ヘアケアの基本はシャンプーから!
ピントルのシャンプー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン

意外と知らない?シャンプーの種類と特徴や成分について

シャンプーの種類と特徴や成分

シャンプーはどこの家庭でも普通に置いてあり、物心ついたときにはあって当然のアイテムだった、という人が多いのではないでしょうか。でもよく考えてみると私達はシャンプーについてあまりよく知らないんですよね。

そこで今回はシャンプーとは何なのかを解説するために、シャンプーの効果や歴史、種類やシャンプーに含まれる成分などを紹介していくので、ぜひ参考にしてシャンプーについての理解を深めていってください。

スポンサーリンク

シャンプーとは?効果や特徴

シャンプーとは?効果や特徴

シャンプーは頭髪および頭皮を洗浄するための「洗剤」という位置付けです。薬事法の観点でいくとシャンプーは「化粧品」または「医薬部外品」に分類されます。

化粧品は「人の体を清潔に保って容姿を美しくするもの」、医薬部外品は「医薬品より穏やかな薬効のあるもの」という役割があります。

シャンプーの語源や歴史

日本のシャンプーという言葉は英語の「SHAMPOO」から来ていますが、英語のSAMPOOはヒンドゥスターニー語の「chāmpo」から来ていると言われています。昔は頭皮マッサージという意味合いで使われていましたが、1860年頃から「洗髪」という意味で使われるようになりました。

日本では「髪は結うもの」だったので江戸時代頃は髪を洗うのは1カ月に1度程度でした。それも髪を結う際の油を落とすためのもので、米ぬかや小麦粉などが用いられていました。

それから大正期~昭和初期に洋髪が流行し出すのですが、日本人の髪は固くて洋髪にするのが容易ではありません。そこで髪に油分を与えるためのシャンプーが普及しはじめ、固形石鹸から徐々に液体シャンプーとなり、各メーカーが思考を凝らして商品開発をし、現在に至ります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類

ここではシャンプーの種類について紹介していきます。シャンプーは大別すると以下の3つの種類に分けることができます。

  • 高級アルコールシャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • アミノ酸シャンプー

それぞれ特徴を見ていきましょう。

高級アルコール系シャンプー

高級という言葉がつくと値段が高い、品質が良いと思われがちですが、アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコールと呼びます。

一般的に売られているシャンプーのほとんどがこの「高級アルコール系シャンプー」です。アルコールの炭素数が多いと泡立ちも良く洗浄力もあって低価格なので手にしやすいですが、逆に言えば特徴がそれしかありません。

ですから、特に髪や頭皮に悩みがなく、安いシャンプーでただ洗えれば良いという人におすすめのシャンプーです。ただし、多くは石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われていることが多いので、肌にはあまり良いものではありません。

石鹸シャンプー

石鹸とは天然由来の油脂や脂肪酸にアルカリを反応させて作られたもので、石油系の材料を使わないことが多いので肌に優しい物を使いたいという人から人気を集めています。

洗浄力も強く、毛穴の汚れまでも落としてくれますが、正しい使い方をしないと強すぎる洗浄力で必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

>>人気の石鹸シャンプーおすすめランキングはコチラ

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われたシャンプーです。肌への刺激が少なく、頭皮にも優しいという非常におすすめできるシャンプーの種類です。

ただし、肌の弱い人や乾燥しやすい頭皮・頭髪の人には相性が良いですが、洗浄力はそこまで強くないので頭皮がベタベタするほど皮脂の多い人には物足りない場合があります。

>>人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

シャンプーに使われる成分

シャンプーに使われる成分

シャンプーは主に水と界面活性剤(洗浄剤)で構成されています。基本的な配分は水が50~70%、界面活性剤が30~40%です。髪や頭皮に良いとされている石鹸シャンプーやアミノ酸シャンプーは界面活性剤に特徴があります。

  • 石鹸シャンプー:天然由来の油脂から作られる界面活性剤を使っている
  • アミノ酸シャンプー:界面活性剤の中にアミノ酸を含んでいる

これ以外だと石油系の界面活性剤が使われていることがあるので、頭皮や髪の毛にあまり良くないと言われています。

配合成分で見分ける場合は以下を参考にしてみてください。

  • 高級アルコール系シャンプー:ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなど
  • 石鹸シャンプー:脂肪酸、石鹼素地など
  • アミノ酸シャンプー:メチルアラニン、グルタミン酸など

シャンプーに使われる注意すべき成分

高級アルコール系シャンプーに含まれることが多いですが、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸TEA

などは石油系の界面活性剤で肌に良くないので、肌が敏感な人ほどなるべく避けるようにしましょう。

>>人気の低刺激シャンプーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン