ヘアケアの基本はシャンプーから!
ピントルのシャンプー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン

頭皮ケア!シャンプーブラシの効果的な使い方と注意点

シャンプーブラシの使い方と注意点

シャンプーブラシは頭皮に良いらしいけど口コミによっては否定的な意見もあるし、実際どんな効果があるんだろう、と疑問に持つことがあります。

しかしシャンプーブラシは正しく使えば健康な頭皮と綺麗な髪の味方になってくれますよ。今回はそんなシャンプーブラシの効果を紹介した後、正しい使い方と上手に使うポイントを解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シャンプーブラシ(頭皮ブラシ)の効果

シャンプーブラシ(頭皮ブラシ)の効果

シャンプーブラシには主に4つの効果とメリットがあります。

  • 頭皮をしっかりと洗うことができる
  • 頭皮マッサージが簡単にできる
  • 頭皮環境が整うことで健やかな髪を育むことができる
  • 爪に負担がかからないのでネイルが長持ちする

シャンプーは基本的に手でおこなうことが多いですが、シャンプーブラシは指よりも細く細かいので指だけで洗うよりも頭皮に届きやすく、汚れを落とす力やマッサージの効果をより実感しやすくなります。

シャンプーブラシは指よりも大きいので、洗いムラを減らしたり、広範囲にマッサージできるなどメリットが大きいです。こうして頭皮環境を整えることにより、元気な髪が生えやすくなります。

>>シャンプーブラシの効果と選び方はコチラ

>>人気のシャンプーブラシおすすめランキングはコチラ

シャンプーブラシの効果的な使い方

シャンプーブラシの効果的な使い方

メリットが大きいシャンプーブラシですが、正しく使わないと効果も半減してしまいます。ここではシャンプーブラシの正しい使い方を紹介するので参考にしながら上手に使っていきましょう。

シャンプーブラシの使い方の手順

  1. 入浴前に丁寧に髪の毛をブラッシングする
  2. お湯で優しくしっかりと髪の毛を洗う
  3. 手でシャンプーをしっかりと泡立てる
  4. 泡を髪の毛全体に丁寧に馴染ませる
  5. シャンプーブラシを使って、左右に小刻みに動かして頭皮を洗う
  6. 生え際や耳の後ろ、襟足など洗い残しのないように気を付ける
  7. お湯でしっかりとシャンプーを洗い流す

1.入浴前に丁寧に髪の毛をブラッシングする

事前にブラッシングしてほこりや小さなゴミを取り除きます。この時頭皮を傷つけるといけないので優しくおこなうようにしましょう。

2.お湯で優しくしっかりと髪の毛を洗う

シャンプーの前にお湯で「髪の毛」を洗い流します。ここで髪の毛の汚れを落としておくとシャンプーの泡立ちが良くなります。

3.手でシャンプーをしっかりと泡立てる

液体のまま髪の毛にシャンプーをつけるのでなく、手でよく泡立ててから髪の毛に乗せます。手で泡立てるのが難しい場合は泡立てネットなどを用意していきましょう。

4.泡を髪の毛全体に丁寧に馴染ませる

泡を髪の毛と頭皮に馴染ませていきます。指の腹を使って全体にまんべんなく馴染ませましょう。

5.シャンプーブラシを使って、左右に小刻みに動かして頭皮を洗う

全体に泡が馴染んだらシャンプーブラシを使って頭皮を洗っていきます。前髪の生え際、頭頂部、耳の後ろ、後頭部、襟足、の5か所に分けて洗うと洗いやすいでしょう。

6.生え際や耳の後ろ、襟足など洗い残しのないように気を付ける

洗い残しのないようにしっかりと洗っていきます。特にべたつきが気になるところなどは意識して洗うようにします。

7.お湯でしっかりとシャンプーを洗い流す

洗い終わったらお湯でシャンプーを流します。ここでシャンプーが残ってしまうと頭皮に悪影響なのでしっかりと流しきるようにしましょう。

スポンサーリンク

シャンプーブラシの使い方の注意点

シャンプーブラシの使い方の注意点

最後にシャンプーブラシを使う時のポイントとして注意点を紹介していきます。間違って使うと髪が抜けてしまったりと本末転倒なので、ポイントを理解して上手に使っていきましょう。

力を入れすぎない

頭を洗うときには基本的に力はいりません。シャンプーブラシを押し当ててゴリゴリと洗っていると頭皮が傷んでしまうので注意してください。

洗っているうちに頭皮が痛くなったりヒリヒリしてきたら力を入れすぎています。あくまで「優しく揉む」ように洗うことがポイントです。

髪の毛が絡まないようにする

シャンプーブラシに髪の毛が絡まると抜けてしまうことがあります。

  • 事前に丁寧にブラッシングする
  • 部分的に小刻みに動かす

この2つを意識すれば絡まりづらくなります。特に円を描くように動かすと絡まりやすいので左右に動かすことを意識しましょう。

長時間使用しない

皮脂が気になっている人は特に長時間使ってしまいがちですが、皮脂を落としすぎると肌に悪影響があります。肌にとって皮脂は必要な物なので、落としすぎないように適度に洗うことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン