あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング

緑内障に効く市販のおすすめ目薬が無い理由

緑内障に効く市販のおすすめ目薬が無い理由

視神経に障害が起きて視野が狭くなり、治療が遅れれば失明に至ることもある怖い病気である「緑内障」。そんな緑内障を治す目薬はないの?と調べてみても、市販の目薬は使ってはいけないと言われているなど、どうやら緑内障には市販の目薬が使得ない様子です。

本当に市販の目薬は全て緑内障に使えないのでしょうか?おすすめの目薬はないのでしょうか?詳しく調査してみると使える目薬もあるようです!そこで今回は緑内障と目薬について解説していきましょう。

スポンサーリンク

なぜ緑内障には市販の目薬が使用できないの?

なぜ緑内障には市販の目薬が使用できないの?

緑内障の人は市販の目薬が使用できない!なんて言われていますが、実は緑内障でも使える目薬は結構あります
では、なぜ緑内障の人は市販の目薬を使ってはいけないと言われるのか、それは市販の目薬を使っても大丈夫な緑内障なのか、目薬を使ってはいけない緑内障なのか素人が判断するのは難しいからであり、一般的に市販の目薬が使えないのは「閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)」と言われるタイプの人です。

閉塞隅角緑内障の人が市販の目薬を使用すると?

閉塞隅角緑内障というのは「急性の発作が起きると眼圧が高くなる」という病気です、この急性の発作を起こしかねない成分が疲れ目用の目薬や充血用の目薬には入っているため、病状を悪化させてしまい最悪の場合失明に至ります、このような市販の目薬には「緑内障禁忌」という注意書きがなされているでしょう。

緑内障禁忌と書かれた市販の目薬について

じつはこの緑内障禁忌という文字は、市販の目薬が使えない閉塞隅角緑内障の他にも、市販の目薬でも使用できる開放隅角緑内障もひっくるめてある乱暴な書き方であり、親切な目薬であれば閉塞隅角緑内障禁忌急性緑内障禁忌と書かれているのです。しかし現在販売されている市販の目薬の多くは緑内障禁忌としてひとくくりになっていますね。

どんな成分の目薬が緑内障に使えないの?

緑内障(主に閉塞隅角)の人が注意しなければいけないのは抗コリン作用を持つ成分です。
抗コリン薬や抗ヒスタミン薬、ペンゾジアゼピン系の薬剤や抗不整脈薬など、こうったのには注意です。もちろん目薬だけでなく飲み薬やサプリメントでも注意が必要です。

緑内障の種類について

緑内障といっても種類があるため、視野が狭くなってくるなどの自覚症状があれば早急に眼科を受診して検査してもらうのが良いでしょう。眼圧が高くなってしまう原因によって原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障という種類があり、原発緑内障の中に開放隅角緑内障や閉塞緑内障という種類があります。

開放隅角緑内障

市販の目薬でもものによっては使えるというのがこの開放隅角緑内障だそうで、防水の出口である線維柱帯が目詰まりしていくことで眼圧が徐々に上昇していきます。病気の進行はゆっくりです。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲内であるにもかかわらず緑内障と診断される場合もあります、開放隅角緑内障に分類されるためこちらも市販の目薬がで使用できる物も多い病気です。

閉塞隅角緑内障

市販の目薬が使うことのできない閉塞隅角緑内障には慢性型と急性型があります。とくに急性型の場合は目薬の成分によって急激に病気が進行する場合もあるため、緑内障禁忌とされている目薬は使うことができません。

緑内障を治すような市販の目薬は無い!

緑内障を治すような市販の目薬は無い!

緑内障の治療には眼圧を下げる目薬を点眼して病気の進行を抑えるのが一般的です。しかし眼圧を下げるために使用される目薬にはトラボプロストなどの成分を使用するのですが、こういった薬は医師の処方箋が必要なため市販はされていません。

緑内障の人でも開放隅角緑内障であれば市販の目薬が使用できます。しかしこれはあくまでドライアイ改善などの効果を期待するのであって、市販の目薬で緑内障を改善できるようなものは売っていません、眼科による診察を受けて使える目薬と使えない目薬の説明を受けるのがおすすめです。

スポンサーリンク

緑内障でドライアイ!市販でおすすめの目薬はないの?

緑内障でドライアイ!市販でおすすめの目薬はないの?

ドラッグストアの薬剤師さんに聞いた所、緑内障でドライアイだから使える目薬はないのか?という質問が多いそう、そんな時におすすめされているのが"ソフトサンティア”という人口涙液タイプの目薬だそうです。人口涙液型の目薬であれば眼圧上昇させる作用はないため、緑内障の人でも使えるおすすめの目薬なんだとか!
しかし緑内障として診断されている人はネットの情報を当てにすることなく、まずは主治医に相談しましょう。

現在の価格はコチラ

 ソフトサンティアにも「緑内障の人は注意」って書いてありますが・・・

薬剤師さんの話を聞きながら「これが緑内障の人でドライアイに困ってる時におすすめの目薬か〜」とパッケージを読んでいると”緑内障の診断を受けた人は注意”との記載があり、え?これはどうゆうことなのですか?緑内障の人はこの目薬を使っちゃだめってことなのですか?と訪ねたところこんな回答が。

かすみ目は緑内障の初期症状の可能性があるため軽視してほしくないという理由

そもそもソフトサンティアという目薬の主成分は塩化カリウムと塩化ナトリウム、この二つには眼圧上昇作用は存在していないため緑内障の人が使っても問題ないのですが、緑内障の初期症状自体に"かすみ目"という症状があるため、「あなたのかすみ目は緑内障かもしれませんよ?」という意味合いで注意が促されているそうです。

かすみ目などで視野が狭くなっているのを、緑内障だと気がつかずに市販の目薬で対応していては手遅れになるということで、こういったかすみ目用の目薬にはソフトサンティア以外にも全て緑内障に注意という記載がされているそうです。厚生労働省から記載の指示が出ているんだそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング