虫歯&歯周病予防の基本は歯磨き!
ピントルの歯ブラシ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ

歯ブラシ除菌器(スタンド・ケース)おすすめランキング

おすすめの歯ブラシ除菌器

口内ケアをするために必要となるのが歯ブラシですが、皆様は歯磨きをした後、歯ブラシをそのまま放置していないでしょうか?実は濡れたままにしておくと、毛先や毛束の中では細菌が増殖していしまうのです。

こうなると衛生面で問題があるので、歯ブラシも洗浄後は水気を切って乾燥させる必要がありますが、それだけでは心配と言う方もみえるでしょう。そこで使えるのが、歯ブラシ除菌器になります。そこでこちらでは歯ブラシ除菌器のおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

歯ブラシ除菌器の必要性

歯ブラシ除菌器の必要性

まずは歯ブラシ除菌器の必要性から考えていきましょう。効果などは関連のページでご紹介していますので、そちらをご覧ください。

ただ知っておいていただきたいのは、除菌器である以上、除菌しかできません。除菌は細菌を殺すことではなく、新たに付着するのを防ぐ効果しかありません。細菌を殺すのは殺菌あるいは滅菌になります。

そうなると細菌の増殖を防ぐのを目的とするのなら除菌器は要らないのではないか、と思われるかもしれません。しかし、歯ブラシに細菌がつくのは何も口内だけではないのです。歯ブラシを保管する場所でも細菌が付くことはあります

特に家族で共同の場所で保管している場合、ブラシ部分が触れると細菌が移る可能性があります。それを防ぐのには除菌器は最適となります。また歯ブラシを持ち運ぶ場合にも、むき出しの状態でも持ち運べば、口内に居ないような細菌やウイルスが付くことがあります。

そうなると除菌をしながら持ち運べるのは非常に便利と言えるでしょう。基本は歯ブラシを使用後、洗浄して水気をしっかり取り乾燥させることで細菌の増殖は抑えられます。それにプラスして、外部から細菌が移らないようにするためにも除菌器はあると便利なアイテムとなります。

>>歯ブラシの除菌方法と効果についてはコチラ

歯ブラシ除菌器の種類と選び方

歯ブラシ除菌器の種類と選び方

そんな歯ブラシ除菌器ですが、大きく分けて2つのタイプがあります。それが洗面所に置いておくような「スタンドタイプ」と、持ち運びの際に使える「ケースタイプ」です。

用途の違いもはっきりしていますが、自宅で使うか、外出時や旅行などで持ち運びに使うかで選ぶタイプが違うのです。スタンドタイプは家族で使用できる複数収納できるものから、一人用の物まであり、そこでも用途が分かれることとなります。

ケースタイプのものは基本1本入れることとなるので本数に関する分類はされませんが、持ち運ぶ以上、デザインやサイズ、機能性について選ぶポイントが変わってきます。自分のスタイルに合うものを選ぶのが最も最適の歯ブラシ除菌器となるのです。

スポンサーリンク

歯ブラシ除菌器のおすすめランキング

歯ブラシ除菌器のおすすめランキング

それではここからおすすめの歯ブラシ除菌器のランキングをご紹介していきます。「歯ブラシ除菌ケース」と「歯ブラシ除菌スタンド」に分けて5種類ずつご紹介していきますので、購入するタイプを参考にしていただけると幸いです。

歯ブラシ除菌ケースのおすすめランキング:TOP5

まずは歯ブラシ除菌ケースからご紹介していきます。こちらは機能だけなく価格などにもポイントを置いてランキングさせていただきました。

第1位:ELEVEN / 歯ブラシ除菌器 紫外線消毒ケース
現在の価格はコチラ

こちらの商品は、UVとオゾンにより、細菌を99.9%除菌できます。また自動電源OFF機能付き:安全なスイッチを搭載して、蓋を閉めると紫外線ランプが約5分間点灯して、除菌後に自動的にスイッチが切れるのも便利です。高品質のUVランプは、超寿命で高効率なので省エネであり、コンパクトで軽量のデザインなので、持ち運びは超便利で、旅行に最適となっています。

たった5分で除菌でき、しかも自動的にスイッチが切れるのは魅力です。その点も加味した上で第1位となりました。

第2位:エセンシア(esencia) / ポータブル・シリーズ 歯ブラシ除菌器 ESA101
現在の価格はコチラ

CCFL UVランプを採用しているので紫外線ランプの長寿命化・高性能化を実現しています。またドアを閉めると自動的に約7分間動作し、除菌後は自動的に停止するようになっているのも便利です。これにより細菌を99.99%除菌することに成功しています。価格帯としてもそれほど高くなく平均的な値段としておすすめです。

高性能で長寿命、価格帯としても無難と言うことで第2位となりました。

第3位:日本トラストテクノロジー / USB歯ブラシUVケース
現在の価格はコチラ

細菌を99.9%除菌できるのはもちろんのこと自動除菌 扉を閉じると自動的に紫外線ランプが点灯、6~8分後に除菌を完了して自動停止します。何よりも便利なのは電源方式がUSB電源と乾電池の2つの電源方式が利用可能である点です。 また殺菌中に誤って扉を開けても自動で紫外線ランプがOFFになる安全設計になっています。

こちらもなかなか高性能なのですが、1位と2位には見劣りしてしまうため、第3位に落ち着きました。

第4位:オーラクリーン / 紫外線歯ブラシ除菌庫PS DV-130ST
現在の価格はコチラ

性能としては上記の3つとさほど変わらないか、やや劣ると言った商品です。特筆すべきは付属のネジで壁に固定できるところですが、携帯用として使用する方が多いでしょうからあまり利点にはなりません。価格帯としても平均的なため第4位です。

第5位:UTOREX / 歯ブラシ除菌ケースLEDランプ
現在の価格はコチラ

携帯ケースとしては申し分ないんですが、殺菌時間に少々かかり過ぎなのが気になります。放置しておけばいいので時間的な問題はいいのですが、その分だけ電気消費量は上がるのでネックです。

歯ブラシ除菌スタンドのおすすめランキング:TOP5

続いて歯ブラシ除菌スタンドのおすすめランキングをご紹介していきます。コストパフォーマンスなども加味してランキングせていただいています。

第1位:ELEVEN / 紫外線消毒歯ブラシ除菌器
現在の価格はコチラ

この歯ブラシ除菌器は、赤外線と紫外線により、歯ブラシに繁殖した細菌を99.9%除菌できます。24時間持して作業し、遠赤外線エネルギーを利用して殺菌、乾燥、消毒します。高品質のUVランプは、超寿命で高効率なので省エネを実現しているのも魅力です。

使い方はいたって簡単で、歯ブラシを入れてスイッチを押して、紫外線照射を始めるだけになります。家族5人分まで収納できるので1台でかなりお得な除菌器になります。

第2位:ECVISION / 壁付け歯ブラシスタンド
現在の価格はコチラ

こちらの商品はカバーを閉じれば自動で紫外線照射を始めてくれます。歯ブラシの広範囲な部分にUVランプを直接照射し、効果的にくまなく雑菌を除去します。約7分間点灯して、除菌後に自動消灯してくれます。これによって細菌を99.99%除菌し、歯ブラシを清潔に保ってくれます。

本体素材には抗菌・抗湿・抗臭性をもつ素材を使用して、除菌器内部も清潔に保ちます。歯磨き粉ホルダーを付属しているので、洗面台もスマートに片付きます。価格がやや高めということもあり第2位ですが、家族5人分を収納できることも考えると損ではありません。

第3位:COCORO@mode / UV除菌歯ブラシスタンド
現在の価格はコチラ

こちらは歯ブラシを紫外線ランプの方向に向けて差し蓋を閉じると自動的にスイッチが入り、6~8分の照射で除去率99%以上を誇ります。歯ブラシ4本まで同時に除菌できるので家族でもしようできます。また電動歯ブラシのブラシ部分の除菌も可能です。

性能的にはそれほど大差はありませんが、除菌率にややばらつきがあるため第3位となりました。

第4位:Seago / 歯ブラシ除菌器 SG-103A
現在の価格はコチラ

こちらは紫外線とオゾンを使って除菌するタイプです。ただ1回の除菌では完了せず、連続2回以上照射したら除菌率は99.9%に達するため、上記3つより性能的に劣ります。その点を踏まえて第4位となっています。

第5位:エセンシア(esencia) / アドバンス・シリーズ 歯ブラシ除菌器
現在の価格はコチラ

こちらも除菌器の性能は高いのですが、その分価格も非常に高いのがネックです。性能がいいものを買おうと思うと仕方ないのかもしれませんが、他のものが低価格を実現しているたけに順位としては5位となってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ