歯磨きと併用で口臭や歯周病予防!
ピントルのマウスウォッシュ(洗口液)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
マウスウォッシュの人気ブランドおすすめランキング
ブランド
ランキング
口臭予防におすすめなマウスウォッシュ
口臭予防
おすすめ
歯周病予防におすすめなマウスウォッシュ
歯周病予防
おすすめ
口内炎予防におすすめなマウスウォッシュ
口内炎予防
おすすめ
おすすめのホワイトニングマウスウォッシュ
ホワイトニング
おすすめ
スポンサーリンク

バイオティーンの口コミ評判とおすすめマウスウォッシュ

バイオティーン(biotene)のマウスウォッシュ

マウスウォッシュは医療用医薬品としての性質を持つことから、日本製やアメリカ、ドイツなど医療に強い国のイメージがありますが、もちろんそれ以外の国でも研究・製造がされています。

その中の1つにバイオティーン(biotene)というイギリス発祥の有名ブランドがあります。有名と言われてもピンと来ないかもしれませんが、世界的にはかなり有名なのです。そこでこちらではこのバイオティーンについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

バイオティーン(biotene)とは?

バイオティーン(biotene)とは?

バイオティーンは冒頭でも触れたお通りイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン(GKS)のブランドの1つです。日本ではグラクソ・スミスクライン株式会社が現地法人として置かれています。

2012~2014年には世界第6位の売り上げと規模を誇ったグローバル製薬企業として有名です。

この企業の始まりは、ステロイド吸入剤などの気管支喘息治療薬やヒスタミンH2受容体拮抗薬「ザンタック」などを開発・発売していたグラクソと、ゾビラックス(抗ヘルペスウィルス剤)やレトロビル(抗HIV薬)など世界で初めて抗ウイルス薬の開発に成功したバローズ・ウェルカムが1995年に合併して前身であるグラクソ・ウエルカムができたことによります。

その後、スミスクライン・ビーチャムがグランウェルカムと2000年に合併して現在のグラクソ・スミスクラインとなりました。

日本では現地法人グラクソ・スミスクライン株式会社の子会社としてコンシューマー・ヘルスケア部門である「グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン」があり、この中のブランドにバイオティーンがあります。

元々は口腔ケア関連製品などを手掛けるティーアンドケー株式会社が販売を行っていましたが、販売体制の変更に伴い、2015年2月にGKSでの販売が開始されました。

バイオティーンのマウスウォッシュの特徴

バイオティーンのマウスウォッシュの特徴

バイオティーンは商品数を絞っており、その特徴は口内の保湿を効果の中心としている点です。口内トラブルの多くは口内の乾燥によるものです。そのためバイオティーンはそこに着目し、長時間口内の保湿が保たれる商品を作り上げました。

そのため薬用タイプではなく、化粧品タイプとなっており、殺菌よりも口臭対策としての意味合いが強い商品でもあります。アルコールを使っておらず、またオーラルリスクを考えたpHバランスとなっているので低刺激となっているのも特徴です。

商品の種類こそ少ないですが、生活スタイルに合わせた容量を販売しており、家族や一人暮らし、持ち運びなど日々の使うシーンに合わせたものを購入できます。

バイオティーンのマウスウォッシュの口コミや評判

バイオティーンの商品の口コミは賛否両論となっています。特徴でも紹介した通り、口内の渇きをしっかり解消してくれる点では確かに高い評価を得ています。

マウスウォッシュはアルコールを使ったものも多いため、人によっては使用後に口の中が乾いてしまうという方もみえます。しかしバイオティーンのマウスウォッシュではそのようなことはまず起こりません。

そのためドライマウスの方々にも効果を発揮してくれるので、そのような方には重宝しているようです。低刺激なのも有難いので、刺激に弱い方もこちらを購入される方は多いようです。

ただ問題はその味です。体に害は少ない成分を使っているものの、風味が薬品そのもので口内に入れると不快に思う方がみえるようです。他社の多くの商品はミント味など、不快になりにくい味付けとなっており、こちらも優しいミント感を謳っていますが、どうもそちらより薬品の香りが気になってしまう方も見えるようです。

とは言え、口臭予防や口内の保湿の効果は高いので、決して評価が低いわけではないことは理解しておいていただければ良いのではないでしょうか。

バイオティーンのマウスウォッシュはどんな人におすすめ?

先述しましたが、口内の保湿を主の目的としているので、マウスウォッシュで口が乾きやすい方、またはドライマウスに悩まれている方にはおすすめの商品となっています。

口臭予防ができるので洗口液としての目的も果たしています。ただ殺菌能力が高いわけではないので、虫歯予防や歯周病予防を目的としているのであれば、他の商品を探した方が良いかもしれません。

あくまで口臭予防と口内の保湿をメインと考える方が使いやすい商品となっています。

>>マウスウォッシュの人気ブランドおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

バイオティーンのマウスウォッシュの種類

バイオティーンのマウスウォッシュの種類

バイオティーンの商品は洗口液のみとなっています。液体タイプとジェルタイプもあるのでこちらも紹介しておきたいと思いますが、どちらも効果としては相違はそれほどありません。使い方やシーンによって購入するものが変わると思っていただければいいです。

>>洗口液と液体歯磨きの違いについて詳しくはコチラ

バイオティーン マウスウォッシュ

現在の価格はコチラ

こちらは液体タイプのマウスウォッシュとなっています。ボトルは59ml、240ml、474mlの3種類あり、使う人数やシーンで選べるようになっています

特徴としては先ほど説明させていただいたように、口内の保湿をメインとしており口臭予防の効果を発揮してくれる商品となっているので、ドライマウスなど口内の乾燥を気にされる方におすすめです。

バイオティーン オーラルバランスジェル

現在の価格はコチラ

こちらはジェルタイプのマウスウォッシュとなっています。液体タイプだと口内の洗浄後に吐き出さなければならないため、洗面所や化粧室などが必要となりますが、ジェルタイプになると、口内に含み舌や指で塗り広げる形になるので、吐き出す必要はありません

これにより口内の保湿と口臭予防を実現しています。洗面台などを使えない環境で口臭予防をしなければいけないような状況がある方にはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
マウスウォッシュの人気ブランドおすすめランキング
ブランド
ランキング
口臭予防におすすめなマウスウォッシュ
口臭予防
おすすめ
歯周病予防におすすめなマウスウォッシュ
歯周病予防
おすすめ
口内炎予防におすすめなマウスウォッシュ
口内炎予防
おすすめ
おすすめのホワイトニングマウスウォッシュ
ホワイトニング
おすすめ