あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング

疲れ目に効く市販のおすすめ目薬

疲れ目に効く市販のおすすめ目薬

日々の仕事や勉強から、昨今ではパソコンやスマホなどを使用するため目が疲れがち、疲れた目には栄養の多い目薬を差してスッキリとリフレッシュしたい!そんな疲れ目に効くとされる目薬ですが種類も多くでどれを選んだらよいのか迷いがち!そころでその疲れ目、ほんとうにただの疲れ目なんですか?
セルフケアのためにも、疲れ目の症状に合わせた効果の高いとされるおすすめ目薬を紹介しつつ、疲れ目についても一緒に勉強してみましょう!

スポンサーリンク

その疲れ目、眼精疲労へと発展してませんか?

その疲れ目、眼精疲労へと発展してませんか?

目が疲れてしまう、これは疲れ目(眼疲労)です。
ところが目が疲れて首が痛くなったり頭痛がしたり、吐き気がしたりはしてませんか?
こうなるともう疲れ目ではなく眼精疲労と呼ばれる状態に入っています、ひどい場合は市販の目薬だけで直そうとはせずに、眼科を受診して対策を立てる必要ができますので覚えておきましょう。

>>眼精疲労かも?って人はコチラ

ただの疲れ目だと思っていたら病気だった!なんて事もあります

目が疲れるというのは病気の兆候だったりもします、ただの疲れ目であれば市販の目薬を使ったりケアをしてあげれば改善していきますが、眼精疲労まで発展していた場合はさらにドライアイ緑内障白内障、眼位異常などの病気になりかけているため目が疲れているという事もありますから、不安な時は眼科を受診するのがおすすめです。

疲れ目に効く目薬の選び方

疲れ目に効く目薬の選び方

目の疲れを回復させるために必要な成分といえばビタミンB6!目の神経の機能維持のためには欠かせない成分ですし、市販されている疲れ目用の目薬には大抵入っていますから、まずはビタミンB6の配合されている目薬から選ぶのが良いとされています。

次いで、目のピント調節機能を改善してくれるネオスチグミン硫酸塩や、目のかすみにも効果のあるビタミンEなどが配合されている目薬を選ぶことで、年齢からくる疲れ目や慢性化しそうな疲れ目にも効果が期待できます。

疲れ目におすすめされている市販の目薬

「最近、疲れ目で困ってるんです」とドラッグストアの薬剤師さんに尋ねたところ、疲れ目でしたらコチラの目薬がおすすめですよ!と紹介されたのが”サンテメディカル10"という目薬でした。

現在の価格はコチラ

どちらかというと目の乾燥よりも充血や目の新陳代謝を改善することで、疲れ目を緩和するために作られた目薬だそうで、配合されている成分の説明を受けてるだけでも、確かに効き目に特化したタイプの目薬であることがわかるほどの充実度合いです。角膜のケアや目の乾燥からくる疲れ目の場合には”サンテメディカルG”という目薬がおすすめだということも教えてくださいました。

ネットでおすすめされている市販の目薬

インターネット上の掲示板サイトや口コミサイトなどで非常に評価が高く、「疲れ目に効果のあるコスパ最強の目薬」としてオススメされているのは”ロートクール40α"という市販の目薬でした。

現在の価格はコチラ

この目薬がおすすめされている理由としては、疲れ目の改善に必要な成分のみが配合されており、値段を吊り上げるために余計なものを配合していないため300円前後で買えるという部分が注目です。
スーッとする使用感が嫌いな人は同じ成分を配合している「ロートビタ40α」という目薬が疲れ目に効くとしておすすめされているようです。

>>目薬の値段ってなんでこんなに違うの?という疑問はコチラ!

スポンサーリンク

疲れ目がドライアイから来ていませんか?

疲れ目がドライアイから来ていませんか?

目が疲れるという症状が目の乾きから来ているという場合もあります、そういった場合は上記の目薬よりも潤いが強く目の補修効果も期待できる成分を配合した目薬がおすすめされています。例えばヒアルロン酸などを配合した目薬や、一般的な目薬よりも粘土が高くトロリとした液質の目薬の方が効果が感じられやすいでしょう。

>>ヒアルロン酸配合の目薬ベスト5はコチラ

ドライアイの症状から疲れ目が発生しているという人から今非常に人気が高い目薬といえば、一般的な目薬の60倍の粘度を誇る「新ロートドライエイドEX」という濃密な目薬で、眼にとどまる時間も圧倒的に長く、疲労感を改善しやすいと言えます。

>>ドライアイにおすすめな目薬について詳しくはコチラ

疲れ目に効果のある目薬の成分とは?

疲れ目に効果のある目薬の成分とは?

自分の疲れ目は他人の疲れ目とは違うため、万人の疲れ目を癒すような目薬は存在していません、そのため市販の目薬から疲れ目にあった目薬を選ぶのであれば、どのような成分が疲れ目のどんな症状を改善してくれるのかを知って、自分にぴったりの目薬を選ぶのも重要と言えるでしょう。

そこで、疲れ目に効果のある有効成分をまとめておきました。

血行を促進して疲れ目を良くするタイプの目薬の成分

天然型ビタミンE(酢酸d-a-トコフェロール)

抗酸化作用、抗炎症作用を持ち、血行を促進して栄養を行き渡らせてくれます。

ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)

目の組織代謝を活性化させ、疲れ目をリフレッシュさせてくれる成分です。

ビタミンB12(シアノコバラミン)

毛様体筋の働きを活発にすることで疲れ目を改善させる成分です。

ピントの調節機能を改善して疲れ目を治す目薬の成分

メチル硫酸ネオスチグミン

ピント調節筋の疲れを改善するため疲れ目を根本的に治す効果が期待できます。

ネオスチグミンメチル硫酸塩

ピント調節機能改善の作用があり、疲れ目用の目薬として人気の成分です。

目の組織を改善して疲れ目になりにくくする目薬の成分

ビタミンA(パルミチン酸レチノール)

角膜細胞を再生させ、目の潤いを保持するため疲れ目用目薬に人気の成分です。

L-アスパラギン酸カリウム

目の組織に呼吸の改善を促すため、疲れ目の改善に効果があります。

タウリン

目の組織代謝を活性化させ、今疲れ目用目薬で最も注目される成分です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング