ぴったりのマスクが見つかる
ピントルのマスク専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー

風邪やインフルエンザに対するマスクの効果とは?

マスクの効果について

風邪の予防やインフルエンザ対策としてマスクをしている人が多いと思います。しかし、「マスクには風邪やインフルエンザに効果がない」という意見や、「マスクには優れた予防効果がある」という意見を聞いたことがあると思います。

何となく効果がありそうだからしているが、マスクには効果があるの?と思っている人も多いと思います。そこで、風邪やインフルエンザに対するマスクの効果についてご説明します。

スポンサーリンク

風邪・インフルエンザ対策としてのマスクの効果

マスクの効果

日本の冬の風物詩と言っても過言ではない程、多く見かけるようになったマスク姿の人。風邪の予防やインフルエンザ対策として多くの人がマスクをしています。しかし、疑問に思ったことはありませんか?「マスクって効果はあるの」と。

「マスクには風邪やインフルエンザ対策として効果がある」という意見も、「マスクには風邪・インフルエンザ対策の効果はない」という意見も多く、多くの人はマスクの効果については良く分かっていないと思います。そこで、風邪やインフルエンザ対策としてのマスクの効果についてご説明します。

マスクのフィルターはウイルスに無意味?

まずは、マスクのフィルター効果についてご説明します。インフルエンザや風邪などのウイルスは非常に小さく、普通の顕微鏡では見えないほどの小ささです。具体的には、インフルエンザウイルスの大きさは0.08~0.12μmと言われています。

これは一般的な家庭用マスクのフィルターよりも大幅に小さく、簡単に通り抜けてしまう大きさです。ですので、マスクをすることによって空気中のインフルエンザウイルスや風邪のウイルスを防ぐことは出来ません

では、なぜ予防のためにマスクが良いとされているのかというと、息による水分の結露などがマスク内側にたまり、通り抜けてきたウイルスを足止めするからであり、マスク自体がウイルスの侵入を防ぐという効果はないのです。

マスクには「漏れ」もある

しかも、マスクには「漏れ」もあります。完全に密閉されている訳ではないので、鼻周辺や顎まわりなどのフィルター部分以外からの隙間からウイルスや細菌、花粉が侵入してきます。その漏れ率はマスクによって異なりますが、ほとんどの家庭用マスクで50%以上だったという実験結果もあります。

ですので、マスクによってインフルエンザや風邪などの空気感染を予防する効果はないと考えられます。ただし、適切なサイズ選びをして正しく使えば効果は高まるともいえるでしょう。

>>自分にあったサイズのマスクを選ぶ方法

インフルエンザの感染経路とマスクの効果

次に、インフルエンザの感染経路についてご説明します。インフルエンザの感染経路は以下の3通りです。

  • 空気感染
  • 飛沫感染
  • 接触感染

空気感染とは、空気中に漂うインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染するということです。飛沫感染とは、咳やくしゃみによって飛沫、つまりしぶきが飛び散って感染するということです。最後に接触感染ですが、これはウイルスのある場所を触った手で粘膜を触ることによって感染するということです。

これらの経路によってインフルエンザは感染します。しかし、インフルエンザにおいては空気感染で感染する可能性は非常に低いと言われています。政府広報でもインフルエンザの感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」の2通りがあると説明しており、空気感染については言及していない程です。

ですので、インフルエンザ対策としては「飛沫感染」と「接触感染」に注意が必要となります。

マスクは飛沫感染対策や感染拡大に効果的

空気感染には効果が無かったマスクですが、「飛沫感染」と「接触感染」には非常に効果的です。マスクによって粘膜のある鼻と口が保護されている為、ウイルスが粘膜に侵入するリスクを大幅に下げることが出来ます。マスクのフィルターはウイルス単体であれば簡単に通してしまいますが、飛沫は止めることが出来ますので飛沫による感染には効果が期待できます。

マスクは「飛沫感染」と「接触感染」には非常に効果的ですが、マスクの表面にはウイルスが付いている可能性が高いので、マスクを触ったら手を洗うことと、外し方には注意してください。

>>マスクの正しい使い方はコチラ

暖かく湿った空気が重要な効果

風邪やインフルエンザ対策としてのマスクの効果としては、もう1つあります。それは先ほど簡単に説明しましたが「暖かく湿った空気」です。マスクを付けると、鼻や口を通る空気が暖かく湿ります。これが風邪やインフルエンザの予防に非常に効果があります。

なぜ風邪やインフルエンザが冬に流行するかはご存知ですか?いくつか理由はありますが、大きな理由の1つが「ウイルスは冷たく乾燥した気候を好む」からです。ウイルスを覆っている膜は脂質が多く含まれている為、気温が低いと固まって安定します。逆に気温が高いと人間に感染する前に膜が溶けてしまい、ウイルスが死滅してしまうと考えられています。

また、冬は人間の抵抗力が落ちるのも大きな原因の1つです。外気が乾燥すると、粘膜も乾燥しやすく、異物の排出や免疫力の低下に繋がります。これらの理由から、冬に風邪やインフルエンザが流行するのです。

マスクは保温・保湿効果が高い

上述した通り、風邪やインフルエンザの予防には「保湿と保温」が効果的であり、保湿と保温にはマスクが非常に効果的です。マスクによって鼻やのどの粘膜を温かく潤いのある状態に保つことが出来れば、ウイルは弱体化するとともに、免疫力を落とさないので感染する確率を下げることが出来ます。

マスクの保温・保湿効果は風邪やインフルエンザの予防に非常に効果的です。この効果によって、マスクは風邪やインフルエンザといったウイルス予防だけでなく、顔の保湿を兼ねて美容目的で使用しているという人もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
メガネ
メガネ
曇らないマスク
マスクの着け方
マスク
着け方
マスクのサイズ選び
マスク
サイズ選び
コスパで選ぶマスク
コスパ重視
おすすめマスク
マスクスプレー
効果倍増?
マスクスプレー