あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング

霰粒腫に効く市販のおすすめ目薬

霰粒腫に効く市販のおすすめ目薬

ものもらい(麦粒腫)とよく似た症状な為、目がゴロゴロと違和感を覚えますが霰粒腫は細菌などの感染ではなく脂の出る腺が詰まって”しこり”ができてしまう病気の事を指します。

麦粒腫との鑑別は素人には難しいため個人の判断で霰粒腫だと断定する前に眼科を受診するのが望まれますが、今回は霰粒腫に効果のある目薬があるのか、またどんな成分が霰粒腫に効果的なのかについて調査してみました。

スポンサーリンク

霰粒腫に効く市販の目薬とは?

霰粒腫に効く市販の目薬とは?

基本的に「霰粒腫に効く」という目薬はありません。その理由は霰粒腫は細菌感染を伴わない無菌性の炎症だからです。

そのため霰粒腫を治すというよりは、麦粒腫である可能性も視野に入れつつ、霰粒腫によって引き起こされる炎症や充血といった症状に対して市販の目薬を使用しながら、腫瘤が体に吸収されるのを待つというのが良いとされています。

そのため、市販の目薬で対応する場合は充血を取る成分や抗炎症作用のある目薬を自分の症状に合わせて使うのが効果的と言われています。

霰粒腫の症状に効果のある目薬とその口コミ

市販されている目薬の中から、ネット上で霰粒腫のときに使用していて効果があったと言われている目薬の口コミを紹介します、あくまで口コミですから参考程度にどうぞ。

 

 

 

抗菌の目薬を探すならコチラ
 抗菌アイリスαの口コミ

スルファメトキサゾールを配合した目薬で、一回使い切りのタイプ。
目のかゆみや炎症を抑える効果のある成分も合わせて配合されています。

  • 炎症が取れて楽になった、1週間くらいで違和感もなくなりました。
  • 刺激もなく使いやすいため何度もリピートして買ってます。
  • 使っても炎症は治まりましたが違和感は残ったままだったので眼科に行きました。
ロート抗菌目薬iの口コミ

抗菌成分のサルファ剤と抗炎症成分を配合した使い切りタイプの目薬。
目に止まりやすく、成分が浸透しやすいのがウリとなっています。

  • 買ってよかった!病院に行く手間もお金も使わずに済みました。
  • 多分霰粒腫でした、赤みが取れるのも早く3日程度でだいぶ楽になりました。
  • 眼科に行くまでもないと購入、結局2週間くらいかかりましたが治りました。
ティアーレ抗菌目薬の口コミ

抗菌成分のサルファ剤を基準内で最大配合された使い切りタイプの目薬。
抗炎症成分も配合されており、炎症を効果的に沈められます。

  • いろいろなところでお勧めされてるので購入、普通に効果がありました。
  • これでダメなら眼科に行こうと思いましたが、1週間程度で治まりました!
  • 刺激が少なくて腫れの引きも早い!次何かあった時もコレを使おうと思います。

霰粒腫の時に病院で処方される目薬

霰粒腫の時に病院で処方される目薬

ものもらいが出来て病院に行った場合、大抵の場合は麦粒腫と同じように霰粒腫にも目薬が処方されます、そういった場合に多く処方されるのは、抗菌タイプの目薬以外にも、抗炎症作用のあるものや場合によってはステロイドなどの目薬も処方されます、ここでは霰粒腫に使われる目薬の一部を紹介しましょう。

霰粒腫に使われる一般的な目薬

ものもらいの治療にも使われるため知っている人も多いかもしれませんが、霰粒腫の場合にもクラビット点眼液オフロキシン点眼液といった目薬が処方されます。どちらもグラム陽性菌に対して殺菌効果を発揮します。

霰粒腫に使われる抗炎症目薬

急性炎症を起こしている場合は麦粒腫との区別のつきにくい霰粒腫、強い痛みを伴った炎症を抑える為に抗炎症目薬であるアズラビンオドメール点眼液プロラノン点眼液といった目薬が処方されます。

霰粒腫に使われるステロイド目薬

霰粒腫の症状が現れて困ってしまってから病院に行った場合、ステロイド目薬などを使用して対応する場合も多いようで、フルオロメトロン点眼液リンデロン点眼液といった目薬が処方されるようです。

スポンサーリンク

霰粒腫とは?

霰粒腫とは?

まぶたが赤く腫れたり、痛みや痒みを伴ったり、ゴロゴロとした違和感を感じたり、こういった症状対して「ものもらい」と判断しがちですが、一般的なものもらいは"麦粒腫"のことであり細菌によって引き起こされますが、霰粒腫というのは無菌性であり、対処方法も薬剤治療から手術まで様々です。

炎症さえ起こさなければ「ただの違和感」といった感じになるのが霰粒腫ですが、炎症を起こしてしまえば麦粒腫との違いは分かりずらくなるのが特徴で、自然吸収される場合が多いのも霰粒腫の特徴といえるでしょう。

>>麦粒腫(ものもらい・めばちこ)についてはコチラ

霰粒腫の原因

マイボーム腺と呼ばれる脂の出る腺が詰まってしまい、しこりができると霰粒腫と呼ばれます、一般的には赤みや腫れなどは起きず、自然に完治してしまいますが、一度炎症が起きると強い痛みを感じるようになります。

霰粒腫の症状

典型的な症状としては、まぶたの腫れや異物感です。
本来であれば痛みも赤みもないのですが、大半の人は痛みを伴ってから気がつくため炎症を起こした状態が霰粒腫の症状だと思っている人も多く、麦粒腫の症状によく似たものだと勘違いされがちです。

霰粒腫の治療方法

霰粒腫の治療はまず目薬によって症状を抑えてしこりが体内に吸収されていく事を目指します、しかし症状が大きい場合はしこりが残りやすく、場合によっては切開を行ったり注射を行って治療します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【2015年版】最新の目薬人気ランキング
総合
人気ランキング
症状に合わせた市販のおすすめ目薬まとめ
症状別
人気ランキング
コンタクト(カラコン)用のおすすめ目薬ベスト5
コンタクト用
人気ランキング
紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5
紫外線対策
人気ランキング
ヒアルロン酸配合のおすすめ目薬ベスト5
ヒアルロン酸
人気ランキング