歯磨きと併用で口臭や歯周病予防!
ピントルのマウスウォッシュ(洗口液)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
マウスウォッシュの人気ブランドおすすめランキング
ブランド
ランキング
口臭予防におすすめなマウスウォッシュ
口臭予防
おすすめ
歯周病予防におすすめなマウスウォッシュ
歯周病予防
おすすめ
口内炎予防におすすめなマウスウォッシュ
口内炎予防
おすすめ
おすすめのホワイトニングマウスウォッシュ
ホワイトニング
おすすめ
スポンサーリンク

口内炎予防におすすめなマウスウォッシュと上手な選び方

口内炎予防におすすめなマウスウォッシュ

食事をするとき、痛くて口にものを入れるのが億劫になる口内炎、出来る事なら作りたくないところです。しかし口内炎ができる理由を知ってみえる方は以外にも少ないのではないでしょうか?

実はその原因をしっかりと理解していれば、予防することも可能なのです。それには口内を洗浄するマウスウォッシュも有効です。こちらでは口内炎予防におすすめなマウスウォッシュと上手な選び方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

口内炎の原因

口内炎の原因

まずは口内炎について、そしてその原因から見ていきましょう。ご存知の通り、口内炎は口の中や舌の粘膜に起こる炎症の総称です。しかし総称である以上、いくつかの種類に分類することができます。

見た目では「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」に分類されます。また痛みの有無から有痛性口内炎と無痛性口内炎に分類されます。またその原因でも分類できます。予防のためにはこの原因を知ることが重要となります。

原因 症状名
細菌感染 カタル性口内炎
壊死性潰瘍性口内炎
壊疽性口内炎(水癌)
ジフテリア性口内炎
猩紅熱性口内炎
淋菌性口内炎
ウイルス感染 単純疱疹
帯状疱疹
手足口病
麻疹
アフタ性口内炎 再発性アフタ性口内炎
ベーチェット病

この中のアフタ性口内炎が一般的な口内炎を指す場合が多いです。またその他から放射性口内炎というものも存在します。

多くを占めるこのアフタ性口内炎は、ステロイドによる治癒が促進されることから、アラキドン酸代謝物の採用の亢進により、最終的にアフタ性口内炎が形成されることは示唆されますが、実は現在のところ正確なメカイズムは分かっていません。

免疫学的異常が関わっているのではないか、という説もあります。その面も含め、考えられる要因は以下の通りです。

  • 偏食による鉄分やビタミン不足
  • ストレスや睡眠不足
  • 口内を噛むなどの不正咬合や歯ブラシによる粘膜への物理的刺激
  • 唾液の不足や口腔の乾燥
  • 口腔内の不衛生や歯垢の付着した入れ歯の装着
  • 歯磨き粉やマウスウォッシュの成分による粘膜の損傷
    (ラウリル硫酸ナトリウムなど)

特にビタミン欠乏症の症状として口内炎が現れることがあります。また食物アレルギーや人や粘膜の薄いことから口内炎になりやすい体質の人もいます。

口内炎の予防方法

口内炎の原因は実際のところ、最も多いとされるアフタ性口内炎の原因が多々あり、不確定であることから予防はしにくいように思われます。

しかし、その内の口内が直接の原因と考えられているものなら改善することも可能です。また細菌感染やウイルス感染に関しても予防は可能となります。要は口内の環境改善と口内炎を起こす可能性がある細菌やウイルスの殺菌が必要ということです。

これを徹底することにより、口内炎は予防できます。鉄分やビタミン不足、ストレスや睡眠不足は日ごろの生活習慣の改善などが求められるので、気をつけられる方はその見直しも行ってください。口内炎の治りを早めるために必要な栄養摂取には「チョコラBB」も定番として愛用者が多いドリンク剤ですので、効果的に活用したいところです。

>>チョコラBBについて詳しくはコチラ

口内炎対策向けマウスウォッシュの選び方

口内炎対策向けマウスウォッシュの選び方

さて、口内の環境改善や殺菌はマウスウォッシュを使うことで行うことが可能です。ただしマウスウォッシュだけでは効果をしっかり得られないので、歯磨きと併用して行うようにしてください。

>>歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類

マウスウォッシュは元々殺菌効果のある成分が含まれており、それによって虫歯菌や歯周病菌の活動を抑制しています。これは何もこの2つの細菌だけに効くわけではなく、その他の細菌にも有効な成分です。

それ故に口内にいるその他の常在菌の数も減らしてしまいます。この細菌は口内に悪い影響をほとんど与えず、細菌バランスを整えているのでマウスウォッシュのしすぎはかえって逆効果になります。

用法用量を守って使えば、口内炎の原因となる細菌にも効果を期待できます。殺菌効果を謳う製品なら口内炎の予防にも効果があると思っていただいて大丈夫です。

ただ気をつけたいのは刺激が強いものやエタノールなどのアルコールが含まれているものは避けるべきです。口内炎になりかけ、あるいは既に口内炎がてきている場合はその刺激が症状を悪化させることもあるからです。できるだけノンアルコールのものを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

口内炎予防におすすめのマウスウォッシュ:厳選3種

口内炎予防におすすめのマウスウォッシュ:厳選3種

それでは口内炎予防におすすめのマウスウォッシュをご紹介してきます。先述した効果を持つ、特に口内炎予防におすすめの3種を出させていただきました。購入の際の参考にしてみてください。

リステリン(LISTERINE) / リステリン ナチュラルケア

現在の価格はコチラ

こちらはアルコール成分を含まず、刺激が少ないタイプのリステリンです。高い殺菌効果を期待できる成分を含んでいるので、口内炎の原因となるような細菌を殺菌してくれます。また口内の洗浄にも有効です。

リステリンが多くの種類が販売されており、それぞれ効果や刺激が違いますが、こちらは低刺激のおかげで幅広い方が使いやすいマウスウォッシュになっています。口臭や歯周病予防にも効果を期待できます。

>>リステリンのマウスウォッシュについて詳しくはコチラ

アプトケア(Aptcare) / プラティクルリンス

現在の価格はコチラ

こちらは爽快感よりも刺激の少なさを優先した成分となります。湿潤剤も含まれているので、唾液の分泌を刺激して口内炎の原因の1つである口内の乾燥を防ぐこともできます。

口内炎や歯周炎、抗癌治療中でも口のケアができるのが、この製品のポイントでもあります。

イソジン(isodine) / うがい薬

現在の価格はコチラ

イソジンはうがい薬で有名ですが、こちらの殺菌消毒効果は口内炎にも効果的だと言われています。口内の細菌を10分の1まで減らすことが期待でき、3時間以上の効果時間が確認されています。

これによって口内を長時間清潔に保つことができるので、口内炎につく細菌を抑えられ、細胞の回復がしやすくなります。ただあくまでもうがい薬であるため、過度な期待は禁物であり、即効性も無いので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
マウスウォッシュの人気ブランドおすすめランキング
ブランド
ランキング
口臭予防におすすめなマウスウォッシュ
口臭予防
おすすめ
歯周病予防におすすめなマウスウォッシュ
歯周病予防
おすすめ
口内炎予防におすすめなマウスウォッシュ
口内炎予防
おすすめ
おすすめのホワイトニングマウスウォッシュ
ホワイトニング
おすすめ