ヘアケアの基本はシャンプーから!
ピントルのシャンプー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン

頭皮に優しく!シャンプーの効果的な使い方とポイント

シャンプーの使い方とポイント

髪質や頭皮を気にする人は質の良いシャンプーを使って毎日のケアを頑張っていることかと思います。しかし、なかなか髪質も頭皮環境も良くならないという場合には根本的に「シャンプーの使い方」が間違っているのかもしれません。

シャンプーの使い方なんてどこで習うわけでもないので我流でやっていて当然です。そこで今回はシャンプーの正しい使い方と上手に使うポイントを紹介していくので、参考にしながらしっかりと頭皮のケアをおこなっていきましょう。

スポンサーリンク

シャンプーの効果

シャンプーの効果

シャンプーの最大の効果と言えば汚れを落とすことです。頭皮は皮脂腺が多いので必要以上の皮脂が分泌されてしまいます。

その余分な皮脂が毛穴に入ったり、酸化することによってヘアサイクルを乱し抜け毛や薄毛の原因になるので頭皮の汚れを落とすことは非常に大切です。また、髪の毛についている整髪料や汚れを落とすこともシャンプーの役割の1つです。

基本的には「頭皮と髪の汚れと皮脂を落とす」ことがシャンプーの効果ですが、スカルプシャンプーや頭皮の肌質改善を目指す成分が入っているものだと、汚れを落とすほかに頭皮環境を整える効果も期待できます。

シャンプーの効果的な使い方

シャンプーの効果的な使い方

単に洗うだけでなく、効果的な使い方によって髪や頭皮のトラブルの改善に繋がりやすくなります。いつも自分がやっている使い方は一旦置いておいて読み進めてみてください。

シャンプーの使い方の手順

  1. 入浴前に髪をブラッシングする。
  2. お湯で丁寧に髪を洗い流す。
  3. 適量を手に取り、手で軽く泡立てる。
  4. 髪ではなく、頭皮に馴染ませるように洗う。
  5. 洗い残しがないようにお湯でしっかりとすすぐ。
  6. リンスやコンディショナー、トリートメントを髪に塗る。
1.入浴前に髪をブラッシングする。

髪が濡れる前にブラッシングしてホコリと髪の絡まりをときます。髪が絡まったままだと洗っているときに抜けたり、ホコリによって地肌が傷つくことがあるので、意外と重要なポイントです。

2.お湯で丁寧に髪を洗い流す。

シャンプー前の予洗いと言いますが、どのくらいおこなっているでしょうか?実は30秒近くお湯だけで洗うことが大切です。汚れの中にはお湯だけで落ちるものがあるので、ここでしっかりと髪を洗い流しましょう。

3.適量を手に取り、手で軽く泡立てる。

シャンプーを直接髪の毛に塗るのではなく、一旦手で泡立ててから髪の毛に乗せるようにします。こうすることで泡が汚れを包み込み、汚れが落ちやすくなります。

4.髪ではなく、頭皮に馴染ませるように洗う。

シャンプーは髪の毛でなく頭皮を洗います。頭皮を洗うように意識して指の腹でマッサージしながら洗っていきましょう。髪の毛は頭皮を洗っている最中に泡で洗われるので、後から髪の毛だけを洗い流す必要はありません。

5.洗い残しがないようにお湯でしっかりとすすぐ。

良く洗えたら38℃前後のお湯でしっかりと洗い流します。シャンプーのすすぎ残しは、フケや抜け毛などの頭皮トラブルを招くのでしっかりと洗いましょう。

6.リンスやコンディショナー、トリートメントを髪に塗る。

シャンプーを洗い流したら軽くタオルドライをしてからリンスやコンディショナーを塗っていきます。リンスやコンディショナーはシャンプーとは逆で「髪の毛だけ」に塗りましょう。

リンスやコンディショナーは頭皮には何のメリットもなく、ただの汚れになってしまうので髪の毛だけに塗ることを意識してください。最後はしっかり洗い流して完了です。

>>コンディショナーの専門ページはコチラ

>>トリートメントの専門ページはコチラ

スポンサーリンク

効果的なシャンプーの使い方のポイント

効果的なシャンプーの使い方のポイント

最後にシャンプーを正しく使いながらより効果を実感するためのポイントを紹介していきます。正しい使い方と合わせて覚えておいてください。

入浴前は丁寧にブラッシング

入浴前のブラッシングは省いてしまっている人が多いかなと思いますが、実際は非常に重要なポイントです。ホコリと髪の絡まりをしっかり落としてからシャンプーをするクセをつけましょう。

髪ではなく、まずは手で泡立てる

手で泡立てるのも大きなポイントです。シャンプーには髪と髪の摩擦によるダメージを防ぐ効果もあるので、最初に泡立てて髪に塗ったほうが髪へのダメージを少なくすることができます。

頭皮をマッサージするように洗う

シャンプーをしながら指の腹で頭皮を揉むようにマッサージするとより健康な頭皮を育むことができます。この時、爪を立ててしまうと頭皮が傷つくので注意しましょう。

爪が長い人やネイルをしている人、頭皮マッサージが面倒だという人は「シャンプーブラシ」という便利なものがあるので、合わせてチェックしてみてください。

>>人気のシャンプーブラシおすすめランキングはコチラ

シャンプーをしっかりと洗い流す

シャンプーのすすぎ残しは頭皮に大きな負担をかけてしまいます。フケなどの頭皮トラブルにつながるので、面倒でもしっかりと洗い流すようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン