あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング

目の充血に効く市販のおすすめ目薬

目の充血に効く市販のおすすめ目薬

目の充血が発生すれば目薬で抑えよう!と思うのは当たり前ですが、充血するといっても必ずそこには原因があり、原因を改善しなければ症状が治るということはありません、それに充血を抑える血管収縮剤も良くないなんて話が出てるし、いったいどんな目薬を選べば良いの!?と困ってしまうこともあるでしょう。
そこで今回はあなたの目の充血がなぜ発生したのかを読み解きながら、症状に合わせておすすめされている目薬について解説していきます。

スポンサーリンク

あなたの充血はどのタイプ?

あなたの充血はどのタイプ?

目の充血というのは、そもそも2つの種類に分けられます。
1つは目を酷使することで疲れが生まれて発生してしまう充血であり、
もう1つは外部からの刺激や病気などの炎症によって起きる充血です。

目の血管というのは普段は非常に細いため、外から見て目立つようなことはありませんが、疲れや炎症が原因となって目の血管が膨らんでしまうと、目立つようになり目の表面が赤く見えることを充血と呼んでいます。

目の疲れが原因の場合

例えば、長時間パソコンの前で仕事をしているサラリーマンや、受験勉強などで目を酷使した挙句、睡眠不足が続いている受験生の場合、目の休息が足りず充血してしまうことがあります。

目が疲れているとなぜ目が充血するのか、それは目の疲れを回復させるために酸素や栄養を多く必要とするので、目の血流量が増えて血管が膨らみます、このような場合にむやみやたらに血管を収縮させる目薬を使ってしまうと目の回復の妨げにもなるため注意が必要と言えるでしょう。

>>疲れ目におすすめな目薬について詳しくはコチラ

目の炎症が原因の場合

目に砂やホコリといったゴミが入ったり、アレルギー物質や最近などからの刺激を受けると、結膜が異物を排除するために炎症反応を起こし血管が膨らむことで目が充血します。

外部からの刺激で起きる充血

特に目が疲れるようなことをしていないのに目が充血してしまっている人は、強く目を擦ってしまっていたり、コンタクトレンズの調子が悪かったり、プールや海水浴をして目に何らかの刺激が加わったりといった事で思い当たる節はございませんか?

こういった場合は市販の目薬を効果的に使うことで症状を緩和させることも可能ですが、目薬を使わなくとも自然に治っていく場合もあります。

目の病気で発生してしまう充血

目の充血がなかなか取れないという場合は、アレルギー性結膜炎や感染性結膜炎、ドライアイといった目の病気であることが伺えます、症状が軽ければ市販の目薬で抑えることもできますが、不安な場合は一度眼科を受診してみるのがおすすめされます。

>>結膜炎と目薬について詳しくはコチラ

おすすめされる事の多い充血を抑える目薬

おすすめされる事の多い充血を抑える目薬

「目の充血を抑えるおすすめの目薬はありませんか?」とドラッグストアの薬剤師さんに質問したところ、おすすめはコチラの目薬ですと紹介されたのは”サンテピュア”という名前の目薬でした。

現在の価格はコチラ

パソコンやスマホの画面を見過ぎて目を酷使しているタイプの充血ならコレ!とおすすめされたこの目薬は、なんでも充血を鎮める作用だけでなく、抗炎症作用や角膜保水も行い、疲労により傷ついた組織を修復して組織代謝を活発にできるそうで、栄養を目に送るために充血している血管を収縮させたとしても、目に十分な栄養を与えることのできる目薬としておすすめされたので紹介しておきます。

目にゴミやホコリが入って充血する場合の目薬

目に異物が入った刺激によって目が充血している場合は、まずは市販の目薬でよいので目に入った異物をしっかりと洗い流して清潔に保つことが必要だと言われました。

コンタクトレンズによる充血を抑える目薬

コンタクトレンズの調子が悪くて充血してしまっている場合は、人工涙液タイプの「ソフトサンティア」などの目薬を使用するのがおすすめだそうで、それでも不快感が残る場合は眼科の受診をおすすめされました。

紫外線を浴びて充血した時の目薬

夏のビーチや冬のゲレンデといった場面で強く紫外線を受けたりして充血が起きた場合は、グリチルリチン酸二カリウムやυ-アミノカプロン酸といった成分の入った目薬を使用するのがおすすめだそうです。

市販されている目薬の中では「バイシンUV」や血管収縮剤を使用していない「ノアールUV」などがおすすめとして紹介していただきました。

目の病気によって充血した時の目薬

花粉症などで起きやすいアレルギー性結膜炎の場合は、目のかゆみを抑えるためにクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合された目薬や、アレルギー作用を抑えるクロモグリク酸ナトリウムを配合された目薬が充血を抑えるのに効果があるそうで、細菌性の結膜炎などで充血してしまっている場合は、スルファメトキサゾールが配合された目薬を点眼してくださいとおすすめされました。
そのどちらにも効果が期待できるとしておすすめされた目薬は「エーゼット抗菌目薬」という名前の目薬でした。

 

スポンサーリンク

充血用の目薬で「血管収縮剤は危険!」って聞いたけど・・・

充血用の目薬で「血管収縮剤は危険!」って聞いたけど・・・

インターネットを検索していると「充血を抑えるために血管収縮剤を使用すると、リバウンドで充血しやすい目になってしまうから使ってはいけない!」なんて書かれたサイトたちを見かけますが、一般的に市販されている目薬というのは対症療法的に使われるもので病気そのものを治すというわけではありません。

例えば重度の炎症が起きている場合に血管収縮剤を使用して充血を取る目薬を使用してしまえば炎症の度合いがわかりにくくなってしまい病気そのものを治すという事が遅れてしまう場合もあるでしょう。

しかし目にゴミが入ったり強くこすったりして起きた充血や疲れによる充血であれば、症状を緩和させることが先決となるため血管収縮剤は非常に有効です。

まるで陰謀論のように「血管収縮剤は目薬を売るために使われている!」などと言っている人もいますが、市販薬において症状を緩和させる効果はとても大切であり、病気を判明させて治療をするのであれば眼科を受診することがおすすめされるのですから、過度に血管収縮剤を毛嫌いしても良いことはありません。

>>目薬の副作用について詳しく知りたい人はコチラ

こんな目の充血には要注意!

こんな目の充血には要注意!

白目が広範囲にわたってべっとりと赤く染まっている場合は、目の血管が破れて内出血を起こしている場合があります、このような状態を「結膜下出血」と言いますが、通常は1〜2週間程度で出血は引いていくので、安静にしていればそこまで心配する必要はありません。

しかし以下の場合は早急に眼科を受診することがおすすめです。
①目に外傷を受けて傷が入っている場合
②痛みやかゆみ、目やになどを伴う場合
③頻繁に結膜下出血が起こる場合
④熱を伴う場合

これらの場合には急性出血性結膜炎であったり、動脈硬化や糖尿病、マラリアやインフルエンザによって引き起こされている場合があるので要注意です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング