あなたの風邪は喉から?鼻から?
ピントルの風邪薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ

本当に必要?風邪薬を飲まずに早く風邪を治す方法

風邪薬を飲まずに風邪を治す方法

風邪薬を飲めば風邪が治ると思っていませんか?これは一概にそうとは言えません。むしろ風邪を長引かせたり、慢性化させてしまう危険性もあるのです。

ここでは風邪薬が必要な場合とそうでない場合の解説と、風邪薬を飲まないで治す方法を紹介していますので、どんな時も風邪薬を飲んでしまっている場合はぜひ考えを改めてみてください。

スポンサーリンク

風邪薬は本当に必要なのか?

風邪薬は本当に必要なのか?

「風邪薬」と聞くと、つい「風邪を治す薬」と勘違いしてしまいがちですが、実はその認識は間違いなのです。未来ではあるかもしれませんが、現状ではどの風邪薬も症状を緩和したり抑えるだけで、風邪ウイルスを消したり死滅させて「風邪を治す薬」は存在しません。

風邪は薬で治すのではなく、免疫力で治していきます。風邪薬は症状を緩和するためにあるので、風邪薬で症状を抑え、その間に免疫力で風邪を治していくのです。つらい症状を我慢できるのであれば薬はいらないことになってしまいますね。

しかし免疫力の弱った状態や、年齢によって免疫力の弱い子供やお年寄りはなかなかウイルスを撃退できず、長期化したり重症化しやすいのでそれを避ける意味では風邪薬も必要となります。

風邪薬はつらいときだけ飲みましょう

そもそも風邪による症状で多いのは「咳やのどの痛み、痰、鼻水、発熱」などですが、これは風邪を治すための防御行動で、異常なことではありません。

人の体は、風邪ウイルスという異物が入ってきたことで咳や鼻水を出して、異物を外に出そうとします。喉に炎症を起こして痰を出すことで異物を外に出そうとします。発熱することでウイルスが侵入したことを体に伝え、体を治そうとしているのです。

この防御行動はすべてウイルスが入ってきた自分の体を治すために起こっていることなので、薬で強制的に止めるのもあまり良くないのです。なので、そこまでつらくない場合には風邪薬を飲まず、免疫力で治していく方が良いでしょう。

症状を抑えたい場合は風邪薬を飲む

どうしても症状を抑えたい時はあると思います。その場合は風邪で発生する症状に合わせた風邪薬を選ぶのがポイントとなりますので、適した風邪薬を選びましょう。以下のページで詳しい選び方やおすすめ風邪薬をご紹介しています。

薬に頼らず風邪を早く治す方法

薬に頼らず風邪を早く治す方法

何度か出てきたように、風邪を治せるのは薬ではなく免疫力です。免疫力を高めることができればウイルスを撃退し、風邪を早く治すことができます。ここから免疫力を上げる方法を紹介していきますが、最も大切なのは「温かくする」ということです。

人の体温は36℃前後ですが、体温が上がると免疫力が上がり、体温が下がると免疫力も下がります。風邪をひいたら温かくしなさいといわれるのはこのためです。温かい飲み物や体温を上げる食べ物を摂取し、温かい服装や毛布を用意して内側と外側からしっかり温めて免疫力を上げましょう。

体を休ませ、無理をしない

風邪をひいたら必ず、安静にしていてくださいと言われますよね。安静とは激しく動かず、体力を消耗しないようにという意味ですが、もっと重要なのは睡眠です。寝不足だと風邪をひきやすいように、十分な睡眠は免疫力を上げることに貢献します。

具体的には、免疫力の元となる免疫物質が睡眠中に多く作られるためです。特に睡眠中に出る副腎皮質ホルモンというホルモンは体の弱ったところを修復してくれる作用があるので免疫力を高め、ウイルスの撃退を助けてくれます。

風邪をひいたときには余計な体力を使わない為にも安静にし、できるだけたくさん睡眠をとり、副腎皮質ホルモンの量を増やして素早く風邪を治してきましょう。

体力のつく食事、水分補給を心がける

風邪ウイルスを撃退するには多くの体力、エネルギー、栄養素を消費してしまうので、できるだけしっかり食べてウイルス撃退を早めましょう。風邪の時に必要なのは免疫力を高めるビタミンCや同じく免疫力を高めるビタミンA、エネルギーとなるたんぱく質や炭水化物などです。それから生姜やネギなど体を温めてくれる食べ物も良いです。

食欲がある場合にはたんぱく質の豊富な肉類と、炭水化物であるご飯やジャガイモを食べます。そこに生姜やネギを入れた料理にするとなお効果的です。

>>風邪に効果的な食べ物と飲み物まとめ

もし食欲がわかない場合でも水分補給だけはしましょう。それも水ではなく、水よりも人の体液に近いスポーツ飲料です。飲み物なら飲めそうという場合は、ビタミンAの多い牛乳と、ビタミンCの多いいちごを合わせて手作りのいちご牛乳も良いでしょう。

風邪になってから買いに行くのは辛いので、最低でもスポーツドリンクなどは日頃から常備しておくのが基本です。

コカ・コーラ / アクエリアス
現在の価格はコチラ
大塚製薬 / ポカリスエット
現在の価格はコチラ

気持ちを強く持とう

「病は気から」とはよく言いますが、これが一番重要かもしれません。まず根拠のある話からするならば、気持ちを強く持つ、すなわち不安を抱えずストレスを少なくすることで免疫力が高くなると言われています。

これはストレスを感じると発生するストレスホルモンが自律神経を乱し、副腎皮質ホルモンの分泌を抑えてしまうためです。良く笑うストレスのない人は免疫力も高く風邪をひきにくく治りやすいと言えます。

それから精神論になってしまいますが、無意識のうちに体は風邪に対抗しようとして頑張っています。そんな時に不安や心配ばかりしていたらウイルスと戦ってる体に申し訳ないですよね。ここは意識の中でも「頑張れ自分!」「風邪なんかに負けないぞ!」という気の持ち方は大変重要です。

全く根拠はありませんが外国では気の持ちようだけで癌が良くなったという話もあります。風邪は時間の経過とともに良くなるので、ぜひ気持ちを強く持って風邪ウイルスと戦っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
喉の痛みに効くおすすめ風邪薬
喉の痛み
おすすめ
鼻水や鼻づまりに効くおすすめ風邪薬
鼻づまり
おすすめ
熱に効くおすすめ風邪薬
発熱
おすすめ
咳に効くおすすめ風邪薬
咳止め
おすすめ
痰づまりに効くおすすめ風邪薬
痰づまり
おすすめ