虫歯&歯周病予防の基本は歯磨き!
ピントルの歯ブラシ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ

歯科医も推奨!ワンタフトブラシおすすめランキング

おすすめワンタフトブラシ

歯磨きをしている時、普通の歯ブラシでは細かい部分が磨けているか不安になることはありませんか?一般的な歯ブラシどれだけ頑張っても届かない奥歯の裏側や、歯周ポケットなどはどうしても磨き残しが出来てしまいます

そんな時にヘッドの大きな歯ブラシに代わり、細かい部分を磨くことができるのがワンタフトブラシになります。しかし、ワンタフトブラシにも種類がありどれを選んでいいのか分からないという方もみえるでしょう。そこでこちらでは歯科医も推奨するワンタフトブラシおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ワンタフトブラシの種類と選び方

ワンタフトブラシの種類と選び方

まずはワンタフトブラシを選ぶ上でのポイントを押さえておきましょう。以下のようなポイントが挙がります。

  • プラークコントロール(虫歯予防)向け
  • 歯周病進行者向け
  • インプラント患者向け
  • 矯正患者向け

一般的な使用を考えている方はプラークコントロール向けのものを選ぶこととあります。奥歯や歯周ポケットなど普通の歯ブラシでは磨きにくい、あるいは届かないところを磨くのに使うことになるでしょう。歯周病が進行している方に関しても同じ目的で使用することになります。

しかし何も磨きにくい場所や丁寧に磨く場所はそこだけに限りません。虫歯治療をした後でのインプラントやブリッジ、あるいは歯並びを治すための矯正を行っているのであれば、それに合わせてワンタフトブラシを選ぶ必要が出てきます。特にインプラント専用のインプロという製品もあります。

このような点に気を付けながら、適したものを選ぶのがワンタフトブラシを選ぶポイントとなります。

>>ワンタフトブラシの上手な使い方についてはコチラ

ワンタフトブラシのおすすめランキング:TOP10

ワンタフトブラシのおすすめランキング:TOP10

選び方のポイントを理解していただけたと思いますが、こちらでは一般的な使用方法としてプラークコントロール向けのワンタフトブラシをご紹介していきます。ワンタフトブラシを購入しようと考えてみえる方は是非参考にしてみてください。

第1位:プラウト(Plaut) / スタンダードワンタフトブラシ

現在の価格はコチラ

プラークコントロールに最適の三角ヘッドとどんな部位にも正確にあたるアングルで、磨きにくい部位もしっかりブラッシング出来ます。

奥歯や親知らずの裏側、歯並びの悪い個所、矯正装置周辺などのブラッシングに最適です。子供の仕上げ磨きにも、細かい個所までしっかり磨けると評価の高く、性能が非常に高いことから文句なしの第1位となりました。

第2位:クリニカ(Clinica) / デンタルタフト

現在の価格はコチラ

こちらはクリニカから発売されるワンタフトブラシです。ピンポイントで毛先が届き、口の中で動かしやすい市場最高レベルのコンパクトヘッドを実現しています。

また毛先が隙間の奥までしっかり届く「ロング先細毛」、軽い力で小刻みに動かしやすいペングリップに適した、「六角形スリムハンドル」と細かい場所にまで非常に使いやすいのも特徴です。性能としてはかなり高いので2位とさせていただきました。

>>クリニカの歯ブラシの特徴や評判

第3位:Tepe  / ワンタフト

現在の価格はコチラ

Tepeから販売されているワンタフトブラシです。毛先には700本の短いソフトなフィラメントが備えられており、萌出永久歯にも最適な形となっています。またヘッドは小さく細いため奥歯までしっかり磨ける仕様です。

性能的には1位や2位に引けを取りませんが1本あたりの値段では負けてしまうので、次点の順位となりました。

>>テペの歯ブラシの特徴や評判

第4位:バトラー(BUTLER) / 集中ケアブラシ

現在の価格はコチラ

いつものブラッシングでは磨きにくい部位を集中ケアするのにおすすめのワンタフト歯ブラシです。仕上げ磨きや矯正治療中、かぶせものや孤立歯、残存歯についた歯垢もこれでしっかり落とせます。

こちらも能力的には遜色ありませんが、さらに価格が上であるため第4位となりました。

>>バトラーの歯ブラシの特徴や評判

第5位:ライオン(LION) / Ex onetuft

現在の価格はコチラ

こちらはライオンから販売されている商品です。歯間部、歯頸部、叢生部、臼歯遠心部、歯周ポケット、矯正装置周辺の磨き残しをこれで一網打尽にできます。

ハンドルは握りやすく、微妙な操作に対応できるラウンドフォルム、ネックは内側に5度傾斜し、舌側のプラークコントロールをしやすくなっています。ただ先端部分が三角形ではないため、細かい部分の操作はややしにくいとして第5位としました。

第6位:エビス(EBiSU) / プロフィッツ K10

現在の価格はコチラ

歯間部に入りやすくプラーク除去率の高い円すい状カットタイプを採用したワンタフトブラシです。臼歯遠心部に届きやすく操作がしやすい角度に植毛部を傾け、ペングリップフィットラバー付きで握りやすくなっています。またパームグリップにも対応しています。

ただ1本がかなり高い商品となっているので、性能と加味して第6位となりました。

第7位:Ciメディカル / ミクリン

現在の価格はコチラ

歯ブラシだけでは届きにくい部位の、ポイント清掃に適したブラシです。円錐状にカットされたブラシは、細かい溝にしっかり差し込む事が可能となっています。ただ元々歯科専売品なので、6位よりもさらに高いのが気になります。とは言え、歯医者でも使われていたものなので性能が高いことは確かです。

第8位:ラピス(Lapis) / ワンタフトブラシLA-001

現在の価格はコチラ

グッドデザイン賞を受賞したラピスのワンタフトブラシです。スレンダーなハンドルなどシンプルでデザインはいいものの、性能としては大きな違いはありません。デザイン以外に特筆したものがないため8位です。

第9位:ソエル(soelu) / PLUS ワンタフトブラシ

現在の価格はコチラ

こちらも歯科専売品のワンタフトブラシです。矯正装置やインプラントの周囲、叢生・崩出途中部位、根分岐部、孤立歯、また口腔ケア目的にと幅広い用途で使用できます。ただそれだけなら他の製品でも出来、価格帯で及ばないため9位となりました。

第10位:バイオリペアプロ / ワンタフトブラシ

現在の価格はコチラ

こちらはバイオリペアプロから発売されるワンタフトブラシなのですが、同名の歯磨き粉とセット販売となっています。ワンタフトブラシ自体は細かい部分の歯垢を落とし、歯肉炎を予防、知覚過敏を改善、インプラントを守ることができるのですが、如何せんは磨活き粉とセットで高いため10位です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
歯科医も推奨!目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方
歯ブラシ
選び方
歯科医も推奨!人気の歯ブラシおすすめランキング
おすすめ
歯ブラシ
歯科医も推奨!上手な歯の磨き方と歯磨き方法の種類
歯磨き
方法
生後6ヶ月から!赤ちゃん向け歯ブラシおすすめランキング
赤ちゃん用
歯ブラシ
1才〜12才まで!子供向け歯ブラシおすすめランキング
子供用
歯ブラシ