あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング

結膜炎に効く市販のおすすめ目薬

結膜炎に効く市販のおすすめ目薬

結膜炎と言えば、目の病気の中でも比較的良く聞かれる病名として有名と言えるのではないでしょうか。実際結膜炎によって眼科を受診する患者さんは数多くいらっしゃると言えるでしょう。

そんな結膜炎が疑われる時、病院にいってその診断を受ければ点眼液が処方されますが、なかなかその時間もなく市販の目薬で済ませようとする方も多いでしょう。

そんな時、どんな目薬を買えばよいのか、結膜炎に効く市販の目薬について、結膜炎がどんな病気かと合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

結膜炎とは

結膜炎とは

結膜炎は、簡単に言ってしまえば、結膜に起こった炎症の総称のことを言います。

症状としては、涙が出たり目がゴロゴロする、目やにが出たり、目が充血して赤くなるなどの症状があります。後述するプール熱などの場合は発熱もその症状の一つとなるでしょう。

また、ひと口に結膜炎といってもいくつかの種類に分かれています。そのため結膜炎の種類によって効果のある目薬は変わります。ここではまず、そんな結膜炎の分類について確認していきましょう。

結膜炎の分類

上記で紹介した通り、結膜炎には非常に様々な種類があり、その原因などによって細かく分類されていますが、大きく三つの種類に分類することができます。

その三つとは細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎の三つとなっており、そこからさらに細かい種類の結膜炎に分類されます。

まずはその三種類の結膜炎について詳しくみていきます。

細菌性結膜炎

その名の通り、色々な種類の細菌が原因となり結膜に炎症を引き起こされた場合の結膜炎が、この「細菌性結膜炎」です。黄色ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌、淋病などが原因となります。

ウイルス性結膜炎と比較すると比較的短期間で治るケースが多いと言われています。細菌性であれば、抗菌目薬と言われる中から選ぶと良いでしょう。

>>抗菌目薬のおすすめベスト5はコチラ

ウイルス性結膜炎

その原因が細菌ではなく、さらに小さなウイルスによって引き起こされるのが、「ウイルス性結膜炎」です。細菌性結膜炎とは違い、ウイルスに有効な目薬がないため、治療に時間がかかるのが特徴です。

ウイルス性結膜炎には、いわゆる「はやり目」と言われる流行性角結膜炎、「プール熱」と言われる咽頭結膜熱、別名「アポロ病」と言われる急性出血性結膜炎などがあります。

アレルギー性結膜炎

花粉やダニ、ハウスダストやペットの毛などに対するアレルギー物質によって引き起こされる結膜炎です。こちらに関しては別の記事で紹介しているのでそちらをご参照ください。

>>アレルギー性結膜炎に効く市販のおすすめ目薬

結膜炎に有効な目薬

結膜炎に有効な目薬

以上のように結膜炎は大きく三つの種類に分けられますが、有効な目薬を選ぶ場合には、結膜炎の種類にあった選び方をする必要があります。

ここでは結膜炎の分類ごとに有効な目薬を紹介していきます。

細菌性結膜炎に有効な目薬

様々な細菌によって引き起こされる細菌性結膜炎には、抗菌作用のある目薬が有効となります。市販の目薬に使われる有名な抗菌成分と言えば、「スルファメトキサゾール」という成分です。

サルファ剤の一種であるこの成分は、細菌のDNA合成を阻害するため、細菌性結膜炎には有効な目薬となります。市販の目薬の中でこの成分が含まれたものは細菌性結膜炎に効果があると言えるでしょう。(薬剤師に確認はとりましょう)

このサルファ剤と呼ばれる成分の入った目薬といえば、サンテの抗菌新目薬が有名です。

現在の価格はコチラ

ウイルス性結膜炎に有効な目薬

ウイルス性結膜炎に有効な目薬、これは残念ながら現在のところ存在しません。そのため、薬局に行ってもウイルス性結膜炎に有効な目薬を購入することはできません。治療は目薬による点眼ではなく、体の免疫に任せる方法になってしまいます。

眼科医などにいくと抗生剤の含まれた点眼液を処方されることがありますが、これは細菌による二次感染を防ぐためのものであり、ウイルス性結膜炎を治療するためのものでありません。

またステロイドの目薬を処方されることもありますが、こちらも炎症を少しでも抑え重症化させないためであり根本治療に繋がる目薬ではないと言えるでしょう。

ウイルス性結膜炎の感染について

この項目においては余談となりますが、ウイルス性結膜炎というのは、細菌性やアレルギー性の結膜炎と違い、人から人へと感染します。

家族はもちろんのこと、学校や職場で周りの人の多くに感染させてしまうということがあり得ますので、そのウイルス性結膜炎が疑われる場合は極力外出を避けましょう。

スポンサーリンク

結膜炎と目薬に関する今回のまとめ

結膜炎と目薬に関する今回のまとめ

ここまで紹介していきた通り、結膜炎の種類によってはいくら目薬を使っても良くならないというケースがあり得ます。たとえばウイルス性結膜炎の方にはいくら結膜炎に効くとうたわれた市販の目薬も有効ではありません。効くと思って結果的に周りの人に感染を広げていたということにもなりかねないでしょう。

そうならないためにも重要なのは、結膜炎の症状が出た段階でまずは眼科医に相談することです。そこではっきりとした診断を仰ぎ適切な対処をすることが、結膜炎から回復する最も有効な手段と言えます。

自分自身の判断だけで細菌性結膜炎であることなどを決めつけたりするのは、自分だけでなく周りの方にもリスクをさらしてしまうことになるので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング