ヘアケアの基本はシャンプーから!
ピントルのシャンプー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン

【2018年最新】人気の石鹸シャンプーおすすめランキング

石鹸シャンプーおすすめランキング

シャンプーの種類のひとつである石鹸シャンプー。「石鹸」というと肌や髪の毛、環境に優しいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

確かに石鹸シャンプーは生分解性が高いので環境に優しいシャンプーですが、洗浄力が非常に強いので人によっては髪の毛や頭皮トラブルの原因になります。

それだけでなく、石鹸シャンプーを使用すると髪の毛がアルカリ性に傾いてしまう為、専用のリンスで酸性に戻す必要がありますし、髪の毛がきしんでしまうので洗い方にコツがあったりします。

ここでは石鹸シャンプーについての解説やおすすめの商品をランキング形式で紹介しています。

最後には石鹸シャンプーの上手な使い方も紹介しているので、石鹸シャンプーに興味がある人はぜひチェックしてみてください!

目次 [非表示]

スポンサーリンク

石鹸シャンプーとは?

石鹸シャンプーとは?

石鹸シャンプーは、動植物の油とアルカリ性の水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを反応させて作る界面活性剤の一種で石鹸を主成分としたシャンプーです。

原料は天然であるのの、人工的に作られている界面活性剤となります。

生分解性に優れており、環境い優しい自然派の人から好まれる傾向になり、添加物を含んでいない商品が多い為、アトピーやアレルギーの人にも好まれることが多いです。

石鹸シャンプーの成分と見分け方

石鹸シャンプーは主に以下の成分が成分表示に記載されています。

  • カリ石けん素地、石けん素地
  • 脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム
  • オレイン酸、ラウリン酸

商品によって記載されている名前が違う場合がありますが、上記の成分が石鹸成分であることを覚えておきましょう。石鹸シャンプーであるかどうか見分けたい時に役立ちます。

>>シャンプーの成分について詳しくはコチラ

石鹸シャンプーの特徴・効果

石鹸シャンプーの特徴・効果

石鹸シャンプーは優しいイメージが強いですが、他のシャンプーの種類と同様、メリット・デメリットがあります。

自分の髪の毛や頭皮に合うか合わないかを特徴を踏まえて判断する必要があるので、「石鹸シャンプー=安全・安心」と思いこまないで使用するかどうかを決めましょう。

以下でメリット・デメリットを紹介するので、石鹸シャンプーを使うかどうかの参考にしてみてください。

メリット

石鹸シャンプーのメリットは以下のものが挙げられます。主に洗浄力・脱脂力の強さが特徴となっています。

  • 洗浄力・脱脂力が強い
  • 生分解性が高いので環境に優しい
  • 無添加の商品が多い
  • 低価格
洗浄力・脱脂力が強い

石鹸シャンプーは洗浄力・脱脂力が強いのが特徴です。

髪の毛の汚れや頭皮の皮脂、ワックス等のスタイリング剤をしっかりと洗い落とすことができます。

さっぱりとした洗い上がりになります。

生分解性が高いので環境に優しい

石鹸は生分解性が高い(微生物に分解されやすい)ので、汚水として流した時、環境にとどまる時間が短く、残りづらいのがメリットです。

高級アルコール系シャンプーやアミノ酸シャンプーに比べて、環境に影響のない無機物に分解される究極分解までの時間が非常に短いので、環境に優しいシャンプーであると言えます。

無添加の商品が多い

旧表示指定成分が含まれていない商品が多いので、アレルギーを持っている人は安心して使用することができます。

ただ、「無添加=絶対に安心」というわけではないので、成分と髪の毛・頭皮の相性が悪い場合もあります。

低価格

石鹸シャンプーはいろいろな成分を多く配合しているわけではなく、成分配合がシンプルなので安価な商品が多いです。

毎日使用するものなので、コストが低く済むのメリットは大きいと言えます。

デメリット

上記のメリットで紹介した洗浄力の強さが、逆にデメリットにも繋がります。石鹸シャンプーを心地よく使うには、正しい使い方を理解する必要があります。

  • 皮脂を落としすぎる
  • 髪の毛がごわつきやすい、きしみやすい
  • カラー、パーマが落ちやすい
  • 使い方に注意が必要
皮脂を落としすぎる

上記のメリットでの紹介しましたが、洗浄力・脱脂力の強さはメリット・デメリットを持った諸刃の剣です。

頭皮の皮脂はバリアの役目があり、そういった必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があります。

頭皮が乾燥してしまうことになりますし、それによって皮脂が過剰に分泌され頭皮がべたついてしまう等、使う人によっては頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。

髪の毛がごわつきやすい、きしみやすい

石鹸シャンプーは基本的にアルカリ性なので、洗ってる最中や洗い上がりがきしみます。

髪の毛や頭皮は弱酸性なので、アルカリ性の石鹸シャンプーで洗うと髪の毛のキューティクルが開いてしまい、傷みやすい状態になってしまいます。

石鹸シャンプーを使用したら、必ずクエン酸リンス等を使用して、アルカリ性から酸性に戻す必要があります。

カラー、パーマが落ちやすい

石鹸シャンプーはアルカリ性なのでキューティクルが開いてしまい、洗浄力も強いのでカラーが落ちやすく、傷むことによって髪の毛の水分バランスが悪くなり、パーマの持ちも悪くなります

カラーやパーマをしている人は石鹸シャンプーの使用は避けるようにしてください。

使い方に注意が必要

石鹸シャンプーを使用するとキューティクルが開いてしまい、髪の毛が傷みやすい状態になってしまいます。

洗ってる最中の指や髪の毛の摩擦で傷んだり切れ毛になる場合がありますし、洗い上がりもきしんでしまうので、なるべく速やかに洗いクエン酸リンス等を使う必要があります。

スポンサーリンク

石鹸シャンプーは頭皮の脂性が強い人におすすめ!

石鹸シャンプーは頭皮の脂性が強い人におすすめ!

洗浄力と脱脂力が強いのが石鹸シャンプーの特徴ですので、普段髪の毛や頭皮がべとつきやすい脂性肌の人におすすめです。

髪の毛や頭皮の汚れや皮脂、毛穴汚れもしっかりと洗い落とすことができます。

また、生分解性(究極分解)に優れている特徴もあるので、環境に優しいアイテムにこだわっている人にもおすすめできるのが石鹸シャンプーの魅力です。

シャンプーの選び方について詳しくはコチラ

カラー・パーマをしている人には不向き

洗浄力が非常に強いので、ダメージヘアの人には不向きです。

それに加え、石鹸シャンプーで髪の毛を洗うとキューティクルが開いてしまうので、カラーが落ちやすいデメリットがあります。

パーマの持ちも悪くなってしまうので注意が必要です。

乾燥肌の人には不向き

洗浄力・脱脂力が強いので、皮膚の必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

皮脂はバリアの役目を果たしてくれるので、肌が乾燥しやすい人が石鹸シャンプーを使用すると、必要な皮脂を洗い落としてしまうので肌トラブルの原因になる可能性があります。

石鹸シャンプーの疑問について

石鹸シャンプーの疑問について

石鹸シャンプーを使用して、「抜け毛が増えた・減った」や「白髪が増えた・減った」という口コミが見受けられます。

石鹸シャンプーには基本的に、直接的な抜け毛・白髪改善効果はありませんし、抜け毛・白髪が増えるというデメリットもありません。

ではなぜ人によってそのような口コミがあるのか、以下で解説していきます。

抜け毛が増える?

石鹸シャンプーを使用すると抜け毛が増えるという直接的なデメリットはありません。

抜け毛が増えたと感じた場合は、石鹸シャンプーを使用したことによって頭皮環境が悪化して抜け毛が増えた可能性があります。

石鹸シャンプーは脱脂力が強いので、頭皮バリアの役割を果たしている必要な皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮の状態が悪くなってしまいます。

逆に抜け毛が減ったという声もありますが、頭皮の余計な皮脂をしっかりと洗い落すことによって、頭皮環境が良くなった可能性があります。

また、抜け毛が増えたという人の中には、石鹸シャンプーで洗うと髪の毛がきしんでしまうので、指等に引っかかって切れ毛が増えた可能性もあります。

特に頭皮に問題がない人や、乾燥肌の人は、石鹸シャンプーの使用を控えた方が無難かもしれません。

白髪に効果あり?

白髪についても抜け毛と同様です。

石鹸シャンプーが直接作用して、白髪が増えたり減ったりすることはありません。

頭皮環境の改善・悪化によって影響する可能性がありますので、あまり神経質になる必要はありません。

石鹸シャンプーを使用する場合は、自分の髪の毛の状態や頭皮に合っているかどうかを確認してください。

石鹸シャンプーおすすめランキング

石鹸シャンプーおすすめランキング

成分やコスパを基準におすすめできる石鹸シャンプーをランキング形式で紹介していきます。

特徴を踏まえて自分の髪の毛や頭皮に合う石鹸シャンプーを選んでください。

おすすめのシャンプー総合ランキングはコチラ

第1位:ミヨシ / 無添加せっけんシャンプー

現在の価格はコチラ

水と石鹸成分のみで作られている石鹸シャンプーです。

香料や着色料、防腐剤も使用していないので非常に安全性が高く、アレルギーテスト済なので安心して使いやすい商品です。

安全性を重視したい人におすすめできる優秀な石鹸シャンプーであると言えます。

第2位:M-mark / アミノ酸せっけんシャンプー

現在の価格はコチラ

石鹸成分を主成分とし、アミノ酸成分を配合した石鹸シャンプーです。

アミノ酸成分によって石鹸シャンプーの特徴である髪の毛のきしみを軽減しており、頭皮への刺激への配慮がされている特徴があります。

洗い上がりのきしみが軽減されてはいますが、専用リンスの使用を忘れないよう注意してください。

第3位:パックスナチュロン / シャンプー

現在の価格はコチラ

石鹸シャンプーの中でも知名度・人気共に高い商品です。

ローズマリーやラベンダー等の精油を原料にした香料が配合されているのでいい匂いがしますが、肌への影響で香料が心配な人は控えた方がいいかもしれません。

安全性が高い防腐剤としてトコフェロール(ビタミンE)が使用されており、気持ち程度にアンチエイジングが期待できます。

第4位:シャボン玉石けん / 無添加せっけんシャンプー

現在の価格はコチラ

水と石鹸成分のみで作られており、環境に優しくシンプルな配合になっている石鹸シャンプーです。

専用リンスを使用する必要があるものの、香料や防腐剤等が一切配合されていないので、添加物の心配がある人におすすめの商品です。

第5位:牛乳石鹸 / カウブランド 赤箱

現在の価格はコチラ

身体や手を洗う石鹸として非常に高い知名度を持った牛乳石鹸の固形石鹸です。

髪の毛を洗うことも可能で、スクワランや乳脂によって頭皮を保護してくれます。

固形石鹸で髪の毛を洗うことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、問題なくシャンプーすることができますし、これひとつで全身を洗うことができるのでコスパに非常に優れている商品であると言えます。

スポンサーリンク

石鹸シャンプー用リンスおすすめランキング

石鹸シャンプー用リンスおすすめランキング

石鹸シャンプーに必須とも言える石鹸シャンプー用リンスのおすすめ商品を紹介します。

アルカリ性に傾いた髪の毛を酸性に戻す為に必要です。ぜひチェックしてみてください。

また、石鹸シャンプー用リンスには、「そのまま使用する商品」と「濃縮してあるので水で希釈して使用する商品」があります。

石鹸シャンプー用リンスを購入する際は注意してください。

第1位:ミヨシ / 無添加せっけんシャンプー用リンス

現在の価格はコチラ

水とクエン酸のみで作られているリンスです。

香料や着色料、防腐剤を含んでいないので安全性が高いリンスであると言えます。

使用する際は希釈する必要があるので注意してください。

第2位:M-mark / PH調整コンディショナー

現在の価格はコチラ

乳酸によって髪の毛を酸性に傾け、髪の毛の保湿・保護成分を配合しているリンスです。

石鹸シャンプーによる髪の毛のきしみを軽減するだけでなく、コンディショニング効果も持っているのが特徴のリンスです。

そのまま使用できるタイプです。

第3位:パックスナチュロン / リンス

現在の価格はコチラ

クエン酸によって髪の毛を弱酸性に戻し、ラベンダーの精油を原料とした香料によって香りを楽しむことができるリンスです。

液体にとろみがあるので髪の毛に馴染ませやすいですし、防腐剤や着色料を配合していないので比較的安心して使用できるのが特徴になっています。

そのままでも希釈しても、どちらでも使用できるタイプのリンスです。

第4位:シャボン玉石けん / 無添加せっけんシャンプー専用リンス

現在の価格はコチラ

ややとろみのある液体で、防腐剤や着色料などは配合されていないリンスです。

そのまま使用することもできますが、お湯で希釈した方が髪の毛への負担が少ないです。

第5位:シャボン玉石けん / パウダーリンス

現在の価格はコチラ

クエン酸のみで作られたパウダータイプのリンスです。

使用する場合はお湯に溶かす必要がありますし、直接髪に付けないようにする注意点はありますが、持ち運びやすいメリットもあるのが特徴です。

石鹸シャンプーの上手な使い方

石鹸シャンプーの上手な使い方

石鹸シャンプーは安全性が高く、環境に優しいメリットはありますが、洗浄力が強く髪の毛や頭皮への刺激が強い為、正しくシャンプーを行う必要があります。

以下で手順やポイントを解説しているので、ぜひ石鹸シャンプーの選考にしてみてください。

  1. 髪を濡らす前にブラッシングする
  2. お湯でしっかり予洗いする
  3. 石鹸シャンプーを泡立てて洗う
  4. 石鹸シャンプー専用リンスを使用する
  5. 優しくタオルドライした後、ドライヤーで乾かす

1.髪を濡らす前にブラッシングする

石鹸シャンプー前にブラシを使って髪の毛をとかすことによって、髪の毛の絡まりを取りつつ汚れを浮かせることができます。

石鹸シャンプーの泡立ちをよくすることに繋がります。

2.お湯でしっかり予洗いする

石鹸シャンプーを使用する前に、お湯だけでしっかりと髪の毛と頭皮を洗います。

お湯でしっかりと予洗いするだけで、汚れを半分以上落とすことができますし、石鹸シャンプーの泡だしを良くすることができます。

3.石鹸シャンプーを泡立てて洗う

手に石鹸シャンプーを適量だし、軽く泡立ててから髪の毛に付けて泡立てて洗います。

その際、爪を立てないように指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うのがポイントです。

洗い終わったらしっかりとお湯ですすいでください。石鹸カスが残らないように注意が必要です。

固形石鹸の場合

固形石鹸の場合は、そのまま髪の毛に擦り付けるようにして泡立ててください。

その際、固形石鹸を頭皮に直接擦り付けないように注意してください。頭皮に直接擦りつけると洗い残りやすくなります。

4.石鹸シャンプー専用リンスを使用する

石鹸シャンプーによってアルカリ性に傾いた髪の毛を、専用リンスを使用して酸性に戻してください。

そのまま使用して問題ない商品や希釈する必要がある商品もあるので、商品の使い方をしっかりと確認して使用してください。

5.優しくタオルドライした後、ドライヤーで乾かす

濡れた状態の髪の毛や頭皮は傷みやすくなっているので、優しくタオルドライしてください。

また、濡れたまま放置するのも髪の毛の傷みの原因になるので、ドライヤーで速やかに乾かすことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
安くて使える!人気の市販シャンプーおすすめランキング
おすすめ
市販シャンプー
高い洗浄力!人気の石鹸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
石鹸シャンプー
美髪に!人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング
おすすめ
アミノ酸シャンプー
コスパ!人気の安くて使えるシャンプーおすすめランキング
コスパ
シャンプー
話題!人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキング
おすすめ
ノンシリコン