あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ

症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ

辛い疲れ目やかすみ目、さらには目の乾きなどのトラブルには市販の目薬が欠かせません、しかし疲れ目に対して炎症を抑えるための目薬を使用してても一向に症状は改善しませんし、あなたの目に起きている症状に合わせた目薬を選ばなければ意味がありません、ちゃんと自分の症状に合わせた目薬を選べているでしょうか?

そこで今回は、ドラッグストアの薬剤師さんに聞いた症状に合わせたおすすめの目薬を紹介しつつ、あなたの目に起きたトラブルに合う目薬の選び方を解説していきます。

スポンサーリンク

自分の症状にあった目薬を選ぶ方法

自分の症状にあった目薬を選ぶ方法

・パソコンや読書で疲れた目を楽にしたい人
>>疲れ目に効くおすすめ目薬

・紫外線やゴミ、アレルギーなどで目が充血している人
>>充血に効くおすすめ目薬

・目が乾く、コンタクトの調子が悪くてドライアイかもという人
>>乾き目に効くおすすめ目薬

・目の老化現象やパソコンの使いすぎで目がかすむことがある人
>>かすみ目に効くおすすめ目薬

・花粉症などのアレルギー症状で目がかゆい!という人
>>アレルギーに効くおすすめ目薬

・朝起きると目やにが多くて困っているという人
>>目やにを止めるおすすめ目薬

・目に異物感や痛みを感じている人
>>細菌に効くおすすめ目薬

防腐剤と血管収縮剤はダメ!ってサイトを見たことがあるけど・・・

目薬について詳しく紹介されているサイトなどを見ていると、「防腐剤は危険!」とか「血管収縮剤は危ない!」といった事を良くみかけます。

これについてドラッグストアの薬剤師さんに尋ねたところ、基本的に防腐剤というのは使い切りタイプ以外の目薬では必ず使われていて、防腐剤フリーと書かれた目薬でもホウ酸などの防腐成分は使用されているとの事、防腐剤に注意しなければいけないのはソフトコンタクトレンズを使用している人であり、一般的に防腐剤と呼ばれる塩化ベンザルコニウムやソルビン酸カリウムなどを使用している目薬の場合コンタクトレンズに悪影響を及ぼす可能性があるからだそうです。

重度のドライアイでなければ、目薬の中の微量な防腐剤は涙で中和されて排出されるため問題ないそうで、防腐剤を気にするあまり症状に合わせた目薬を選べなくなってしまう方がよほど問題があるそうです。

>>防腐剤フリーの目薬ベスト5についてはコチラ

また血管収縮剤も使いすぎるとリバウンドといって血管収縮剤なしでは目が充血したままになってしまうとも言われていますが、そもそも充血を抑えるためには血管収縮剤を使わなければいけないため、健康な目に対して使いすぎるのは良くありませんが、目が炎症などで充血しているのであれば血管収縮剤入りの目薬を賢く使用するべきだと教えていただきました。

薬剤師さんに聞いた!症状別のおすすめ目薬

薬剤師さんに聞いた!症状別のおすすめ目薬

風邪をひいているのに頭痛薬を飲んでも治らないように、目の症状にも適した目薬を使わなければ効果は現れません!そこで今回は目のトラブルでも比較的軽度(病院での治療が必要無い程度)の症状に対して効果の現れやすい目薬を、症状ごとにドラッグストアの薬剤師さんに質問して、おすすめの目薬を教えてもらいましたので紹介したいと思います。

疲れ目に効きやすいおすすめの目薬

疲れ目というのはなんらかの症状と合わせて出ることが多く、花粉症などのアレルギーで目かゆくて疲れ目になってしまう場合や、目の乾きが原因で疲れ目を感じる場合もあるため、自分の疲れ目に対する症状がより詳しくわかっていれば、その原因に対処できる目薬を選ぶのがおすすめとされています。

ただし漠然と「目が疲れる」と感じることもあるでしょう。そんな疲れ目におすすめの目薬はありますか?と薬剤師さんに尋ねたところ、こちらの目薬をおすすめされました。

疲れ目には【ロートV11】【サンテメディカル10】【ロートクール40α】がおすすめ
疲れ目用の目薬を探すならコチラ

この3種類の目薬に対してどの部分が疲れ目におすすめなのか尋ねたところ、疲れ目が酷くて眼精疲労へと発展しそうな場合には初期症状として現れやすい炎症や充血から痒みにも対応できるロートV11が良いそうで、日頃から疲れ目に悩んでいるという場合であれば、目の代謝機能を高める成分が入ったサンテメディカル10をおすすめされました。

また低価格で防腐剤や血管収縮剤も使われていないため頻繁に使用する人におすすめなのがロートクール40αだと教えていただきました。

>>疲れ目の改善と目薬について詳しくはコチラ
>>眼精疲労と目薬について詳しくはコチラ

目の充血を抑えるおすすめの目薬

目の充血に効く目薬はありませんか?と薬剤師さんに尋ねたところ、目の充血というのはその症状が現れる原因に対処できる目薬がおすすめされるので、ただ漠然と目薬で充血を抑えることも出来ますが一般的には炎症が起きてしまった理由に合わせて目薬をおすすめしています、との事だったので良く尋ねられる原因に合わせた目薬を調査してきました。

>>充血と目薬について詳しく知りたい人はコチラ

ゴミやホコリ、コンタクトレンズによる充血なら【ソフトサンティア】がおすすめ
ソフトサンティアを探すならコチラ

ゴミや異物が入って起きる充血は、血管収縮剤を使って抑えるよりも清潔に保つ事が重要だそうで、コンタクトレンズの調子が悪い時も充血を抑えるよいうよりはコンタクトの調子を整える事を優先して、自然に充血が引いていくまで清潔にすることが大切だそうです。

そういった場合はソフトサンティアのような防腐剤も血管収縮剤も使用しない人口涙液タイプのものがおすすめだと教えていただきました。

>>コンタクトレンズやカラコン用の目薬ベスト5はコチラ

紫外線による充血なら【バイシンUV】【ノアールUV】【ロートUVキュア】がおすすめ
充血用の目薬を探すならコチラ

紫外線によって起きる目の充血には、グリチルリチン酸二カリウムやυ-アミノカプロン酸という成分の効果が期待できるそうで、この3種類の目薬がおすすめと教えてくれました。

成分はできる限り少ない方が良い!という人にはバイシンUVを、血管収縮剤を使用していない目薬が良い!という人にはノアールUVを、細胞の代謝などのケアもしたい!という人にはロートUVキュアをおすすめしているそうです。

>>紫外線(UVケア)用の目薬ベスト5はコチラ

目の病気かも?と感じる充血なら【エーゼット抗菌目薬】がおすすめ

白く糸を引くような目やにを伴った充血や、花粉症などと併発して充血している場合は、できる限り早めに眼科の受診がおすすめされるようですが、そういった時に目薬を必要としている場合には、細菌やウイルスやアレルギーといった原因に幅広く対応できるエーゼット抗菌目薬をおすすめしているそうです。

>>抗菌目薬のベスト5はコチラ

目の乾きやドライアイにおすすめの目薬

目が乾くといった症状におすすめな目薬をドラッグストアの薬剤師さんに尋ねたところ、軽度な場合はヒアルロン酸を配合した目薬や、とろーりとした粘度の高い液質の目薬がおすすめだと教えていただきましたが、重度のドライアイなどの場合だと市販の目薬では対応できない(ヒアルロン酸の濃度が低い)ため、眼科を受診して処方してもらうことがおすすめだそうです。

目の乾き(軽度のドライアイ)には【ドライエイドEX】【ティアーレW】【ロート養潤水α】がおすすめ
ドライアイ用の目薬を探すならコチラ

目の乾く人におすすめだと薬剤師さんが紹介してくださったこの3種類は全てがヒアルロン酸を配合している目薬であり、最もおすすめだと教えてくださったのは一般的な目薬の60倍の粘度というコッテリ系の新ロートドライエイドEX、そしてソフトコンタクトでも使える防腐剤フリーの使い切り目薬ティアーレW、今ドライアイな人に注目してほしい目薬としては寝ている間に行われる目の回復をサポートするロート養潤水αをおすすめして頂きました。

>>ヒアルロン酸配合目薬ベスト5はコチラ

かすみ目や目の老化現象におすすめの目薬

かすみ目というのはパソコンや読書などで一定の距離にあるものにピントを合わせ続けることで目の筋肉の緊張状態が続いてしまい、一時的にピントの調節機能が低下することで視界がぼやけてしまう現象のことです、そんなかすみ目に効果のある目薬を薬剤師さんに尋ねたところ、老眼は回復出来ませんが老化を抑えたりかすみ目を改善するならこちらがおすすめですと紹介して頂きました。

かすみ目なら【サンテドウプラスEアルファ】【ロートデジアイ】、老化対策なら【ロートVアクティブ】
かすみ目用の目薬を探すならコチラ

目のピント調節機能を回復させるためには3種類の成分がおすすめとされており、ネオスチグミンメチル硫酸塩とビタミンB12と天然型ビタミンEの全てを配合させたサンテドウプラスEアルファが良いですよとおすすめしていただきました。

他にもパソコンやスマホによって起きるかすみ目に着目したロートデジアイや、瞳のアンチエイジングを促進して老化対策を行えるロートVアクティブなんかもかすみ目な人におすすめの目薬だそうです。

>>かすみ目と目薬について詳しくはコチラ
>>老眼と目薬について詳しくはコチラ

アレルギー症状(花粉症)におすすめの目薬

花粉症で困っている人は多く、花粉の時期になればアレルギー症状で目がかゆくなって充血したりと筆者自身も大変な思いをしています、そこでドラッグストアの薬剤師さんにおすすめ目薬を尋ねたところ、市販の目薬であればアレルギー用のものを買えば大丈夫と教わりました、ひどい場合は眼科で処方される目薬を使用するのがおすすめですよ、とのことです。

花粉症に効いた!と反響の多いおすすめ目薬は【ザジテンAL】
アレルギー用の目薬を探すならコチラ

薬剤師さんに花粉症におすすめの目薬を質問しても「コレ!」という回答はいただけなかったため、花粉症に関する掲示板や口コミサイトを徹底調査したところ、いたるところで「最強の花粉対策」と呼ばれていたのがザジテンAL点眼薬でした。

また合わせて鼻炎カプセルと鼻炎スプレーも使用すると春が来るのなんてもう怖くない!という意見もあり多くの人からおすすめされていました。今年の春は早速試してみようと思います。

>>花粉症と目薬について詳しくはコチラ

目やにを止めるのにおすすめの目薬

目やにといっても種類はいろいろ!薬剤師さんの話によると、市販の目薬で対応できるのは朝目が覚めた時にチョコっと出ている目やにであり、血の混じったような目やにや白く糸を引いたネバネバの目やに、目があかないほどの大量の目やには細菌やウイルスに感染している恐れがあるため、眼科を受診するのがおすすめだと紹介されました。

朝の目やにを改善するなら【スマイル40メディクリア】がおすすめ
目やに用の目薬を探すならコチラ

薬剤師さんがおすすめしてくれたポイントとしては、スマイル40メディクリアに配合されているリゾチームという成分。この目薬に含まれるリゾチームは目やにを溶かして分解することのできる成分であり、朝の目やになどで困っている場合はおすすめだと教えていただきました。加齢とともに目やにが気になってきている人は注目ですね。

>>目やにと目薬について詳しくはコチラ

異物感や痛みを感じる時におすすめの目薬

ものもらいなどで、目に痛みや異物感を感じる場合は眼科を受診するのがおすすめです、ただし市販の目薬を使用して様子を見たいという人や眼科に行く時間がないという場合など、症状が軽度である時に限り市販の目薬でも対応ができるため、そういった場合は細菌性の症状にも対応できるような目薬をおすすめしているそうです。

目の病気には【抗菌アイリスα】【ロート抗菌目薬i】【ティアーレ抗菌目薬】がおすすめ
抗菌用の目薬を探すならコチラ

薬剤師さん曰く、まず目の病気が疑われる際は感染や重症化を防ぐためにも1回使い捨てタイプの抗菌目薬から選ぶのがおすすめだそうです。

一番おすすめされることの多い目薬が抗菌アイリスα、炎症反応によって充血も起きている場合には目に止まる時間の長いロート抗菌目薬i、そして薬剤師さんの間で人気の高いティアーレ抗菌目薬などがおすすめだと教えていただきましたので、上手に活用したい所ですね!

>>抗菌目薬ベスト5についてはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング