一千万人が感染していると言われています。予防接種や手洗いうがいなど予防を心がけていても、流行することが多い感染力の強い病気です。

そんなインフルエンザ対策に効果的なマスクの選び方と、おすすめのマスクをご紹介しますので、マスク選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

インフルエンザ対策としてのマスクの選び方

インフルエンザ対策としてのマスクの選び方

毎年猛威を振るうインフルエンザ。40度近い高熱に見舞われることが多い病気であり、軽症で回復するひともいますが、肺炎や脳症を併発し重症化する人も少なくありません。予防接種や手洗いうがいなど、毎年積極的な予防を促しているにもかかわらず、毎年日本だけで1000万人以上が感染しています。

インフルエンザに感染してしまうと、高熱に見舞われるだけではなく、周囲に移さないように仕事や学校を1週間程度休む必要があります。そんなことにならないように、しっかりとした予防や対策が求められます。

そこで、ここではインフルエンザ対策としてマスクに注目し、インフルエンザ対策に効果的なマスクの選び方をご紹介します。

インフルエンザの感染経路

まずは、インフルエンザを対策するために重要なインフルエンザの感染経路についてご説明します。インフルエンザの感染経路は以下の3通りです。

  1. 空気感染
  2. 飛沫感染
  3. 接触感染

まず、空気感染とは、空気中に漂うインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染するということです。飛沫感染とは、咳やくしゃみによって飛沫、つまりしぶきが飛び散って感染するということです。最後に接触感染ですが、これはウイルスのある場所を触った手で粘膜を触ることによって感染するということです。

これらの経路によってインフルエンザは感染します。しかし、インフルエンザにおいては空気感染で感染する可能性は非常に低いと言われています。政府広報でもインフルエンザの感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」の2通りがあると説明しており、空気感染については言及していない程です。

ですので、インフルエンザ対策としては「飛沫感染」と「接触感染」に注意が必要です。

インフルエンザウイルスの大きさ

次に、インフルエンザウイルスの大きさについてですが、インフルエンザウイルスは普通の細菌よりも小さく、0.08~0.12μmと言われています。これは一般的な家庭用マスクのフィルターよりも大幅に小さく、簡単に通り抜けてしまう大きさです。

ここでは、「インフルエンザウイルスは普通のマスクでは簡単に通り抜ける」ということだけ覚えておいてください。

インフルエンザ対策用マスクの選び方

では、インフルエンザ対策にはどのマスクを選べばよいかについてご説明します。まずは空気感染についてですが、インフルエンザウイルスは非常に小さく、「N95」で想定している大きさよりも小さいので、マスクによる除去は期待できません。しかし空気感染はインフルエンザの感染経路としては弱く、考えにくい感染経路と言われています。

次に、接触感染についてですがこれはどのマスクでも関係ありません。口や鼻の粘膜とウイルスの接触を断っていても、手にウイルスが付いた状態で鼻や口を触ってしまえば意味がありません。手洗いは積極的に行い、マスクを触ったら手を洗う習慣も付けておきましょう。

飛沫感染についてですが、ウイルス自体は小さいものの、「飛沫」は大きいので、これはマスクで防げる可能性が高いです。この時のマスクは、どんなマスクでも基本的には問題ありませんが、家庭用マスクの中でも目の細かい不織布マスクの方がおすすめです。

もちろん、N95マスクのような医療従事者向けのマスクの方がより効果的ですが、コストパフォーマンスや付け心地などを総合的に勘案すると、「使い捨ての不織布マスク」がインフルエンザ対策としては最も優れたマスクであると考えます。

もちろん、マスクはインフルエンザの感染を完璧に防ぐものではありません。ですので、手洗いうがいや予防接種などのインフルエンザ対策と合わせて、補助的に利用してみて下さい。

おすすめのインフルエンザ対策マスク

現在の価格はコチラ

インフルエンザ対策としては、コスパに優れた使い捨て不織布マスクの「快適ガードさわやかマスク」がおすすめです。付け心地が良い点が魅力のプリーツマスクであり、長時間の着用でも苦になりません。

コスパの良さも魅力であり、1枚換算すると10円程度と非常にリーズナブルなマスクです。インフルエンザの飛沫感染の予防という観点からは非常に効果的なおすすめのマスクです。

どのくらい用意すればよい?マスクのストック量は?

マスクがインフルエンザ対策に効果的な理由は前述した通りですが、ではどのくらいの量のマスクを用意しておけば良いのでしょうか?毎日使う方などは、もちろんそれなりの枚数が必要ですが、備蓄量としては国は一人25枚の備蓄を呼び掛けています

これは災害やパンデミックに備えたものですが、このくらいあれば急場は凌げるのではないでしょうか。また、事業所には1人8週間分の備蓄が望ましいと言われているので、約2か月分用意しておけば、困ることが少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー