ダイエットから筋トレまで!
ピントルのプロテイン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
おすすめプロテイン
おすすめ
プロテイン
ホエイプロテイン
ホエイ
プロテイン
海外製プロテイン
海外製
プロテイン
美味しいプロテイン
美味しい
プロテイン
激安プロテイン
激安
プロテイン
スポンサーリンク

子供におすすめ!ジュニアプロテインの選び方

ジュニアプロテインの選び方

親にとって子供の成長は気になるものですよね?栄養はきちんと摂れているのかとか、病気がちになったらどうしようとか…。そんな人にお届けしたいのがジュニアプロテインの情報です。

プロテインは大人だけのものではなく、子供向けのジュニアプロテインも市販されています。それでは、ジュニアプロテインとは一体どのようなもので、その選び方とは?子供を持つ親御さんは必見です!

スポンサーリンク

ジュニアプロテインとは?

ジュニアプロテインとは?

ジュニアプロテインは子供向けに開発された栄養補助食品です。主に小中学生を対象とした商品が多く市販されています。

子供のうちから摂取しておいた方が良いとされる栄養素をバランス良く含み、食事と別にして摂ることで普段から不足しがちな栄養を補給してくれます

ジュニアプロテインの年齢別推奨摂取量は?

年齢別の推奨摂取量については、商品によってばらつきがあるようです。栄養が足りなければ1日に2回程度、バランスの良い食事を普段から心がけていれば、1日に1回でも良いでしょう。

また、体の動かし方によっても摂取量は違ってくるので、子供の運動量によって臨機応変に対応させることが重要です。極端なことをいえば、栄養の足りないときだけ摂れば良く、必ずしも毎日摂取する必要はありません。

ジュニアプロテインの効果とは?

ジュニアプロテインの主な目的は、子供の栄養補助です。そのため、ムキムキになったりすることはなく、筋肉の付き過ぎで身長が伸びなくなることもないとされています。

ジュニアプロテインには、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、欠乏症を防いでくれる効果も期待できます。

野菜や牛乳が苦手な子供にとってスムーズに栄養を補助してくれるので、体作りのサポートをしっかりとしてくれます。

大人向けプロテインとの違いとは?

ジュニアプロテインが大人向けプロテインと違う点は、1食分のたんぱく質と栄養素の含有量です。

たんぱく質でいうと、大人向けのプロテインは通常のもので約75%含まれていますが、ジュニアプロテインは約45%とかなり少ないのがわかります。

栄養素に関しても、ジュニアプロテインにはたんぱく質が少ない分、子供の成長に欠かすことのできない栄養素を多く含むのが特徴です。

例を挙げるとカルシウム、マグネシウム、鉄分、その他ビタミンが、豊富に含まれている商品も多く市販されています。

ジュニアプロテインの選び方

ジュニアプロテインの選び方

ジュニアプロテイン選びにもいくつかの選び方があります。プロテインのことを知らなくても選びやすい方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ジュニアプロテインを主原料から選ぶ

ジュニアプロテインを選ぶときには、最初に主原料を確認すると選びやすいです。一般的なプロテインは大きく分けて4つ、ジュニアプロテインには大きく分けて3つの主原料が存在しますから、それぞれの特徴をある程度把握しておきましょう。

種類名 特徴
ホエイ
プロテイン
たんぱく質や、BCAAが豊富
筋肉増強におすすめ
ホエイの種類 WPC ホエイの中でも最も定番
初心者におすすめ
WPI 高濃度のたんぱく質含有量が90%以上
ダイエット目的にもおすすめ
CFM 最も品質が高いプロテイン
高級志向な方におすすめ
WPH 最も分解されたタイプのプロテイン
圧倒的な吸収速度
ソイ
プロテイン
アルギニンが豊富
ダイエット目的におすすめ
カゼイン
プロテイン
吸収速度が非常にゆるやか
就寝前におすすめ
エッグ
プロテイン
アルギニンが豊富
乳糖不耐症の方におすすめ
ホエイプロテイン

体への栄養を速やかに吸収させたいという子供には、ホエイプロテインがおすすめです。食欲がなくて食事を摂れないときや、運動量が多い子供にとっても最適のプロテインです。

カゼインプロテイン

吸収スピードはゆっくりでも、寝ている間にじっくり栄養を補給したい子供には、カゼインプロテインがおすすめです。就寝前に摂取するのが良いとされるカゼインプロテインは、睡眠が仕事でもある子供にとってもぴったりです。

ソイプロテイン

大豆由来の成分を多く含むソイプロテインは、牛乳由来のプロテインが苦手な子供にはぴったりのプロテインです。少しでもカロリーをおさえたかったり、大豆由来の栄養素にこだわりがあるならおすすめです。

乳糖不耐症の子供でも摂取できる点はポイントですが、もちろん大豆アレルギーの子供は摂取できないので注意してください。

ジュニアプロテインを成分や目的で選ぶ

ジュニアプロテインにも様々なものが存在します。子供のためになる栄養素を多く含んでいるといっても、商品によってその含有量には違いがあります

カルシウムが不足しているなと感じれば、カルシウムがたくさん含まれているジュニアプロテイン。ビタミンやミネラルを多く摂取したいのであれば、ビタミンやミネラルの種類が豊富なジュニアプロテインを選ぶのが基本です。

ジュニアプロテインの中にも、トレーニングに特化した商品があります。スポーツや格闘技をして日ごろから鍛錬している子供は、このようなジュニアプロテインを選ぶのが良いでしょう。

ジュニアプロテイン摂取時の副作用とは?

ジュニアプロテインを普通に摂取していれば、副作用を心配することはありません。しかし、過剰摂取などにより体に悪影響を及ぼす危険性もあります。

ジュニアプロテインの過剰摂取で、体にどのような悪影響を及ぼすのか紹介していきます。

過剰摂取による肥満

大人向けのプロテインほどではないものの、ジュニアプロテインにもたんぱく質は含まれています。これにより、過剰摂取することでたんぱく質が脂肪に変化し、体内に貯蔵されてしまいます。

体内に貯蔵される量が多ければ多いほど、どんどん太っていってしまうので、1日の摂取量には気を付けましょう。

過剰摂取による内臓への負担

適量であれば、たんぱく質は体に良い栄養素です。しかし摂取量が多いと、内臓で処理しなければならないため、内臓に負担がかかってしまいます。

特に、たんぱく質を処理する肝臓や腎臓に負担がかかってしまうので、食事とのバランスを考えてジュニアプロテインを摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめのジュニアプロテイン

おすすめのジュニアプロテイン

子供のために選ぶジュニアプロテインは、品質の良いものを選ぶのが前提になります。色々とあるジュニアプロテインの中から、信用できる商品を選んだので、今後の購入の検討材料にしてください。

>>ジュニアプロテインおすすめランキング

ザバス/ジュニアプロテイン ココア味

現在の価格はコチラ

たんぱく質を中心に、成長と運動に必要な栄養素を手軽に摂ることができるジュニアプロテインです。成長を助けるだけではなく、運動をしている子供にもぴったりの商品です。

普段から子供の栄養が気になったり、スポーツをしている子を持つ親御さんには、おすすめのプロテインです。

ロート製薬/セノビック ミルクココア味

現在の価格はコチラ

骨や歯の形成に欠かすことのできないカルシウムを多く含むジュニアプロテインです。

カルシウムを多く含むだけではなく、カルシウムの吸収を促進するビタミンDを配合しているため、効率良く体内にカルシウムを吸収することができます。

牛乳が苦手で、普段からカルシウム不足が気になる子供には、おすすめのプロテインです。

ゴールドジム/スーパージュニアプロテイン

現在の価格はコチラ

成長期の体作りに欠かせない栄養素を多く含むジュニアプロテインです。マルトデキストリン配合で、体内への吸収が速く、すぐにエネルギーにしてくれるのが特徴です。

炭水化物やBCAAを多く含むため、ジュニアスポーツ選手や運動量の多い子供には、おすすめのプロテインです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
おすすめプロテイン
おすすめ
プロテイン
ホエイプロテイン
ホエイ
プロテイン
海外製プロテイン
海外製
プロテイン
美味しいプロテイン
美味しい
プロテイン
激安プロテイン
激安
プロテイン