あなたの症状を改善するために
ピントルの目薬専門ページ

>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング
スポンサーリンク

眼精疲労に効く市販のおすすめ目薬

眼精疲労に効く市販のおすすめ目薬

デスクワークが多い社会人や、勉強で目を酷使している学生など、今や眼精疲労は多くの人が抱える問題です。眼精疲労を緩和するための市販の目薬も増えてきており、様々な症状に合わせて眼精疲労向けの目薬が選ばれていますが、正しい目薬を選ばなければ効果を得られないため眼精疲労は改善していきません。
あなたの目の疲れは眼精疲労なの?ということも含めて、ここでは市販されている目薬の中からオススメ度の高い目薬を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

あなたの症状は眼精疲労?それとも疲れ目?

最近目が疲れて困ってしまう」こういった症状の人が自分のことを眼精疲労だと思っているケースが多いのですが、目が疲れるというだけの場合は”疲れ目”や”眼疲労"という名前で呼ばれています。

眼精疲労というのは、目の疲れから発展し日常生活に支障が生じている場合や、肩こりや倦怠感、めまいや吐き気といった症状が現れている時に使われている名前のことです。眼精疲労が重度の場合は市販の目薬で対処することはできないため、早急に眼科で診察を受けて対策を立てる必要があります。

>>疲れ目や眼疲労な人はコチラへ

眼精疲労に潜む様々な病気

目の疲れから発展しやすい眼精疲労ですが、乱視や老眼ドライアイといった病気が眼精疲労に発展したり、緑内障白内障が進行している際に自分のことを眼精疲労だと勘違いしやすいため注意が必要です。

また眼精疲労は目だけが原因ではなく、インフルエンザや更年期障害、精神的なストレスからも発生する可能性があり、こういった場合だと市販の目薬で一時的に症状を抑えることはできますが、根本的な眼精疲労の解決にはならないため不安な場合は眼科での診察を受けることがおすすめされます。

 

眼精疲労に効く目薬の選び方

眼精疲労に効く目薬の選び方

”眼精疲労に効果のある目薬”とインターネットで調べた場合「防腐剤はダメ!」「血管収縮成分はダメ!」と闇雲に書かれていることが多いのですが、眼精疲労の症状によっては上記の成分が必要となる場合もあったり、気にせずに選んだほうが良い目薬と出会えたりすることもあるため、目薬についてしっかりと学んでおく必要があるでしょう。

そもそも防腐剤というのは使い切りタイプの目薬でない場合、仮に防腐剤フリーと書かれていても添加物として配合されています、しかし極度のドライアイでなければごく少量の防腐剤は涙によってさらに薄まりますから、防腐剤の有無で市販の目薬を選ぶよりは、眼精疲労に適した成分かどうかに注目して選ぶのが重要です。

>>防腐剤フリーのおすすめ目薬ベスト5はコチラ

また血管収縮剤もリバウンドが強くて毛嫌いする人もいますが、眼精疲労によって発生する充血を収めないことには改善していくことはありません、闇雲に使いすぎるのが良くないのであって症状が現れているのであれば、それを抑える為に血管収縮剤も必要となる事を覚えておきましょう。

眼精疲労に効果があるとオススメされている市販の目薬

「どうやら眼精疲労のようで目が疲れて困るんです」とドラッグストアの薬剤師さんに質問したところ、おすすめはコチラの目薬ですと紹介されたのは"ロートV11"という名前の目薬でした。

現在の価格はコチラ

この目薬をおすすめされた時に「もし目眩や吐き気を感じるほど眼精疲労が悪化していたら眼科で診てもらってください」といわれましたが、このままだと眼疲労から眼精疲労へと悪化してしまうかも、という場合であれば、疲れ目だけでなく眼精疲労の初期症状で現れやすい充血やかゆみ、目の炎症にも効果のある成分が入っているのでオールマイティーに使える目薬ですよとおすすめされましたので紹介しておきます。

目の乾きが原因の眼精疲労にはこのような目薬

目の乾きやドライアイの症状から眼精疲労だと感じる場合にはヒアルロン酸を含んでいる目薬がおすすめだと紹介されました、例えば通常の目薬と比べて粘度が60倍という濃密な目薬「新ロートドライエイドEX」や、睡眠時に行われる目の回復を助ける為に作られた目薬「ロート養潤水α」といった目薬がよいそうです。

>>ヒアルロン酸配合目薬ベスト5はコチラ

目のかゆみが原因の眼精疲労にはこのような目薬

目のかゆみや炎症によって起きる眼精疲労の場合、その症状が発生している原因によっておすすめできる目薬は変わってしまうそうで、花粉症やアレルギーなどから目のかゆみが生まれ眼精疲労へと繋がっている場合には「ロートアルガード クリアブロック」など、かゆみの原因がわからない場合は抗ヒスタミン剤であるクロルフェニラミンの入った目薬を選ぶのがよいそうです。

 

眼精疲労に効果のある目薬の成分

眼精疲労に効果のある目薬の成分

ここではご自身で眼精疲労を改善できる市販の目薬を選ぶ際に覚えておきたい、目の疲労感を緩和してくれる成分について紹介しておきます、目薬の成分表を診てその目薬が現在の自分が感じる眼精疲労の症状に合っているのがどうかを確認するのも非常におすすめできます。

メチル硫酸ネオスチグミン

目のピント調節機能は筋肉によって行われていますから、この筋肉を酷使していれば動きが悪くなり目は疲れてしまいます、そんなピント調節機能をスムーズな動きへと回復させてくれる成分です。

L-アスパラギン酸カリウム

目の細胞呼吸を活性化させる成分である、新陳代謝を高めることで目の回復力を高め、疲労のたまった目を改善するための成分です。

天然ビタミンE

目に張り巡らされた末梢神経に対して血液の流れを良くするのに効果のある成分で、「酢酸d-a-トコフェロール」という表記がされることもあります。

ビタミンB12

目の筋肉の働きを高めてくれる成分であり、眼精疲労を緩和するための目薬には欠かせない成分と言われています、「シアノコバラミン」という名前で表記されていることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 目薬を探すなら!まずはコチラのページがおすすめ! <<
おすすめ目薬まとめ
目薬人気ランキング