あなたの風邪は喉から?鼻から?
ピントルの風邪薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ

風邪症状に効く有効成分とは?市販の風邪薬の成分まとめ

市販の風邪薬の有効成分と特徴

風邪を引いた時に、薬局で販売されている風邪薬を購入される方は多いと思います。

「総合感冒薬」をはじめ、「のどの痛みや発熱」「鼻水・鼻づまり」「咳やくしゃみ」など症状に応じた種類の風邪薬がたくさん販売されているので、どれを購入すればいいのか迷う方も多いと思います。

風邪薬のパッケージに有効成分が記載されていますが、今回は風邪薬の有効成分についてご紹介します。

スポンサーリンク

総合感冒薬(総合風邪薬)とは?

総合感冒薬(総合風邪薬)とは?

総合感冒薬とは、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳・たん・発熱・のどの痛みといった風邪を引くことで生じるすべての症状に合わせた成分が複数配合されています。

風邪を引いた際にどれを選べばいいのか迷う方も多いと思いますが、この「総合感冒薬」はすべての症状に効果があるので、迷わずに購入することができます。

総合感冒薬の中には、生薬成分や漢方を配合している総合感冒薬もあります。あらゆる症状に効果のある成分を含んでいるので、家庭の常備薬として購入していると風邪を引いた時にすぐ飲むことが出来るのでオススメです。

風邪薬の有効成分一覧表

まずは総合感冒薬に入っていることの多い、風邪に有効な成分について一覧で見ていきましょう。

区分 成分 効用
解熱鎮痛剤 アセトアミノフェン 発熱やのどの痛み
アスピリン系
エテンザミド
サリチルアミド
イブプロフェン
イソプロピルアンチピリン
抗ヒスタミン マレイン酸クロルフェニラミン くしゃみ
鼻水
鼻づまり
フマル酸クレマスチン
マレイン酸カルビキサミン
鎮咳剤 リン酸ジビドロコデイン
臭化水素酸デキストロメトルファン
ヒベンズ酸チペピジン
クエン酸チペピジン
ノスカピン
交感神経興奮剤 塩酸メチルエフェドリン 気管支拡張
去痰剤 グアヤコールスルホン酸カリウム
中枢神経興奮剤 無水カフェイン 頭痛
生薬成分 カンゾウ
麻黄
ケイヒなど

最強とも思える総合感冒薬ですが、限られた症状だけがある時に総合感冒薬を飲むと、余計な成分も含まれているので注意しなければなりません。薬には副作用というものがつきものなので、なるべく必要な成分だけ取り入れられる方がオススメです。

>>実は怖い?風邪薬で起こりやすい副作用と対処法

そのため、風邪を引きはじめて病院がお休みだったり仕事を休めない時などは総合感冒薬を飲んで対処し、症状が限られている時にはその症状に合わせた風邪薬を購入して服用するようにするといいですよ。

ここからは、総合感冒薬に含まれる成分と、その成分がどういう症状に効果があるのかご紹介します。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは、非ピリン系の解熱鎮痛剤です。抗炎症・鎮痛・解熱作用があり、発熱のどの痛みといった症状を改善する効果が期待されます。胃に負担があり、湿疹や悪心、めまい、ふらつき、貧血などの副作用があります。

アスピリン系

アスピリン系は、ピリン系の解熱鎮痛剤です。抗炎症・鎮痛効果が高いので、発熱のどの痛みといった症状を改善する効果が期待されますが、ショックやアレルギーを起こしやすいとも言われています。

エテンザミド・サリチルアミド

エテンザミド・サリチルアミドは、非ピリン系の解熱鎮痛剤です。抗炎症・鎮痛・解熱作用があり、発熱のどの痛みといった症状を改善する効果が期待されます。胃に負担があり、湿疹や悪心、めまい、ふらつき、貧血などの副作用があります。

イブプロフェン

イブプロフェンは、非ピリン系の解熱鎮痛剤です。抗炎症・鎮痛・解熱作用があり、発熱のどの痛みといった症状を改善する効果が期待されます。胃に負担があり、湿疹や悪心、めまい、ふらつき、貧血などの副作用があります。

イソプロピルアンチピリン

イソプロピルアンチピリンは、ピリン系の解熱鎮痛剤です。抗炎症・鎮痛効果が高いので、発熱のどの痛みといった症状を改善する効果が期待されますが、ショックやアレルギーを起こしやすいとも言われています。

マレイン酸クロルフェニラミン

マレイン酸クロルフェニラミン抗ヒスタミン薬です。くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状を改善する効果が期待されます。

フマル酸クレマスチン・マレイン酸カルビキサミン

フマル酸クレマスチン・マレイン酸カルビキサミン抗ヒスタミン薬です。くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状を改善する効果が期待されます。

リン酸ジビドロコデイン

リン酸ジビドロコデイン麻薬性鎮咳剤です。つらいを改善する効果が期待されます。依存性があるので長期の連用はできず、便秘や眠気などの副作用があります。

臭化水素酸デキストロメトルファン

臭化水素酸デキストロメトルファン非麻薬性鎮咳剤です。つらいを改善する効果が期待されます。麻薬性鎮咳剤に比べると効果が弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用はありません。

ヒベンズ酸チペピジン・クエン酸チペピジン

ヒベンズ酸チペピジン・クエン酸チペピジン非麻薬性鎮咳剤です。つらいを改善する効果が期待されます。麻薬性鎮咳剤に比べると効果が弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用はありません。

ノスカピン

ノスカピン非麻薬性鎮咳剤です。つらいを改善する効果が期待されます。麻薬性鎮咳剤に比べると効果が弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用はありません。

塩酸メチルエフェドリン

塩酸メチルエフェドリン交感神経興奮剤です。交感神経に作用することで気管支を拡張させ、呼吸を楽にしてくれる効果が期待されます。交感神経の興奮により血圧上昇や心拍数の増加、血糖値の上昇などの副作用があり、高血圧や心臓病・糖尿病などの持病がある方は注意が必要です。

グアヤコールスルホン酸カリウム

グアヤコールスルホン酸カリウム去痰剤です。痰がからんだ咳痰が絡む症状を改善する効果が期待されます。気道粘膜の粘液の分泌を増やすことで痰を薄めたり痰の粘り気を取ることで痰を出しやすくする効果が期待されます。

無水カフェイン

無水カフェイン中枢神経興奮剤です。頭痛をやわらげたり鎮痛成分の働きを助ける働きをします。

スポンサーリンク

オススメの総合感冒薬

オススメの総合感冒薬

総合感冒薬はたくさんの種類がありますが、オススメの総合感冒薬を3つご紹介します。

パブロンゴールドA

現在の価格はコチラ

パブロンは、咳・痰・のどの痛みなど風邪の諸症状を緩和する成分を配合しています。11歳未満や妊娠中・授乳中の人などは服用しない事とされています。

服用後すぐに皮膚のかゆみや蕁麻疹、のどのかゆみや息苦しさ、動悸、意識の混濁等のショック症状が現れることがあるので、初めて服用する際は服用後しばらく様子を観察するようにしてください。

>>パブロンの効果や特徴

エスタック総合感冒

現在の価格はコチラ

5歳以上の子供から大人まで服用することができる総合感冒薬です。風邪の諸症状(のどの痛み・鼻水・鼻づまり・発熱・頭痛・悪寒・くしゃみ・咳・痰・関節痛・筋肉痛)を緩和する効果が期待できます。

>>エスタックの効果や特徴

新コンタック かぜ総合

現在の価格はコチラ

7歳以上の子供から服用することができる総合感冒薬です。アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)をはじめ、6つの有効成分が配合されているので、発熱・のどの痛み・鼻水・鼻づまり・咳などの諸症状を改善する効果が期待できます。

速放性と徐放性の顆粒が混合された処方なので、服用後すぐ効果が表れ、朝・夕1日2回の服用で効果が得られます。

>>コンタックの効果や特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ