あなたの風邪は喉から?鼻から?
ピントルの風邪薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ

インフルエンザの際に注意すべき風邪薬の使い方

インフルエンザと風邪薬

インフルエンザは、11月から12月になると流行し始め、3月にピークを迎えます。

予防接種を受けていないとかからないかどうか心配になったりもしますが、症状は38℃以上の高熱と咳・鼻水・のどの痛み・頭痛などと風邪に似た症状となっています。

インフルエンザと風邪との違いはあるのか、風邪薬を飲んだら症状は改善されるのかなど、インフルエンザについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の違いは?

インフルエンザと風邪の違いは?

咳や鼻水・のどの痛み・頭痛・発熱と症状がよく似ているインフルエンザと風邪。症状が現れた時、病院で診察を受けるまではどちらにかかっているのかよくわからないですよね。

インフルエンザと風邪は、

  • ウイルス
  • 症状の現れ方

に違いがあります。

まずは、ウイルスの違いについてですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因であるのに対して、風邪はライノウイルス・コロナウイルス・アデノウイルス・RSウイルスなどが原因となって発症します。

次に、症状の違いについてですが、インフルエンザは寒気・頭痛・関節痛などの初期症状をはじめ、全身症状が特徴となっています。一方で、風邪は微熱・くしゃみ・鼻水などを初期症状として、上気道症状が主な症状として見られます。

インフルエンザ 風邪
ウイルス インフルエンザウイルス ライノウイルス
コロナウイルス
アデノウイルス
RSウイルス
初期症状 寒気
頭痛
関節痛
微熱
くしゃみ
鼻水
主な症状 全身症状 上気道症状
発熱 38℃以上の高熱 37℃~38℃

インフルエンザに風邪薬は効く?

インフルエンザに風邪薬は効く?

インフルエンザか風邪か分らないけれど、病院で診察を受ける時間がないという時に、とりあえず市販薬を飲んで対処しようと思う方もいらっしゃると思いますが、インフルエンザに風邪薬は効果があるのでしょうか?

風邪薬は、症状を緩和する薬なので、ウイルスを退治することは出来ません。

インフルエンザの薬物療法には、抗ウイルス薬を使う「原因療法」と、症状を緩和する「対症療法」があります。したがって、症状を緩和することを目的とした薬を用いるのであれば、風邪薬も効果がある場合があると言えます。

しかし、インフルエンザにかかり、熱も下がらず、病院にも行けないような状況の時に市販の風邪薬を使用するには十分な注意が必要です。できる限り早く病院で診てもらうのが先決です。

また、インフルエンザと診断されて処方された薬に追加で市販の風邪薬を飲むのは絶対にやめましょう。用量オーバーになってしまう可能性があります。

インフルエンザの時に飲んではいけない薬とは?

インフルエンザの時、症状を緩和させるために飲むのであれば、どんな風邪薬でもいいのでしょうか?実は、インフルエンザの時には飲んではいけない風邪薬があるんです。

それは、アスピリンやエテンザミドといわれる「サリチル酸系」の解熱成分を含んだ風邪薬になります。サリチル酸系の風邪薬を服用すると、肝臓や脳に障害が発生してしまう可能性があるといわれています。

インフルエンザの時に飲んではいけないサリチル酸系を含んだ風邪薬をご紹介します。

ライオン / バファリンA
現在の価格はコチラ

解熱鎮痛の成分にアセチルサリチル酸を含んでいます。風邪の際には有効なのですが、インフルエンザの時には肝臓や脳に障害が発生する可能性があるので、服用できません。

サトウ製薬 / バイエルアスピリン
現在の価格はコチラ

バイエルアスピリンは、ドイツのバイエル社が開発した非ピリン系の解熱鎮痛薬で、アセチルサリチル酸を有効成分として配合しています。

インフルエンザでも飲める風邪薬とは?

では、インフルエンザの疑いがある時に飲むことができる風邪薬には、どういうものがあるのでしょうか?それは、アセトアミノフェンやイブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムなどの成分を含んだ風邪薬になります。

ただし、インフルエンザだと病院で診断され、治療のための薬を処方されている場合、そこに市販薬を追加してしまうと用量オーバーになってしまう可能性があります。あくまで「インフルエンザかも?」と不安に思った時でも飲める風邪薬だと認識してください。

ライオン / バファリン ルナi
現在の価格はコチラ

15歳以上で服用することができる薬です。解熱鎮痛の成分としてイブプロフェンアセトアミノフェンを配合しています。無水カフェインも配合しているので、眠気があると困る時にも使用できます。

エスエス製薬 / イブA
現在の価格はコチラ

15歳以上で服用することができる薬です。解熱鎮痛作用のあるイブプロフェンに、効果を高めるアリルイソプロピルアンチピリン尿素と無水カフェインを配合しています。無水カフェインも配合しているので、眠気があると困る時も服用することができます。

スポンサーリンク

インフルエンザを早く治すためには?

インフルエンザを早く治すためには、

  • 安静にして睡眠を十分とること
  • 脱水症状が起こらないように水分補給をすること
  • 栄養をしっかり摂ること

が大切です。

また、小児は、解熱剤を使用することで「インフルエンザ脳症」を発症してしまう危険性がありますし、高齢者は肺炎や気管支炎などを引き起こす「肺炎球菌」に感染するリスクもあります。

なるべく早めに病院で診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ