虫歯&歯周病予防の基本は歯磨き!
ピントルの歯ブラシ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ
スポンサーリンク

クラプロックスの特徴や口コミ評判とおすすめ歯ブラシ

クラプロックス(CURAPROX)の歯ブラシ

歯ブラシは日本製のものだけでなく、海外でも多くのものが製造販売されています。しかしその中でも日本に輸入され、販売実績を伸ばしているものは限られたものとなります。日本で海外製のものが使用されるということは、それだけ安全性が認められたということにもなります。

歯ブラシはものによっては歯や歯茎を傷つけてしまうこともありますが、それを極力避け、口に優しい製品を販売する海外ブランドがあります。こちらではそんな口に優しい歯ブラシを製造するクラプロックスの特徴や口コミ評判とおすすめ歯ブラシをご紹介します。

スポンサーリンク

クラプロックス(CURAPROX)とは?

クラプロックス(CURAPROX)とは?

クラプロックスはスイスに本社を置くオーラルケア用品を専門に扱っている同名メーカーのブランドです。このメーカーはおよそ110年前に創業し、現在もスイスで実績が高く、世界各国でその製品が売られています

スウェーデン同様、オーラルケアには非常に厳しい基準があるスイスで成功したメーカーだけに、その製品開発の基礎は品質が高く、非外傷性・有効性・受諾性の3つを柱として製造しています。

特に歯ブラシは米国のベセスダにある国立歯科研究所のワークショップの調査結果をもとに、スイス・ベルン大学歯学部の臨床研究基金の協力のもとに作られています。

これだけ品質にこだわっているだけに、世界で実に58の国と地域で販売されており、現地の代理店にて取り扱われています。日本では歯科医医療機器専門に扱う株式会社ヨシダが代理店として販売を行っています。

クラプロックスの歯ブラシの特徴

クラプロックスの歯ブラシの特徴

クラプロックスの歯ブラシはとにかく徹底的な研究のもとに作られているため、歯間部のプラークを効率的に除去するために歯間ごとのサイズを適切に把握し、一般的な歯ブラシよりもより多くの毛先がプラークをかき出せる構造となっています。

そのために開発されたのがクレーン(Curen)ファイバーの超極細毛であり、7600本もの本数が使用されているため、大量・高密度の植毛になっているのが特徴です。ナイロンよりも弾力があり、先端0.08mmの超極細毛が効率よくプラークを取り除きます。

先述通り、非外傷性を1つ掲げているため、ブラシに力を入れなくても磨けるというのがコンセプトになっています。そのため歯肉にも大変優しく、乳幼児や歯肉炎の方でも使える、幅広い使用者のニーズに合わせた製品となっています。

クラプロックスの歯ブラシの口コミや評判

やわらかい毛先は総じて歯垢の落ち具合が悪いと評価をされるところですが、有効性にこだわったクラプロックスの歯ブラシは、それを感じさせない磨き心地になっています。もちろん非外傷性も追及しているので、歯茎に痛みを感じることがないのも評価のポイントとなっています。

リピート購入する方が多いですが、海外製の商品と言うこともあり、日本では手に入れにくいのが残念との声も挙がっていました。それでも小さい形状が人気で、大人から子供まで使用できるのは有難いところです。

歯医者でも推奨されるような歯ブラシなだけに、これを使う多くの方が周りにも勧めるほど効果に絶賛している商品となっています。

クラプロックスの歯ブラシはどんな人におすすめ?

先述した非外傷性・有効性はしっかりしているため、やわらかい毛先でもしっかりと歯垢を除去してくれるものを探している方におすすめです。その効果と実感は口コミの通りとなっていますが、歯茎が弱い方や敏感な方には特に必要な性能となります。

また歯周病が進行してしまっている方にもおすすめの商品です。歯周病が進行してしまうと通常の歯ブラシでは歯茎を傷つけることがあります。そうなると悪化してしまうため、このようなやわらかい毛先のものが必要となるのですが、まさにそのような方々が使うにはうってつけの歯ブラシとなっています。

長時間磨いていても歯茎の負担にならないため、普段あまり歯磨きをしない方も一度試してみてはいかがでしょうか。

>>目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方

スポンサーリンク

クラプロックスのおすすめ歯ブラシ

クラプロックスのおすすめ歯ブラシ:厳選3種

それではクラプロックス製の歯ブラシをご紹介してきます。とは言っても形状としての違いはなく、毛先の硬さによる種類の違いがあるだけなので、ご紹介するのはその1種のみとなります。その毛先の種類の違いなども交えながら説明させていただきますので、気になっている方は参考にしてみてください。

ウルトラソフト歯ブラシ

現在の価格はコチラ

特徴でも触れてきましたが、ヨーロッパの新しい考えにもとづいて設計されている歯ブラシであり、今までの歯ブラシと違ってコンパクトヘッドに毛を密に植毛してあるので、歯と歯茎をマッサージしながら磨けます。

歯ぐきのマッサージに的を絞っているので、毛の硬さはハードはなく、ソフトに多くの種類があり、ソフト(1560)、スーパーソフト(3960)、メガソフトの3段階あり、番号は毛の数を表しています。やわらかすぎず密に植毛された毛先が歯茎を傷つけることなく、しっかりとした歯垢除去を行ってくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ